浮遊性有孔虫データベース

グロボコードリナ・コングロメラータ Globoquadrina conglomerata (Schwager), 1866

グロボコードリナ・コングロメラータ(Globoquadrina conglomerata)

分類

肉質虫亜門 - 根足虫鋼 - 有孔虫目 - グロビゲリナ上科 - グロボロタリア科 - グロボコードリナ属

時代

現生

特徴

殻はトロコイド状旋回で,大型になる。スパイン(棘状突起)はなく,チャンバー(殻室)の形態は球状ないしは平坦な亜球形。主口孔は臍部に位置し大きく開口し,しばしば臍側歯(umbilical teeth, 口孔の内側を縁取る歯状の板) が付属する。殻の最終螺旋は3〜4室。太平洋ーインド洋の赤道に近い熱帯〜亜熱帯に生息する。


生きている姿

西太平洋亜熱帯域で採取されたG. conglomerataです。
殻は大きく頑丈です。亜熱帯域では生息密度はあまり高くなく、プランクトンネットで採取されることはまれです。

グロボコードリナ・コングロメラータ(Globoquadrina conglomerata)

電子顕微鏡写真

スケール:200μm

スケール:10μm
グロボコードリナ・コングロメラータ(Globoquadrina conglomerata)表面構造の拡大
表面構造の拡大

まめ知識

この種は赤道域に最も多く分布します。日本近海では黒潮に乗って運ばれてくる個体がしばしば捕まえられます。大きくてずんぐりしたかたちが特徴で、ひとめで同定できます。表面の構造はNeogloboquadrinaのそれによく似ており、その属名からわかるように、Neogloboquadrinaの祖先系にあたります。