浮遊性有孔虫データベース

ハスティゲリナ・パラペラジカ Hastigerina parapelagica Saito and Thompson, 1976

ハスティゲリナ・パラペラジカ(Hastigerina parapelagica Saito and Thompson, 1976)

分類

肉質虫亜門 - 根足虫鋼 - 有孔虫目 - グロビゲリナ上科 - ハスティゲリナ科 - ハスティゲリナ属

時代

現生

特徴 

殻は大型で、殻室は亜球形〜卵形。成長するにつれチェンバーが長く延びる。旋回は平面旋回に近い、弱いトロコイド状旋回である。もっとも外側の最終旋回のチェンバーの数は5~6室である。棘状突起(スパイン)は旋回の中心から遠い、チェンバーの円周付近にまばらに分布し、その断面は矢羽根状である。殻表面には微小な孔(pore)が多数分布する。口孔(aperture)は左右対称で、明瞭な口唇(rip)をもつ。おもに熱帯〜亜熱帯に出現する。


電子顕微鏡写真

スケール:100μm

まめ知識

この種は東北大学におられた斎藤常正教授によって1976年に記載された種です。熱帯〜温帯付近に産出し、産出数はそれほど多くないため、生態的情報には乏しいですが、生息分布はハスティゲリナ・ペラジカに近いようです。全体的な形はハスティゲリナ・ペラジカに似ていますが、チェンバーが旋回軸方向にはあまり拡がらず、成長につれ卵状に延びたチェンバーをつけることが特徴です。殻はハスティゲリナ・ペラジカ同様に薄く、海水中で溶けたり、壊れやすいため堆積物中にも産出はまれです。この標本は、西赤道太平洋(オントンジャワ海台:南緯2度、東経160度)の海底堆積物から産出したものです。