研究内容紹介

北半球寒冷圏プログラムについて

北極海やシベリアなど北半球寒冷圏は、地球上で最も温暖化が顕著に現れる場所といわれています。北極海の海氷減少やシベリアの凍土融解、積雪・氷河 などの実態把握と変動のメカニズムを解明することは、地球温暖化や気候変動を理解・予測するために必要不可欠です。

このプログラムでは、北極海において は、海洋地球研究船「みらい」や砕氷船、漂流ブイなどを用いた総合観測を行い、大気・海氷・海洋の変化とその相互作用に関する理解を深めます。また、シベ リアやモンゴルなどアジア大陸でも積雪・氷河・凍土や水文現象を観測し、データ収集や解析するモデルを構築し雪氷変動・水循環に関する研究を進めます。

さらに北極圏やアジア大陸の寒冷圏変動に伴う世界各地の異常気象の実態や全球気候システムへの影響の解明を行っていきます。

イメージ:北半球寒冷圏プログラムについて

研究課題紹介

海洋研究開発機構、北半球寒冷圏研究プログラムでは下記の各研究課題に関する独自の研究を行っております。各研究課題の詳細は下記よりご確認ください。

北極海総合研究

イメージ:北極海総合研究
本研究課題では、既に変化が顕著である北極海域の海洋・海氷・気象に関する観測研究を拡充させ、北極海で起きている環境変化とその影響に注目した研究を行います。

詳細を見る

雪氷変動研究

イメージ:雪氷変動研究

簡単な研究課題の概要。簡単な研究課題の概要。簡単な研究課題の概要。簡単な研究課題の概要。簡単な研究課題の概要。

詳細を見る

陸域水循環研究

イメージ:陸域水循環研究

本研究課題では、北半球寒冷圏の気候変化に本質的な役割を果たす水循環過程に注目し、気候変化-陸域の雪氷・植生変化-河川流出変化の全体像の解明に向けた観測研究を行います。

詳細を見る

寒冷圏気候研究

イメージ:寒冷圏気候研究

本研究課題では、本研究プログラムにおいて得られる北極海やアジア地域を中心とした北半球寒冷圏での観測結果をもとに、高緯度における大気場の力学・熱力学構造の実態を把握し、寒冷圏の降水変動に関わる総観規模擾乱の発生・発達・維持過程を熱・水収支の観点から明らかにします。

詳細を見る

このページのトップへ