JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2022年 1月 6日
国立大学法人東京大学
国立大学法人東北大学
学校法人千葉工業大学
国立研究開発法人海洋研究開発機構
株式会社京都フィッション・トラック

東北沖海底火山は硬い堆積物を身にまとう
~地震発生時のプレート境界すべり抑制に関する新たな知見~

東京大学大気海洋研究所の秋澤紀克助教を中心として、東京大学大学院理学研究科、東北大学東北アジア研究センター、千葉工業大学次世代海洋資源研究センター、海洋研究開発機構海洋機能利用部門、株式会社京都フィッション・トラックのメンバーで構成される共同研究チームは、東北沖の海底火山であるプチスポットで採取された岩石を用いて、地球深部から上昇してくる熱いマグマが約300m厚の海底堆積物を上下方向広範囲にわたり擾乱し、焼きなましてしまうことを物質的に明らかにしました。2011年の東北沖太平洋地震時には、プレート境界すべりの進行がプチスポットの存在エリアで妨げられた可能性が海底物理観測の観点から指摘されていましたが、その物的証拠を本研究で得ることができました。これは、津波を引き起こす巨大地震発生時に、プレート境界すべりを抑制するメカニズムをより詳しく解明するのに、物質の状態に関して制約を与える成果となりました。

詳細は東京大学のサイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 報道室
お問い合わせフォーム