JAMSTEC > 開発・運用部門 > 海洋工学センター

海洋工学センター

ご挨拶

海洋工学センターは、基礎的な海洋工学研究を行う「海洋基幹技術研究部」、観測プラットフォームの開発や運用を行う「海洋戦略技術研究開発部」、調査船舶の運航を統括する「運航管理部」、これら実行部隊の横断的企画調整を行う「企画調整室」から構成される海洋研究開発機構最大のセンターです。最新鋭の海底広域研究船「かいめい」を筆頭に6隻の調査船舶を運航するとともに、これらの調査船舶に搭載する、有人潜水調査船「しんかい6500」、無人探査機(ROV)「かいこう」、自律型無人探査機(AUV)「じんべい」などの深海調査システムや、調査に使用する観測システム等の開発及び運用を行うために、約100名の研究者、技術者、海事担当者、企画担当者が携わり、海洋の調査研究の最前線を担っています。

我々の生活に密接な関連と影響を持つ海という領域の理解を深めるための研究においては、発見を求めて行われてきた“点や線”の観測に加え、多様な現象の理解や予測を目指した、海洋の面的、空間的そして時間軸を加えた4次元観測の実現が求められるようになってきました。広大な空間を網羅するためには観測の省人化・自動化を実現することが不可欠であり、観測研究における海洋ロボティクスの導入を強く進めることで、この課題に挑戦をしていきます。

近年ではこのようなフロンティアを切り拓くための取り組みにおいても、設定した課題解決を超えるような、スピード感を持った技術の社会実装や、開発研究を実施したことによるアウトカムの創出、成果のスピンアウトが期待されるようになりました。開発研究を取り巻く状況が変化する中、海洋エネルギー産業がスポンサーシップをもつ国際コンペティションへの参加や、ベンチャービジネスの立ち上げなどに積極的に取り組むことで、国内外の海洋産業のニーズと研究開発のシーズの融合を進めていきます。

我々は、海洋の開発研究における中核的研究機関として、新たな開発研究分野の開拓や、必要なテクノロジーの選択及びリソースの集中を進め、海洋・地球・生命の統合的な理解を実現するための、効率的な観測体制の構築への取り組みを最大限に進めていきたいと考えています。

 

平成30年4月

海洋工学センター
センター長
川口 勝義

2018/10/12
【海洋基幹技術研究部 計測・複合技術研究グループ】特任技術支援職(種別2)公募について
2018/07/06
樹田 行弘 技術主事が海洋音響学会優秀論文発表賞を受賞
2018/06/01
研究船の公募一元化について
2018/04/27
【運航管理部 船員チーム】嘱託(船内看護師)公募について
2018/02/28
渡 健介 技術主任、杉本 文孝 技術主任が平成29年度水路技術奨励賞を受賞
2018/01/24
「みらい」・「かいめい」主要課題シンポジウム(平成31年度実施航海)開催案内を掲載しました
2017/12/13
「ブルーアースサイエンス・テク2018」プログラム・要旨、発表者の方へ、来場者の方へを掲載しました
2017/09/25
「ブルーアースサイエンス・テク2018」発表課題の募集について
2017/07/03
平成30年度研究船利用公募課題の募集要領について
2017/06/30
【運航管理部 船員チーム】嘱託(船員・期間限定職員)公募について
2017/06/08
出口 充康 技術副主任、樹田 行弘 技術主事が、海洋音響学会研究発表会 ベストポスター賞、優秀論文発表賞を受賞
2017/04/25
【運航管理部 船員チーム】嘱託(船員・期間限定職員)公募について