トップページ > JAMSTECについて > 安全基本方針

安全基本方針

独立行政法人海洋研究開発機構(以下「機構」という。)は、業務の遂行にあたって「人命の安全」を最優先とし、全ての役職員が事故防止に努めるとともに、危険要因の排除について積極的な提案や議論により職場環境を改善していくこととする。

以上の認識のもと、機構は安全基本方針を定める。

1.安全目標の設定と継続的改善
業務の実態に応じて安全目標を定め、従事する者の作業環境を継続的に改善する。また、優れた安全活動については褒賞する。
2.事故の予防
作業のリスクを可能な限り予見し、より重大なリスクを回避または低減させるための本質的な対策を講じる。
3.事故の再発防止
事故・トラブルの調査と原因究明にあたっては、直接原因と根本原因の透明性の高い公正な解明を最優先とし、そこから導かれる教訓を全ての役職員が共有する。
平成24年5月15日
独立行政法人海洋研究開発機構
理事長平朝彦
(改訂履歴)
平成18年7月 4日:制定
平成19年4月 1日:組織名変更
平成20年4月17日:別表改正
平成21年4月24日:安全管理規程の制定
平成22年6月10日:安全管理規程との整合
平成23年6月 2日:表現内容の調整
平成24年5月15日:改訂