浮遊性有孔虫データベース

キャンデイナ・ニティダ Candeina nitida d'Orbigny, 1839

キャンデイナ・ニティダ(Candeina nitida)

分類

肉質虫亜門 - 根足虫鋼 - 有孔虫目 - グロビゲリナ上科 - キャンデイナ科 - キャンデイナ属

時代

現生

特徴

殻はトロコイド状旋回で,滑らかな光沢をもつ。チャンバー(殻室)の形態はドーム状。電子顕微鏡下では,表面には極微小な孔が観察される。口孔が各チャンバーの縫合線沿いに複数形成され,成体では主口孔は覆い隠されて見えない。殻の最終螺旋は3室。
赤道に近い熱帯〜亜熱帯に生息する。


生きている姿

これは北太平洋で実施したプランクトンネットから得た種ですが、特徴的な細胞質の色が抜けており、もしかしたら生殖前の個体かもしれません。健康な個体を捕まえたことがまだありません。


電子顕微鏡写真

スケール:100μm
キャンデイナ・ニティダ(Candeina nitida)側面
側面

スケール:2μm
キャンデイナ・ニティダ(Candeina nitida)表面構造の拡大
表面構造の拡大

まめ知識

この種は熱帯から亜熱帯に分布の中心を持ちます。
大きな殻とずんぐりとした特徴的な形態のため、他の種類と間違うことはほぼないでしょう。筆者はこの有孔虫をみつけるたび、ついついアニメのエヴァンゲリオンに出てくる第14使徒を思い出してしまいます。