トップページ > JAMSTECについて > 研究船・施設・設備 > 横須賀本部 施設・設備 > 施設・設備の外部共用について

横須賀本部 施設・設備

海洋研究開発機構 施設・設備の外部共用について

独立行政法人海洋研究開発機構


独立行政法人海洋研究開発機構(以下「機構」という。)では、科学技術の水準の向上と学術研究の発展に資することを目的に、施設・設備の外部共用を行っておりますので、ご案内いたします。

1. 施設・設備の共用について

(1)
機構が所有している施設・設備の中には、他には類のない高性能のものや非常に稀少なものがあります。このような施設・設備を、機構以外の科学技術に関する研究開発や学術研究、科学技術に関する成果の普及・啓発等を行う方々に使用していただく事で科学技術、学術研究の発展とその水準の向上への貢献を目指しております。
(2)
施設・設備の使用にあたりましては、機構と使用者の間で使用契約を締結させていただきます。使用料については、機構が定める「受託等対価積算規則」に基づき徴収いたします。施設・設備の使用に必要な消耗品等については、使用者でご用意ください(一部機構での手配が可能なものもございます)。
(3)
特に海洋科学技術における研究開発又は学術研究に使用する場合や、海洋科学技術の普及・啓発に関する使用の場合には、使用料を減免することができます。
(4)
外部の使用に当たって、安全性に問題がない場合には、原則として使用する施設・設備の運転操作は使用者が自ら、若しくは専門の業者に委託するなどして行うこととします。(運転方法や使用に当たっての留意事項などの説明については、機構職員が行います。)
なお、機構による運転操作が必要な場合には、使用申し込み時にお申し出ください。
(5)
機構の賛助会会員の使用に当たっては、特典として使用料の減額制度がございます。

2. 使用料の減免について

(1)
以下に示す目的で施設・設備を使用し、海洋研究開発機構の業務の達成に貢献すると認められた場合、使用料を減免いたします。
a.
海洋科学技術をはじめとする科学技術に関する研究開発又は学術研究に関する使用
b.
海洋科学技術をはじめとする科学技術に関する成果の普及・啓発に関する使用
(2)
減免の際の使用料
(1)に示す対象を目的とした使用に対しては、特別使用料を適用するものといたします。
(3)
成果の報告の義務
使用者は使用料が減免された場合、当該施設・設備を使用して得られた成果を、機構理事長に対し速やかに提出することを義務づけます。