JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2020年 1月 17日
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構国立極地研究所
国立大学法人 茨城大学
国立大学法人 島根大学
有限会社アルプス調査所
国立大学法人 神戸大学
復建調査設計株式会社
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
国立大学法人 千葉大学
国立研究開発法人 海洋研究開発機構
独立行政法人 国立科学博物館
公立大学法人大阪 大阪市立大学
国立大学法人 東京学芸大学
千葉県環境研究センター
千葉県立中央博物館
滋賀県立琵琶湖博物館
国立大学法人 九州大学
国立大学法人 信州大学
文化財調査コンサルタント株式会社
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構

地層「千葉セクション」のIUGS(国際地質科学連合)における審査結果について

本日(2020年1月17日)午前、韓国釜山において開催された、IUGS(国際地質科学連合)の理事会においてGSSPの審議および投票が行われ「千葉セクションのGSSP提案」が承認されました。

これにより「千葉セクション」は前期‐中期更新世境界のGSSPとして認定され、地質時代の中期更新世(約77万4千年前〜約12万9千年前)が、「チバニアン(Chibanian)」と名付けられることとなりました。

詳細は国立極地研究所のサイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 広報課
お問い合わせフォーム