「富岳」成果創出加速プログラム:「大規模数値シミュレーションによる地震発生から地震動・地盤増幅評価までの統合的予測システムの構築とその社会実装

本ウェブサイトではJavaScriptが使用されております。
現在ご利用の環境ではJavaScriptが無効となっており、正しくページの表示をすることが出来ません。

お手数ですがご利用のウェブブラウザがJavaScriptに対応している場合は、JavaScriptを有効に設定のうえご覧下さい。

JAMSTECトップへ戻る

「富岳」成果創出加速プログラム:

「大規模数値シミュレーションによる地震発生から地震動・
 地盤増幅評価までの統合的予測システムの構築とその社会実装」

課題へのメッセージ

プロジェクト代表

堀 高峰

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海域地震火山部門 地震津波予測研究開発センター センター長

2020年11月17日、スーパーコンピュータ「富岳」が、2期連続で、TOP500・HPCG・HPL-AI・Graph500で世界1位を獲得しました。今回は「富岳」のフルスペックでの性能とのことで、富士通や理研R-CCSをはじめ、関係者の方々の絶え間ないご尽力に心から敬意を表します。本課題でも「富岳」の性能を引き出す研究開発を進めており、SC20でリサーチポスターワークショップでの発表をしました。改めて、この「富岳」を使わせて頂けることに感謝し、プロジェクト参画メンバーの皆さん、そして富士通や理研R-CCSの皆さんと協力して「国民の生命・財産を守る取組の強化」に貢献させて頂く決意を新たにしました。どうぞよろしくお願い致します。