浮遊性有孔虫データベース

グロボロタリア・ヒルスータ Globorotalia hirsuta (d’Orbigny), 1839

グロボロタリア・ヒルスータ(Globorotalia hirsuta)

分類

肉質虫亜門 - 根足虫鋼 - 有孔虫目-グロビゲリナ上科-グロボロタリア科-グロボロタリア属

時代

現生

特徴 

殻は低いトロコイド状旋回で,中ー大型。殻の外周にはキール(keel)と呼ばれる縁取りをもつ。殻表面には,小さな突起が認められる。スパイン(棘状突起)はもたない。側面からみた形状が両側に膨らむ(biconvex)。中緯度の中央水塊に特徴的に産出する。


電子顕微鏡写真

スケール:100μm

スケール:10μm


コラム 豆知識など

G. hirsutaは、太平洋では中緯度から亜寒帯域にまで分布を持ちます。この種類の飼育情報はほとんどなく、生態の多くは謎に包まれており今後の研究が待たれます。