浮遊性有孔虫データベース

グロビゲリナ・キンキュエローバ(=ターボロタリタ・キンキュエローバ)
Globigerina quinqueloba (Natland), 1938

グロビゲリナ・キンキュエローバ(=ターボロタリタ・キンキュエローバ)(Globigerina quinqueloba)

分類

肉質虫亜門 - 根足虫鋼 - 有孔虫目- グロビゲリナ上科 - グロビゲリナ科 - グロビゲリナ属

時代

現生

特徴 

殻は小型。チャンバーは卵形。低いトロコイド状旋回で、最終旋回には5つの殻室をもつ。殻表面には微小な殻孔が多数みられる。刺状突起(スパイン)を持つ。最終チャンバーは臍側面に伸長した蓋状の主口孔を形成することが本種の特徴となっている。生体は共生藻類を持たない。


サンプリング情報

産地:41°28.5N-141°14.3E
採取日:2002年3月17日


生きている姿

G. quinquelobaは温暖〜寒冷な海に普通に出現します。日本近海では日本海を中心に、東シナ海北部から北海道沿岸域まで産出します。G. quinquelobaは共生藻類を持ちません。スパインの粘性は他の種類と比べて極端に弱く、大型の動物プランクトンは捕食できません。繊毛虫やバクテリアなど、小型のプランクトンを摂取していると考えられます。

グロビゲリナ・キンキュエローバ(=ターボロタリタ・キンキュエローバ)(Globigerina quinqueloba)

グロビゲリナ・キンキュエローバ(=ターボロタリタ・キンキュエローバ)(Globigerina quinqueloba)
グロビゲリナ・キンキュエローバ(=ターボロタリタ・キンキュエローバ)(Globigerina quinqueloba)

電子顕微鏡写真

スケール:50μm

スケール:5μm

まめ知識

G. quinquelobaの飼育は非常に難しいです。何を食べているかが不明だからです。この種の飼育では濾過海水では決してうまくいきません。しかし、未濾過の海水を用いることで長期間生存することが分かりました。海水中に懸濁している粒子か、微小な動植物プランクトンを摂取していると考えていますが、詳細はまだ分かっていません。