JAMSTEC > JAMSTEC研究者総覧 > 松岡 大祐

JAMSTEC研究者総覧

更新日:2016/12/15

  • 松岡 大祐
  • マツオカ ダイスケ
所属
地球情報基盤センター 先端情報研究開発部 情報・計算デザイン研究開発グループ
キャリア
技術研究員

プロフィール

専門
可視化、数値シミュレーション
メール
daisuke[at]jamstec.go.jp
所属学会
日本地球惑星科学連合、日本海洋学会、可視化情報学会、日本シミュレーション学会、日本計算工学会
受賞歴
2015/10/14 Outstanding Presentation Award, JSST2015 International Conference on Simulation Technology
2015/07/21 可視化情報学会 第26期学会賞(奨励賞)
2013/07/16 第41回可視化情報シンポジウム アート賞大賞 “現代版ゴッホが描いた地球”
2013/07/15 平成25年度(6月期)理事長加算 受領
2013/03/13 研究開発功績賞
2012/12/19 第26回数値流体力学シンポジウム ベストCFDグラフィックス・アワード優秀賞
2012/11/15 Best Poster Award, International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC12)
2012/09/28 Outstanding Presentation Award, International Conference on Simuation Technology (JSST2012)
2012/09/15 第40回可視化情報シンポジウム ベストプレゼンテーション賞
2012/05/30 第17回計算工学講演会 グラフィクスアワード最優秀賞
2012/04/12 平成23年度科学技術における『美』のパネル展 優秀賞
2011/12/20 第25回数値流体力学シンポジウム ベストCFDグラフィックス・アワード最優秀賞
2011/04/15 第5回科学技術における「美」のパネル展 優秀賞

研究業績

査読有り(JAMSTECでの成果)

  • Daisuke Matsuoka, Kazuyoshi Oouchi. 3-Dimensional Classification and Visualization of Clouds Simulated by Cloud-Resolving Atmospheric General Circulation Model. Communications in Computer and Information Science, 2016, 645, p. 57-67, doi: 10.1007/978-981-10-2669-0_7
  • Hideo Miyachi, Koji Koyama, Daisuke Matsuoka and Isamu Kuroki. Fusion Visualization System as an Open Science Foundation. 19th International Conference on Network-Based Information Systems, 2016
  • Daisuke Matsuoka, Fumiaki Araki, Yumi Inoue and Hideharu Sasaki. A New Approach to Ocean Eddy Detection, Tracking, and Event Visualization -Application to the Northwest Pacific Ocean-. Procedia Computer Science, 2016, 80, p. 1601-1611, doi: 10.1016/j.procs.2016.05.491
  • Daisuke Matsuoka, Fumiaki Araki, Yumi Yamashita. Multiple Scatter Plots based Multi-Dimensional Transfer Function and its Application to Ocean Data Visualization. Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering, 2015, 2, 2, p. 292-308, doi: http://doi.org/10.15748/jasse.2.292
  • Toshitaka Baba, Kazuto Ando, Daisuke Matsuoka, Mamoru Hyodo, Takane Hori, Narumi Takahashi, Ryoko Obayashi, Yoshiyuki Imato, Dai Kitamura, Hitoshi Uehara, Toshihiro Kato, Ryotaro Saka. Large-scale, High-speed Tsunami Prediction for the Great Nankai Trough Earthquake on the K Computer. International Journal of High Performance Computing Applications, 2015, p. 1-14, doi: DOI: 10.1177/1094342015584090
  • T. Baba, K. Ando, D. Matsuoka, M. Hyodo, T. Hori, N. Takahashi, R. Obayashi, Y. Imato, D. Kitamura, H. Uehara, T. Kato and R. Saka. Large-scale, High-speed Tsunami Prediction for the Great Nankai Trough Earthquake on the K Computer. International Journal of High Performance Computing Applications, 2015, 30, 1, p. 71-84
  • TOSHITAKA BABA, NARUMI TAKAHASHI, YOSHIYUKI KANEDA, KAZUTO ANDO, DAISUKE MATSUOKA, TOSHIHIRO KATO. Parallel Implementation of Dispersive Tsunami Wave Modeling with a Nesting Algorithm for the 2011 Tohoku Tsunami. Pure and Applied Geophysics, 2015, doi: DOI 10.1007/s00024-015-1049-2
  • T. Baba, N. Takahashi, Y. Kaneda, K. Ando, D. Matsuoka and T. Kato. Parallel Implementation of Dispersive Tsunami Wave Modeling with a Nesting Algorithm for the 2011 Tohoku Tsunami. Pure Appl. Geophys., 2015, 172, 12, p. 3455-3472, doi: doi:10.1007/s00024-015-1049-2
  • Visualization of Discriminated Vortices and Streams in the Ocean Flow Field. The 16th International Symposium on Flow Visualization (ISFV16), 2014
  • Application of Multi-dimensional Transfer Function to Visualization of Geophysical Fluid Simulation: Case Studies. International Conference on Simulation Technology (JSST2013), 2013
  • Nobuaki Ohno, Hiroaki Ohtani, Daisuke Matsuoka, Ritoku Horiuchi. Visualization of Particle Trajectories in Time-Varying Electromagnetic Fields by CAVE-type Virtual Reality System. Plasma and Fusion Research, 2012, 7, p. 1401001-1-1401001-6
  • Nobuaki Ohno, Hiroaki Ohtani, Daisuke Matsuoka, Ritoku Horiuchi. Visualization of Particle Trajectories in Time-Varying Electromagnetic Fields by CAVE-type Virtual Reality System. Plasma and Fusion Research, 2012, 7, p. 1401001-1-1401001-6
  • Matsuoka Daisuke, Murata Ken T., Yamamoto Kazunori, Fujita Shigeru, Tanaka Takashi. Global Magnetohydrodynamic Simulation and Visualization of Magnetic Flux Rope in the Earth's Matnetotail. IEEE Transactions on Plasma Science, 2011, 39, 11, p. 2716-2717, doi: 10.1109/TPS.2011.21.2162080
  • 松岡 大祐,荒木文明(海洋研究開発機構地球シミュレータセンター). 大規模シミュレーションデータ可視化における研究の動向. JAMSTEC Report of Research and Development, 2011, 13, p. 35-63
  • Saita Satoko, Akio Kadokura, Sato Natsuo, Fujita Shigeru, Takashi Tanaka, Ebihara Yusuke, Murata Ken T., Matsuoka Daisuke, Ueno Genta, Kitamoto Asanobu, Higuchi Tomoyuki. Reconfiguration of the magnetosphere for southward IMF and displacement of conjugate points in a global MHD simulation. Journal of Geophysical Research, 2011, 116, A06213, doi: 10.1029/2010JA016155
  • Yamamoto Kazunori, Kimura Eizen, Murata Ken T., Tatebe Osamu, Matsukoka Daisuke, Hideo Miyachi. Distributed Parallel Processing System based on Grid Datafarm Architecure. Journal of the National Institute of Informations and Communications Technology, Special Issue on Space Weather Forecast, 2011, 56, 1-4, p. 493-505
  • 松岡 大祐,村田 健史 , 藤田 茂 , 田中 高史 , 山本 和憲 , 大野 暢亮. 3D Visualization and Visual Data Mining. Journal of the National Institute of Information and Communications Technology, Special Issue on Space Weather , 2010, Nos.1-4, p. 507-517

査読無し(JAMSTECでの成果)

  • Studies of Large-Scale Data Visualization and Visual Data Mining. Annual Report of the Earth Simulator Center, 2014, April 2013 - March 2014, p. 169-173
  • 安藤和人、馬場俊孝、松岡大祐、加藤季広. 「京」コンピュータによる大規模津波シミュレーション. 情報処理 一般社団法人 情報処理学会, 2014, 55, 8, p. 817-822
  • 大内和良、松岡大祐. 温暖化予測に重要な全球の雲を再現する. BLUE EARTH, 2013, 127, p. 8-9
  • 大野 暢亮,松岡 大祐. 全球地球流体シミュレーションの可視化. ながれ [特集]地球科学における流体現象2~地球表層編~, 2011, 30, 5, p. 409-414
  • 大野 暢亮,松岡 大祐. 全球地球流体シミュレーションの可視化. ながれ [特集]地球科学における流体現象2~地球表層編~, 2011, 30, 5, p. 409-414

図書(JAMSTECでの成果)

  • Daisuke Matsuoka, Fumiaki Araki and Yumi Yamashita. Multiple Scatter Plots based Multi-Dimensional Transfer Function for Visualizing Ocean Simulation Data. Communications in Computer and Information Science, 2014, 474, p. 187-200, doi: 10.1007/978-3-662-45289-9_17

口頭発表・招待講演(JAMSTECでの成果)

  • Application of Visual Analytics to Ocean Science: Case Studies. IEEE Pacific Visualization 2014, 2014

口頭発表(JAMSTECでの成果)

  • 複数パラメータを用いたストリーム分割手法の提案. 第28回数値流体力学シンポジウム, 2014
  • 3D Visualization of Characteristic Flows in the Ocean. Workshop on Perspectives in Computational Climate Science and 7th OFES International Workshop, 2014
  • Visualization of Discriminated Vortices and Streams in the Ocean Flow Field. The 16th International Symposium on Flow Visualization (ISFV16), 2014
  • 海洋流れ場の可視化におけるストリームのマルチスケール分割手法. 第19回計算工学講演会, 2014
  • 松岡 大祐, 山下 由美, 荒木 文明, 木田 新一郎. 海洋大循環モデルで再現された流れ場の多変量可視化. 第27回数値流体力学シンポジウム, 2013
  • 海洋流れ場の可視化における渦とストリームの分割手法. 第27回数値流体力学シンポジウム, 2013
  • 松岡 大祐, 荒木 文明, 山下 由美. 高解像度地球流体シミュレーションと多変量可視化. 「新生」第7回金沢コンピュータグラフィックス談話会, 2013
  • Visualization of Ocean Vortices and Streams Separated with Boundaries. 6th OFES International Workshop and 3rd ESC-IPRC Joint Workshop on Computationally-Intensive Modeling of the Climate System, 2013
  • 松岡 大祐, 山下 由美, 荒木 文明. 多次元伝達関数の地球流体シミュレーションの可視化への応用. 可視化情報全国講演会(会津2013), 2013
  • 海洋の渦領域とストリーム領域のトポロジーによる判別およびその可視化. 可視化情報全国講演会(会津2013), 2013
  • Daisuke Matsuoka, Yumi Yamashita and Fumiaki Araki. Application of Multi-dimensional Transfer Function to Visualization of Geophysical Fluid Simulation: Case Studies. International Conference on Simulation Technology (JSST2013), 2013
  • 松岡 大祐, 荒木 文明, 山下 由美, 木田 新一郎, 佐々木 英治, 田口 文明. 海洋モデル/観測データセットのための新しい多変量可視化の提案. 2013年度日本海洋学会秋季大会, 2013
  • 松岡 大祐, 荒木 文明, 木田 新一郎, 佐々木 英治, 田口 文明. クラスタ分析を用いた海流の抽出と可視化. 日本機械学会2013年度年次大会, 2013
  • 松岡 大祐, 荒木 文明. 全球地球流体シミュレーションのための多変量可視化. 第59回CG・可視化研究会(CAVE研究会), 2013
  • 松岡 大祐, 荒木 文明, 木田 新一郎, 佐々木 英治, 田口 文明. クラスタ分析を用いた海流の抽出と可視化. 第41回可視化情報シンポジウム, 2013
  • Daisuke Matsuoka, Fumiaki Araki, Shinichiro Kida, Hideharu Sasaki and Bunmei Taguchi. Feature Extraction and Visualization for Ocean General Circulation Model via Multivariate Analysis. AOGS 10th Annual Meeting, 2013
  • 松岡 大祐, 荒木 文明, 佐々木 英治, 木田 新一郎, 田口 文明. 多次元伝達関数と多変量解析を用いた海洋大循環モデルの可視化. 第25回数値流体力学シンポジウム, 2011
  • 松岡 大祐,村田健史(情報通信研究機構) , 藤田茂(気象大学校) , 田中高史(九州大学). 地球磁気圏Global MHDシミュレーションにおけるビジュアルデータマイニング磁力線トポロジーの3次元可視化解析. 第37回可視化情報シンポジウム Vol. 29 Suppl. No. 1, 2009, p. 77-82

ポスター発表(JAMSTECでの成果)

  • 流速の極大・極小点を利用した海流の境界位置の決定. NICOGRAPH 2013, 2013
  • Visualization for High-Resolution Ocean General Circulation Model via Multi-Dimensional Transfer Funciton and Multivariate Analysis. The International Conference for High PerformanceComputing, Networking, Strage and Analysis, 2012

外部資金獲得

科研費

  • 2016-2018 挑戦的萌芽研究 「大気・海洋シミュレーションのための超高時間分解能特徴追跡とイベント可視化」 機関代表者
  • 2014-2017 若手研究(A) 「地球流体シミュレーションのための多変量データ可視化手法の開発とその応用」 機関代表者
  • 2012-2013 挑戦的萌芽研究 「多次元伝達関数と多変量解析を用いた高解像度海洋大循環モデルのデータ可視化」 機関代表者

受託

  • 2016-2017 JST受託 研究成果最適展開支援プログラムASTEP NexTEP-Bタイプ 「統合可視化システムのオープンサイエンス基盤」 代表者
  • 2015-2019 文部科学省系受託 地球観測技術等調査観測委託事業 気候変動適応技術社会実装プログラム 「気候変動適応技術社会実装プログラム(信頼度の高い近未来予測技術の開発及び超高解像度ダウンスケーリング技術の開発)」 参加者
  • 2013-2022 革新的イノベーション創出プログラム(COI)  「「水」大循環をベースとした持続的な「水・人間環境」の構築」 参加者

兼業兼職

  • 2016/09/01-2018/08/31 一般社団法人日本計算工業会 計算工学講演会実行委員
  • 2016/06/01-2017/05/31 一般社団法人可視化情報学会 ビジュアリゼーションカンファレンス&可視化文化フォーラム実行委員会実行委員
  • 2016/06/01-2017/05/31 一般社団法人可視化情報学会 学会誌編集委員幹事
  • 2016/06/01-2017/05/31 一般社団法人可視化情報学会 理事
  • 2015/06/27 埼玉工業大学 2015埼玉工業大学公開講座講師
  • 2015/04/01-2016/03/31 国立大学法人東京工業大学大学院情報理工学研究科 国立大学法人東京工業大学 客員准教授
  • 2014/02/06 防衛省海上幕僚監部防衛部 講師
  • 2013/11/05 周防大島町立東和中学校 講師
  • 2012/07/24-2013/10/31 一般社団法人可視化情報学会 一般社団法人可視化情報学会「第24期(平成24年度)第41回可視化情報シンポジウム実行委員会委員」

研究指導

研究生

  • 2016/09/12-2017/03/31