JAMSTEC研究者総覧

更新日:2020/07/02

  • 阿部 学
  • アベ マナブ
  • 阿部 学
所属
地球環境部門 環境変動予測研究センター 地球システムモデル開発応用グループ
兼務
地球環境部門 北極環境変動総合研究センター 北極域気候変動予測研究グループ
キャリア
副主任研究員

プロフィール

専門
気候システム、大気・水循環、気候変動、地球温暖化
所属学会
日本気象学会、日本地球惑星科学連合、アメリカ地球物理学連合
HP
https://researchmap.jp/abemnb

研究業績

査読有り(JAMSTECでの成果)

  • Hiroaki Tatebe, Tomoo Ogura, Tomoko Nitta, Yoshiki Komuro, Koji Ogochi, Toshihiko Takemura,Kengo Sudo, Miho Sekiguchi, Manabu Abe, Fuyuki Saito, Minoru Chikira, Shingo Watanabe, Masato Mori, Nagio Hirota, Yoshio Kawatani, Takashi Mochizuki, Kei Yoshimura, Kumiko Takata, Ryouta O’ishi, Dai Yamazaki,Tatsuo Suzuki, Masao Kurogi, Takahito Kataoka, Masahiro Watanabe, Masahide Kimoto. Description and basic evaluation of simulated mean state, internal variability, and climate sensitivity in MIROC6. Geoscientific Model Development, 2019, 12, p. 2727-2765, doi: 10.5194/gmd-12-2727-2019
  • Manabu Abe, Kumiko Takata, Shingo Watanabe, Michio Kawamiya. Vegetation masking effect on future warming and snow albedo feedback in a boreal forest region of northern Eurasia according to MIROC-ESM. JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH - Atmospheres, 2017, 122, 17, p. 9245-9261, doi: 10.1002/2017JD026957
  • Hiroki Kashimura, Manabu Abe, Shingo Watanabe, Takashi Sekiya, Duoying Ji, John C. Moore, Jason N. S. Cole, and Ben Kravitz. Shortwave radiative forcing, rapid adjustment, and feedback to the surface by sulfate geoengineering: analysis of the Geoengineering Model Intercomparison Project G4 scenario. ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS, 2017, 17, 5, p. 3339-3356, doi: 10.5194/acp-17-3339-2017
  • Shinichiro Fujimori , Manabu Abe, Tsuguki Kinoshita, Tomoko Hasegawa, Hiroaki Kawase, Kazuhide Kushida, Toshihiko Masui, Kazutaka Oka, Hideo Shiogama, Kiyoshi Takahashi, Hiroaki Tatebe, Minoru Yoshikawa. Downscaling Global Emissions and Its Implications Derived from Climate Model Experiments. PLOS ONE, 2017, 12, 1, doi: 10.1371/journal.pone.0169733
  • Manabu Abe, Toru Nozawa, Tomoo Ogura, Kumiko Takata. Effect of retreating sea ice on Arctic cloud cover in simulated recent global warming. Atmospheric Chemistry and Physics, 2016, 16, p. 14334-14356, doi: 10.5194/acp-16-14343-2016
  • Manabu Abe, Hideo Shiogama, Tokuta Yokohata, Seita Emori, Toru Nozawa. Asymmetric impact of the physiological effect of carbon dioxide on hydrological responses to instantaneous negative and positive CO2 forcing. Climate Dynamics, 2015, doi: doi:10.1007/s00382-014-2465-1

口頭発表・招待講演(JAMSTECでの成果)

  • K. Ichii, W. Yang, H. Kobayashi, H. Takayama, T. Hajima, M. Abe, K. Tachiiri. Development and application of GCOM-C LAI and GPP/NPP research products. IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium, 2017, 2017

口頭発表(JAMSTECでの成果)

  • 立入 郁、羽島知洋、市井和仁、阿部 学、野口真希、高山宏明. SGLIセンサデータの地球システムモデルの評価・改良への応用. 日本リモートセンシング学会 第64回(平成30年度春季)学術講演会, 2018
  • 檜山哲哉,太田岳史,小谷亜由美,栗田直幸,藤波初木,立花義裕,飯島慈裕,阿部学,佐藤永,鈴木和良,朴昊澤,永井 信,熊谷朝臣,市井和仁,高倉浩樹,杉本敦子,石川 守,佐藤友徳. 東シベリア永久凍土生態系の脆弱性評価と凍土保全策の共創. 第1回JCAR北極域研究計画ワークショップ, 2018
  • K Tachiiri, T Hajima, K Ichii, M Noguchi, M Abe, H Takayama. Investigation of the possibility to improve an Earth system model utilizing GCOM-C data. Joint PI Meeting of JAXA Global Environment Observation Mission FY2017, 2018
  • Tachiiri, K., Hajima, T., Ichii, K., Noguchi, M., Abe, M., Takayama, H.. Investigation of the possibility to improve an Earth system model utilizing GCOM-C data. Joint PI Meeting of JAXA Global Environment Observation Mission 2016, 2017
  • 樫村 博基, 関谷 高志, 阿部 学, 渡辺 真吾. 成層圏SO2注入による気候工学の強制とフィードバック:GeoMIP G4実験の解析. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016
  • Manabu Abe. Effect of anthropogenic aerosol emission on water temperature variations in the North Pacific Ocean during late 20th Century. 7th Japan-EU Workshop on climate change research, 2016
  • 樫村 博基, 阿部 学, 渡辺 真吾. 成層圏SO2注入による気候工学の影響:GeoMIP-G4実験の解析. 日本気象学会2015年度秋季大会, 2015
  • 樫村 博基, 阿部 学, 渡辺 真吾. GeoMIP-G4実験の解析~1層大気モデルを使ったSRM強制とその他の影響の見積もり~. 第15回ジオエンジニアリング勉強会, 2015
  • Kashimura, H., M. Abe, and S. Watanabe. Analysis of G4. Fifth GeoMIP Meeting, 2015
  • Manabu Abe, Shingo Watanabe, Michio Kawamiya, Toru Nozawa. Effect of anthropogenic aerosol forcing on temperature change of the North Pacific Ocean in the 20th Century. International Workshop on Risk Information on climate change, 2014
  • 阿部学、高田久美子、河宮未知生. 将来気候変化予測におけるユーラシアの積雪変化と大気循環への影響. 日本気象学会2014年秋季大会, 2014
  • 末吉 哲雄; 大垣内 るみ ; 吉森 正和 ; 羽島 知洋 ; 阿部 学 ; 大石 龍太 ; 岡島 秀樹 ; 齋藤 冬樹 ; 渡邉 真吾 ; 河宮 未知生 ; 阿部 彩子. MIROC および MIROC-ESM を用いた過去1000年シミュレーションにおける北極域雪氷圏の変動. Japan Geoscience Union Meeting 2014, 2014

ポスター発表(JAMSTECでの成果)

  • Manabu Abe. Role of surface snow albedo feedback in boreal climate of northern Eurasia. The Ninth Symposium on Polar Science, 2018
  • Manabu Abe, Hatsuki Fujinami, Tetsuya Hiyama. Interannual variability of summer precipitation over northern Eurasia in multiple climate models: Part II. JpGU 2018, 2018
  • Ogaito R., Tomohiro Hajima, H. Tatebe, M. O’ishi Ryouta, Yamamoto Akitomo, Manabu Abe, Ayako Abe, Michio Kawamiya. Last Glacial Maximum and Last Millennium experiments towards CMIP6/PMIP4 using MIROC-ES2L and preliminary analyses. JpGU 2018, 2018
  • Rumi Ohgaito, Tomohiro Hajima, Hiroaki Tatebe, Manabu Abe, Ayako Abe-Ouchi, Michio Kawamiya. Towards CMIP6/PMIP4: Preparation of the Last Glacial Maximum and the Last Millennum experiments using MIROC-ES2L. EGU general assembly 2018, 2018
  • Manabu Abe. Effect of surface snow albedo on surface air temperature in northern high-latitude regions. Fifth International Symposium on Arctic Research, 2018
  • Manabu Abe. Effect of surface snow albedo on climate formation in northern Eurasia. The Eighth Symposium on Polar Science, 2017
  • Manabu Abe, Hatsuki Fujinami, Tetsuya Hiyama. Interannual variability of summer precipitation over northern Eurasia in multiple climate models. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017
  • Manabu Abe, Kumiko Takata, shingo watanabe, michio kawamiya. Vegetation masking effect on snow albedo feedback trends in a boreal forest region of northern Eurasia in future projection with MIROC-ESM. 2016AGU Fall Meeting, 2016
  • 立入 郁・羽島知洋・野口真希・阿部 学・市井和仁. 地球システムモデルと衛星観測データの相互検証の試み. 平成28年度学術研究論文発表会, 2016
  • 阿部学、野沢徹. CMIP5マルチモデルにおける北極海の雲量と雲の放射強制力の再現性. 日本気象学会2016年秋季大会, 2016
  • Manabu Abe, Kumiko Takata, Shingo Watanabe, Michio Kawamiya. Vegetation masking effect on snow-albedo feedback in Siberia during future global warming simulated by MIROC-ESM. Japan Geoscience Union Meeting 2016, 2016
  • 阿部学、藤森真一郎、塩竃秀夫、川瀬宏明. 将来の地域降水量変化におけるエアロゾル排出量シナリオへの依存性. 日本気象学会2016年春季大会, 2016
  • 阿部学. 観測研究に基づく地球環境変動予測の高度化と応用 植物の活動と地球温暖化(サブタイトル). JAMSTEC2016, 2016
  • Manabu Abe, Kumiko Takata, Michio Kawamiya, Shingo Watanabe. Effect of snow-albedo feedback on future strong warming in boreal forest region of northern Eurasia in MIROC-ESM. the Sixth Symposium on Polar Science, 2015
  • 阿部学、高田久美子、河宮未知生、渡辺真吾. MIROC-ESMの将来予測実験におけるユーラシア北部の春季気温上昇と積雪変化の関係. 日本気象学会2015年秋季大会, 2015
  • Manabu Abe, Shingo Watanabe, Michio Kawamiya, Toru Nozawa. Effect of anthropogenic aerosol forcing on climate change in the North Pacific Ocean during the 20th Century. 2014 American Geophysical Union Fall Meeting, 2014

外部資金獲得

科研費

  • 2016-2018 基盤研究(C) 「シベリア冷帯気候帯形成メカニズムにおける積雪-アルベドフィードバック効果の解明」 機関代表者
  • 2013-2015 若手研究(B) 「温暖化に伴う積雪減少による東アジア気象場への影響の時空間特性の解明」 機関代表者

受託

  • 2020-2024 文部科学省系受託 環境技術等研究開発推進事業費補助金  「北極域研究加速プロジェクト」 参加者
  • 2019-2021 宇宙航空研究開発機構系受託 第2回地球観測研究公募 GCOM 「SGLIデータを用いた地球システムモデルの評価と高度化」 参加者
  • 2017-2021 地球観測技術等調査研究委託事業 統合的気候モデル高度化研究プログラム 領域テーマA 「全球規模の気候変動予測と基盤的モデル開発」 参加者
  • 2017-2021 地球観測技術等調査研究委託事業 統合的気候モデル高度化研究プログラム 統合的気候モデル(B) 「炭素循環・気候感度・ティッピング・エレメント等の解明」 参加者
  • 2015-2019 環境技術等研究開発推進事業費補助金 ArCSプロジェクト  「北極域研究推進プロジェクト」 参加者
  • 2012-2016 文部科学省系受託 気候変動リスク情報創生プログラム  「安定化目標値設定に資する気候変動予測及び気候変動研究の推進・連携体制の構築」 参加者

共同利用

  • 2019/04/01-2020/03/31 名古屋大学宇宙地球環境研究所 2019-1 2019年度 名古屋大学宇宙地球環境研究所「一般共同研究」 「気候モデルにおけるユーラシア北部の降水量に対する北極海氷減少の影響メカニズム」
  • 2018/04/01-2019/03/31 名古屋大学宇宙地球環境研究所 2018-1 平成30年度 名古屋大学宇宙地球環境研究所「一般共同研究」 「地球システムモデルを用いたシベリア域における大気水循環の経年変動特性の解明」
  • 2017/04/01-2018/03/31 名古屋大学宇宙地球環境研究所 2017-1 平成29年度 名古屋大学宇宙地球環境研究所「一般共同研究」 「地球システムモデルを用いたシベリア域における大気水循環の経年変動特性の解明」
  • 2016/07/01-2017/03/31 名古屋大学宇宙地球環境研究所 2016-1 平成28年度名古屋大学宇宙地球環境研究所 「一般共同研究」 「地球システムモデルを用いたシベリア域における大気水循環の経年変動特性の解明」