メンバー一覧

海洋研究開発機構、北半球寒冷圏研究プログラムでは下記のメンバーが独自の研究を行っております。各メンバーのプロフィールや研究テーマは下記よりご確認ください。

川口悠介 (Yusuke KAWAGUCHI)(研究員 (Researcher))

写真:川口悠介 (Yusuke KAWAGUCHI)(研究員 (Researcher))

北極海の海氷・海洋循環、熱収支について研究している。漂流ブイによる海氷下の混合層の調査、研究船みらいを用いた太平洋側北極海の乱流観測など。

プロフィール詳細・研究テーマを見る

兒玉裕二(チームリーダー)

写真:兒玉裕二(チームリーダー)

北海道大学低温科学研究所に勤務。観測を中心に寒冷圏における熱・水循環の研究を進めている。

プロフィール詳細・研究テーマを見る

菊地 隆(チームリーダー)

写真:菊地 隆(チームリーダー)

北極海における熱塩輸送・収支に関する研究

プロフィール詳細・研究テーマを見る

西野茂人(技術研究主任)

写真:西野茂人(技術研究主任)

極域海洋観測、北極海の海氷減少に伴う生物地球化学的応答を海洋観測から探る。

プロフィール詳細・研究テーマを見る

伊東素代(技術研究副主任)

写真:伊東素代(技術研究副主任)

専門は、海洋物理学、極域海洋学。北極海やオホーツク海など、極域の海の研究をしています。

プロフィール詳細・研究テーマを見る

飯島慈裕(主任研究員)

写真:飯島慈裕(主任研究員)

北半球寒冷圏は、大気・海洋と陸域の連鎖が最も顕著に現れる興味深い地域です。特にユーラシア大陸上の永久凍土-植生の変動に果たす水循環の役割に注目しています。

プロフィール詳細・研究テーマを見る

佐藤和敏(研究生・弘前大学)

写真:佐藤和敏(研究生・弘前大学)

みらい北極海航海で取得された気象データを卒業研究で解析する。

プロフィール詳細・研究テーマを見る

堀 正岳(研究員)

写真:堀 正岳(研究員)

日本の冬の気候を支配する冬季モンスーンの年々変動と長期変化の解析的研究を中心に行うとともに、IPCC 温暖化モデルデータを用いた将来予測研究を行っている。

プロフィール詳細・研究テーマを見る

立花義裕(招聘研究員)

写真:立花義裕(招聘研究員)

地球の気候システムの長期変動の絡繰りや仕組みを理解し、それを基に、地球における気候システムの長期変動の予測制度向上に寄与することを目指して研究を行っている。

プロフィール詳細・研究テーマを見る

猪上 淳(チームリーダー)

写真:猪上 淳(チームリーダー)

北極海における急激な変化を船舶やブイを用いて観測し、衛星データやデータ同化の手法も取り入れながら、北極圏の気候変動の解明とその影響評価を目指す。

プロフィール詳細・研究テーマを見る

大畑哲夫(プログラムディレクター)

写真:大畑哲夫(プログラムディレクター)

プロフィール詳細・研究テーマを見る

矢吹裕伯(技術研究副主幹)

写真:矢吹裕伯(技術研究副主幹)

プロフィール詳細・研究テーマを見る

杉浦幸之助(主任研究員)

写真:杉浦幸之助(主任研究員)

プロフィール詳細・研究テーマを見る

紺屋恵子(研究員)

写真:紺屋恵子(研究員)

モンゴル・アルタイ山脈の氷河について、雪氷・気象学的手法により最近の変動を明らかにし、過去について推定する。

プロフィール詳細・研究テーマを見る

門田勤(研究技術専任スタッフ)

写真:門田勤(研究技術専任スタッフ)

プロフィール詳細・研究テーマを見る

北端秀行(研究技術専任スタッフ)

写真:北端秀行(研究技術専任スタッフ)

プロフィール詳細・研究テーマを見る

川本温子(地球情報研究センター)

写真:川本温子(地球情報研究センター)

観測データを二次利用するためのシステム開発、管理を行っている。

プロフィール詳細・研究テーマを見る

原政之(技術研究主事 / 次世代モデル研究プログラム兼務)

写真:原政之(技術研究主事 / 次世代モデル研究プログラム兼務)

プロフィール詳細・研究テーマを見る

石川守(招聘研究員 )

写真:石川守(招聘研究員 )

プロフィール詳細・研究テーマを見る

このページのトップへ