JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2019年 11月 22日
国立大学法人東北大学大学院理学研究科
国立大学法人京都大学大学院理学研究科
学校法人立命館 立命館大学 総合科学技術研究機構
国立研究開発法人海洋研究開発機構
公益財団法人高輝度光科学研究センター

隕石中に小惑星の氷の痕跡を発見 氷が抜けてできた空間を放射光X線CTで発見

東北大学院理学研究科地学専攻の松本恵助教と共同研究チーム(京都大学、立命館大学、中国科学院、海洋研究開発機構、高輝度光科学研究センター、ロンドン自然史博物館など)は、放射光X線CTを使って炭素質コンドライトの一つAcfer 094隕石の内部を観察し、氷が抜けてできたと考えられる小さな空間を多数発見しました。

太陽系の雪線より外側の低温領域で形成した小惑星は、形成当時、氷を含んでいたと考えられており、小惑星由来の隕石には、氷が融けて生じた水と岩石との相互作用によって形成した含水鉱物が多く見つかっています。しかし、水の素となった氷が小惑星内にどのように分布していたのかは、よくわかっていませんでした。

本研究では、小惑星の氷の痕跡(氷が抜けてできた空間)を隕石中に発見しその分布の様子を明らかにしました。氷は、雪線付近で宇宙の塵が焼結作用を受けてできた"氷とケイ酸塩粒子の塊"として小惑星に取り込まれ、その後、氷部分が融けて無くなることで今回観察されたマイクロサイズの空間が生じたと考えられます。

これらの研究成果は、2019年11月20日午後2時(米国時間、日本時間11月21日午前4時)付けで、米国科学雑誌「Science Advances」にオンライン掲載されました。

詳細は東北大学のサイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 広報課
お問い合わせフォーム