環境研究総合推進費課題(平成28-30年度)
【2-1605】永久凍土大規模融解による温室効果ガス放出量の現状評価と将来予測

永久凍土からメタン!?

「永久凍土大規模融解による温室効果ガス放出量の現状評価と将来予測」
という研究の紹介サイトです。

 緯度の高い寒冷な地域では、一年を通して地面の中の氷が解けない「永久凍土」が広く分布しています。現在の永久凍土の多くは氷河時代から今まで凍っており、そこにはメタンや二酸化炭素などの温室効果ガスや有機物もたくさん含まれています。 近年、地球温暖化とともに、非常に巨大な地下氷を含む永久凍土(「エドマ層」と呼ばれます)が、次々に解けていることが観測されています。

環境省のホームページにありますこちらの研究課題について研究に取り組んでいます。

プロジェクト概要 »

What's new

赤いアイコンは各研究者の拠点です。クリックすると研究テーマのページに飛びます。

青いアイコンは観測地です。クリックすると観測の画像や動画や観測地の紹介に飛びます。


プロジェクト構成図

概要図

「永久凍土大規模融解による音質効果ガス放出量の現状評価と将来予測」
という研究課題について3つのサブテーマに分けて取り組んでいます。
サブテーマ1:永久凍土大規模融解のメカニズムと脆弱性の現状評価
サブテーマ2:巨大地下氷体および凍土体積中の有機炭素量の把握
サブテーマ3:凍土動態を考慮した全休陸域統合モデルによる将来予測
詳細説明はこちらをクリックしてください。


サブテーマ1

永久凍土大規模融解のメカニズムと脆弱性の現状評価

担当:岩花(アラスカ大)

地下氷融解量(体積と速度)の推定(現地観測・リモートセンシング)


担当:斉藤(海洋開発研究機構)

地下氷と土壌有機炭素の歴史的堆積量とその分布の推定(数理モデル)

サブテーマ2

巨大地下氷体および凍土堆積物中の有機炭素量の把握

担当:大野(北見工大)

エドマ層の地下氷中温室効果ガス(主にメタン)と有機炭素量の実測(現地採取、分析)

サブテーマ3

凍土動態を考慮した全球陸域統合モデルによる将来予測

担当:横畠(国立環境研究所)

永久凍土融解による炭素放出量と気候変動影響の将来予測(広域陸面モデル)

ページの先頭へ戻る