JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2020年 4月 15日
国立大学法人豊橋技術科学大学
国立大学法人新潟大学
国立研究開発法人海洋研究開発機構
大学共同利用機関法人情報システム研究機構 国立極地研究所

南極の湖沼周辺に生息する微生物の群集構造を解明

豊橋技術科学大学 応用化学・生命工学系広瀬侑助教、新潟大学、海洋研究開発機構、国立極地研究所らの研究グループが、南極のラングホブデおよびスカルブスネス露岩域の湖沼周辺に生息する微生物の種類と組成(群集構造)を明らかにしました。湖沼の岸辺や水たまり等から採取した試料を次世代シークエンサーを用いて解析したところ、シアノバクテリアやクマムシが幅広く分布することや、特定の真核藻類の優占が確認されました。これらの知見は、南極大陸に生息する生物の有する低温・紫外線・凍結融解等のストレスへの適応機構の解明につながることが期待できます。

詳細は豊橋技術科学大学のサイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 広報課
お問い合わせフォーム