浮遊性有孔虫データベース

グロボロタリア・インフラータ Globorotalia inflata (d’Orbigny), 1839

グロボロタリア・インフラータ(Globorotalia inflata)

分類

肉質虫亜門 - 根足虫鋼 - 有孔虫目-グロビゲリナ上科-グロボロタリア科-グロボロタリア属

時代

現生

特徴 

殻は中~大型。低いトロコイド状旋回を示し、最終室は3~4チャンバーである。旋回側面(スパイラルサイド)は比較的フラットであるが、臍側面(アンビリカルサイド)は盛り上がっている(インフレイト)ことが特徴的で、これが種小名の由来になっている。


サンプリング情報

産地:Okinawa area (26°37.9'N-127°47.5'E)
採取日:2002年3月8日 10:32AM


生きている姿

温帯の表層から中層(~数100m付近)に生息しています。日本近海では東シナ海、黒潮域、日本海の南部に出現します。

グロボロタリア・インフラータ(Globorotalia inflata)
グロボロタリア・インフラータ(Globorotalia inflata)

グロボロタリア・インフラータ(Globorotalia inflata)

電子顕微鏡写真

スケール:100μm

スケール:10μm
グロボロタリア・インフラータ(Globorotalia inflata)表面構造の拡大
表面構造の拡大
スケール:20μm
グロボロタリア・インフラータ(Globorotalia inflata)口孔(aperture)の拡大
口孔(aperture)の拡大

まめ知識

G. inflataは太平洋中央水塊の指標として扱われます。 この種は鮮新世~更新世(300万年以降)に複数回にわたって日本海に進入していることが知られており、その層準はG. inflata bed(No.1~3)と呼ばれています。G. ruberとともに対馬海峡の形成と対馬暖流の流入に深く関係していると考えられています。