JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2021年 11月 9日
国立研究開発法人国立環境研究所
国立研究開発法人海洋研究開発機構

大気観測が捉えた新型ウィルスによる中国の二酸化炭素放出量の変動
~ロックダウン解除後は前年レベルに~

昨年、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって2020年2~3月の中国の化石燃料消費による二酸化炭素(CO2)の放出量が減少したことを、波照間島における大気観測が捉えたと報告しましたが、2021年の放出量は以前のレベルに回復していることが同様の解析で明らかになりました。

放出量変化の検出は、日本最南端の有人島である波照間島で観測される大気中CO2とメタン(CH4)の変動を解析することで行いました。冬の間、波照間島はアジアモンスーンの影響により中国の汚染空気の影響をしばしば受けるため、波照間島で観測された大気中CO2とCH4の変動比(ΔCO2/ΔCH4)の変化は上流の中国の放出量の変化を反映していることが、これまでの研究から明らかになっています。中国のほぼ全土でロックダウンが実施された2020年2月にその変動比が急激な減少を見せていましたが、2021年1~3月の変動比はほぼ2019年以前のレベルに回復していることが明らかになりました。このことは、中国の経済活動が既に回復していることと整合する結果です。

前回の報告と共に、今回の結果は、本研究で提案された手法が国別・地域別温室効果ガス排出量の客観的な検証に役立つことを立証したものであり、今後パリ協定に基づく排出削減検証への応用が期待されます。

詳細は国立環境研究所のサイトをご覧ください。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 報道室
お問い合わせフォーム