浮遊性有孔虫データベース

グロボロタリア・メナルディー Globorotalia menardii (PARKER,JONES & BRADY)

グロボロタリア・メナルディー(Globorotalia menardii)

分類

肉質虫亜門 - 根足虫鋼 - 有孔虫目 - グロビゲリナ上科 - グロボロタリア科 - グロボロタリア属

時代

現生

特徴 

殻は薄い円盤形、殻は大型で厚い。最外周に縁取り(キール)が発達しているのが特徴。臍側面からみると、チェンバーの境界部分は明瞭なくびれ(スーチャー)が見られるが、旋回側面では境界線のみでくびれはない。スパインはもたない。


サンプリング情報

産地:Okinawa area (26°37.9'N-127°47.5'E)
採取日:2002年3月8日 10:32AM


生きている姿

G. menardiiの生きているときの姿です。殻の周りに放射状に出ているものが仮足です。東シナ海から採取した個体には共生藻類(渦鞭毛藻・ピロキスティス・ルヌラ Pyrocystis lunula)がついていました(写真右上)。ピロキスティスは毒性を持つことが知られており、偏利共生(片方にしか利益が無いこと。この場合、ピロキスティスにとっては有益な共生だが、有孔虫にとっては迷惑な存在)ではないかと考えられています。

グロボロタリア・メナルディー(Globorotalia menardii)
グロボロタリア・メナルディー(Globorotalia menardii)

グロボロタリア・メナルディー(Globorotalia menardii)

グロボロタリア・メナルディー(Globorotalia menardii)
グロボロタリア・メナルディー(Globorotalia menardii)
グロボロタリア・メナルディー(Globorotalia menardii)
グロボロタリア・メナルディー(Globorotalia menardii)

G. menardii の仮足の動き

実験室内で飼育されたG. menardiiの仮足の動きを撮影しました。仮足の活発な動き(細胞質流動)が観察できます。殻は黒っぽく映っていますが、透過像のためです。本来の細胞の色は赤茶色です(上の生体画像参照)。30秒くらいのところから映っている殻の表面についている黒っぽい塊は、渦鞭毛藻のP. lunulaです。

電子顕微鏡写真

スケール:200μm

スケール:5μm
グロボロタリア・メナルディー(Globorotalia menardii)表面構造の拡大
表面構造の拡大

まめ知識

G. menardiiは表層にはあまりおらず、100m以深におもに分布しています。このため、プランクトンネットを100m以深にまで降ろさないと採取することができません。このため飼育実験の例が少なく、生体の情報が多くありませんが、筆者の経験ではアルテミアをよく食べてくれ、また長生きしてくれたので飼育しやすい印象を持っています。天然では沈降粒子などの有機物を捕食しているようです。