浮遊性有孔虫データベース

グロビゲリナ・ルベッセンス Globigerina rubescens Hofker, 1956

グロビゲリナ・ルベッセンス(Globigerina rubescens)

分類

肉質虫亜門 - 根足虫綱 - 有孔虫目 - グロビゲリナ上科 - グロビゲリナ科 - グロビゲリナ属

時代

現生

特徴 

熱帯から温帯域に産出する。生体はスパインをもつ。殻は小さく、最終旋回は4つのチェンバーからなる。殻には有機物の沈着のためピンク色を呈する。主口孔のアーチ部には縁取(lip)が形成される。旋回側面には補口孔がみられない。


生きている姿

NEW
北西太平洋から得られた生きているグロビゲリナ・ルベッセンスです。
仮足を出しており、殻のすぐ表面には黄色い小さな共生藻がいることがわかります。本種が共生藻をもつかどうかは不明でしたが、今回初めてその存在が確認されました。
北西太平洋から得られた生きているグロビゲリナ・ルベッセンスです。仮足を出しており、殻のすぐ表面には黄色い小さな共生藻がいることがわかります。本種が共生藻をもつかどうかは不明でしたが、今回初めてその存在が確認されました。

太平洋外洋域と東シナ海で捕らえることができた貴重な生体写真です。この種は生息密度が低いためなかなか捕まえることができません。

グロビゲリナ・ルベッセンス(Globigerina rubescens)
グロビゲリナ・ルベッセンス(Globigerina rubescens)

電子顕微鏡写真

スケール:50μm

スケール:5μm

コラム 豆知識など

本種はG. tenellusに形態が似ており、見分けにくいですが、実体顕微鏡下ではピンク色の殻をもつこと(カロチノイドの色)と、巻きの高さが高いことでG. tenellusと見分けることが出来ます。本種は生きているときは、殻の中に細胞が充填しているため、特徴的な殻の色であるピンクが認定しにくく、注意が必要です。筆者は二度ほど研究航海の最中に生体を捕まえたことがありますが、殻が小さいため、いずれもじっくり観察しないと見逃すところでした。