浮遊性有孔虫データベース

ネオグロボコードリナ・デューテルトレイ Neogloboquadrina dutertrei (d'Orbigny), 1839

ネオグロボコードリナ・デューテルトレイ(Neogloboquadrina dutertrei)

分類

肉質虫亜門 - 根足虫綱 - 有孔虫目 - グロビゲリナ上科 - グロボロタリア科 - ネオグロボコードリナ属

時代

現生

特徴 

熱帯~温暖種。中~大型の個体で、殻は厚く、表面には顕著な蜂の巣状(五~六角形)構造を示す。刺状突起(スパイン)はもたない。もっとも外周の旋回(最終旋回)には5~7個の殻室を形成し、殻室同士の接合部分である縫合線は深い。主孔口にはしばしば歯状の突起が形成される。


サンプリング情報

産地:Okinawa area (26°37.9'N-127°47.5'E)
採取日:2002年3月8日 10:32AM


生きている姿

東シナ海より産出したN. dutertreiです。この種は日本近海でも年間を通して普通に産出します。共生藻類をもち、仮足とともに細胞内を流動します。

ネオグロボコードリナ・デューテルトレイ(Neogloboquadrina dutertrei)

電子顕微鏡写真

スケール:100μm

スケール:10μm ※ネオグロボコードリナ属の殻の石灰化は画像1〜4の順にすすむ。


まめ知識

ごつごつしたからの表面と、大きな骨格が特徴のN. dutertreiです。赤道域から温帯にまで幅広く産出します。殻は頑丈で溶けにくいため、化石としてもよく保存されます。