JAMSTEC > JAMSTEC研究者総覧 > 土井 威志

JAMSTEC研究者総覧

更新日:2020/06/02

  • 土井 威志
  • ドイ タケシ
所属
付加価値情報創生部門 アプリケーションラボ 気候変動予測情報創生グループ
キャリア
副主任研究員

プロフィール

専門
季節予測、熱帯域、エルニーニョ現象、インド洋ダイポールモード現象
生年月
1981/09
HP
http://www.jamstec.go.jp/res/ress/takeshi.doi/index.ja.html
自己紹介
季節の年々の"揺らぎ"(例えば冷夏、猛暑、暖冬、厳冬など)を数ヶ月前から事前に予測することを“季節予測”と呼びます。私は季節予測の精度を向上させるための研究をしています。
受賞歴
2018/04/02 Chen et al. 2016" is awarded 2018 Advances in Atmospheric Sciences (AAS) Esteemed Original Paper Prize
2017/05/22 日本海洋学会岡田賞 対象研究題目 “熱帯と沿岸域の湧昇現象の変動とその予測の研究"
2014/04/01 JAMSTEC 2013年度 業績表彰 研究開発功績賞 表彰事項 “SINTEX-F2 における気候変動予測システムの構築と定期的な運用を実現するとともにニンガルー・ニーニョ発生の予測可能性を初めて世界に示した”
2012/01/25 An Editor's Award for the Journal of Climate, "For providing a thoughtful and decisive review of a difficult paper on short notice", 米国気象学会(AMS), Jan. 2012

研究業績

査読有り(JAMSTECでの成果)

  • Yitian Qian, Hiroyuki Murakami, Masuo Nakano, Pang-Chi Hsu,Thomas L. Delworth, Sarah B. Kapnick, V. Rammaswamy,Takashi Mochizuki, Yushi Morioka, Takeshi Doi, Takahito Kataoka, Tomoe Nasuno, Kohei Yoshida. On the Mechanisms of the Active 2018 Tropical Cyclone Season in the North Pacific. GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2019, 46, 21, p. 12293-12302, doi: 10.1029/2019GL084566
  • J. V. Ratnam, H. A. Dijkstra, Takeshi Doi, Yushi Morioka, Masami Nonaka and Swadhin K. Behera. Improving seasonal forecasts of air temperature using a genetic algorithm. Scientific Reports, 2019, 9, doi: 10.1038/s41598-019-49281-z
  • C. Kodama, A. Kuwano-Yoshida, S. Watanabe, T. Doi, H. Kashimura, and T. Nasuno. JAMSTEC Model Intercomparision Project (JMIP). JAMSTEC Report of Research and Development, 2019, 28, p. 5-34, doi: 10.5918/jamstecr.28.5
  • Yushi Morioka, Takeshi Doi, Doroteaciro Iovino, Simona Masina, Swadhin K. Behera. Role of sea-ice initialization in climate predictability over the Weddell Sea. Scientific Reports, 2019, 9, doi: 10.1038/s41598-019-39421-w
  • J.V. Ratnam, Takeshi Doi, Swadhin Behera. Improving austral summer precipitation forecasts of SINTEX‐F2 coupled ocean-atmosphere general circulation model over southern Africa by simple bias correction techniques. Atmospheric Science Letters, 2019, 20, 3, doi: 10.1002/asl.885
  • Takeshi Doi, Swadhin Behera, Toshio Yamagata. Merits of a 108-member ensemble system in ENSO and IOD predictions. JOURNAL OF CLIMATE, 2019, 32, 3, p. 957-972, doi: 10.1175/JCLI-D-18-0193.1
  • Miyazawa, Y., A. Kuwano-Yoshida, T. Doi, H. Nishikawa, T. Narazaki, T. Fukuoka, and K. Sato. Temperature profiling measurements by sea turtles improve ocean state estimation in the Kuroshio-Oyashio Confluence region. OCEAN DYNAMICS, 2018, 69, 2, p. 267-282, doi: 10.1007/s10236-018-1238-5
  • J.V. Ratnam, Takeshi Doi, Willem A. Landman, Swadhin K. Behera. Seasonal forecasting of onset of summer rains over South Africa. Journal of Applied Meteorology and Climatology, 2018, 57, 12, p. 2697-2711, doi: 10.1175/JAMC-D-18-0067.1
  • Behera, S. K., Y. Morioka, T. Ikeda, T. Doi, J. Ratnam, M. Nonaka, A. Tsuzuki, C. Imai, Y. Kim, M. Hashizume, S. Iwami, P. Kruger, R. Maharaj, N. Sweijd and N. Minakawa. Malaria incidences in South Africa linked to a climate mode in southwestern Indian Ocean. Environmental Development, 2018, 27, p. 47-57, doi: 10.1016/j.envdev.2018.07.002
  • Yushi Morioka, Takeshi Doi, Andrea Storto, Simona Masina, Swadhin K. Behera. Role of subsurface ocean in decadal climate predictability over the South Atlantic. Scientific Reports, 2018, 8, doi: 10.1038/s41598-018-26899-z
  • Tomomichi Ogata, Takeshi Doi, Yushi Morioka, Swadhin Behera. Mid-latitude source of the ENSO-spread in SINTEX-F ensemble predictions. CLIMATE DYNAMICS, 2018, doi: https://doi.org/10.1007/s00382-018-4280-6
  • 土井威志. 熱帯と沿岸域の湧昇現象の変動とその予測の研究. 海の研究, 2018, 27, 3, p. 141-154, doi: 10.5928/kaiyou.27.3_141
  • Yushi Morioka, Takeshi Doi, Swadhin K. Behera. Decadal climate predictability in the southern Indian Ocean captured by SINTEX-F using a simple SST-nudging scheme. Scientific Reports, 2018, 8, doi: 10.1038/s41598-018-19349-3
  • J. V. Ratnam, Swadhin K. Behera, R. Krishnan, Takeshi Doi, Satyaban B. Ratna. Sensitivity of Indian summer monsoon simulation to physical parameterization schemes in the WRF model. CLIMATE RESEARCH, 2017, 74, 1, p. 43-66, doi: https://doi.org/10.3354/cr01484
  • Doi, T., A. Storto, S.K. Behera, A. Navarra, and T. Yamagata. Improved Prediction of the Indian Ocean Dipole Mode by Use of Subsurface Ocean Observations.. JOURNAL OF CLIMATE, 2017, 30, p. 7953-7970, doi: https://doi.org/10.1175/JCLI-D-16-0915.1
  • Richter Ingo, Doi Takeshi, Behera, Keenlyside. On the link between mean state biases and prediction skill in the tropics: an atmospheric perspective. CLIMATE DYNAMICS, 2017, doi: 10.1007/s00382-017-3809-4
  • J.V.Ratnam, Takeshi Doi and Swadhin K. Behera. Dynamical downscaling of SINTEX-F2v CGCM seasonal retrospective austral summer forecasts over Australia. Journal of Climate, 2017, doi: http://dx.doi.org/10.1175/JCLI-D-16-0585.1
  • T. Doi, S. K. Behera, and T. Yamagata. Improved seasonal prediction using the SINTEX-F2 coupled model. J. Adv. Model. Earth Syst., 2016, doi: 10.1002/2016MS000744
  • Tanizaki C., T. Tozuka, T. Doi, and T. Yamagata. Relative importance of the processes contributing to the development of SST anomalies in the eastern pole of the Indian Ocean Dipole and its implication for predictability. Climate Dynamics, 2016, doi: 10.1007/s00382-016-3382-2
  • Ingo Richter, Shang-Ping Xie, Yushi Morioka, Takeshi Doi, Bunmei Taguchi, Swadhin Behera. Phase locking of equatorial Atlantic variability through seasonal migration of the ITCZ. CLIMATE DYNAMICS, 2016, 48, 11-12, p. 3615-3629, doi: 10.1007/s00382-016-3289-y
  • Chen L., T. Li, S. K, Behera, T. Doi. Distinctive precursory air-sea signals between regular and super El Ninos. Advances in Atmospheric Sciences, 2016, 33, p. 996-1004
  • J.V.Ratnam, Swadhin K. Behera, Takeshi Doi, Satyaban B. Ratna and Willem A. Landman. Improvements to the WRF seasonal hindcasts over South Africa by bias correcting the driving SINTEX-F2v CGCM fields. Journal of Climate, 2016, doi: http://dx.doi.org/10.1175/JCLI-D-15-0435.1
  • TAKESHI DOI, CHAOXIA YUAN, SWADHIN K. BEHERA, AND TOSHIO YAMAGATA. Predictability of the California Nino/Nina. J. Climate, 2015, 28, p. 7237-7249, doi: 10.1175/JCLI-D-15-0112.1
  • DOI TAKESHI(Application Laboratory (APL)) , BEHERA SWADHIN K.(Application Laboratory (APL)) , YAMAGATA TOSHIO(Application Laboratory (APL)). An interdecadal regime shift in rainfall predictability related to the Ningaloo Nino in the late 1990s. J. Geophys. Res. Oceans, 2015, 120, doi: 10.1002/2014JC010562.
  • Wataru Sasaki , Takeshi Doi, Kelvin J. Richards, and Yukio Masumoto. Impact of the equatorial Atlantic sea surface temperature on the tropical Pacific in a CGCM. Climate Dynamics, 2014, 43, 9, p. 2359-2552, doi: 10.1007/s00382-014-2072-1
  • Richter, I., S. K. Behera, T. Doi, B. Taguchi, Y. Masumoto, and S.-P. Xie. What controls equatorial Atlantic winds in boreal spring?. Climate Dynamics, 2014, 43, 11, p. 3091-3104, doi: 10.1007/s00382-014-2170-0
  • Wataru Sasaki , Takeshi Doi, Kelvin J. Richards, Yukio Masumoto. The influence of ENSO on the equatorial Atlantic precipitation through the Walker circulation in a CGCM. Climate Dynamics, 2014, 44, 1, p. 191-202, doi: 10.1007/s00382-014-2133-5
  • DOI TAKESHI , BEHERA SWADHIN K. , YAMAGATA TOSHIO. Predictability of the Ningaloo Nino/Nina. Scientific Reports, 2013, 3, doi: 10.1038/srep02892
  • DOI TAKESHI , Gabriel Vecchi , Antohony Rosati , Thomas Delworth. Response to CO2 doubling of the Atlantic Hurricane Main Development Region in a High-Resolution Climate Model.. J.Climate, 2013, 26, p. 4322-4334
  • Equatorial Atlantic variability and its relation to mean state biases in CMIP5. Climate Dynamics, 2012, doi: doi:10.1007/s00382-012-1624-5

図書(JAMSTECでの成果)

  • Ingo Richter, P. Chang, Z. Xu, T. Doi, T. Kataoka, M. Nagura, Pascal Oettli, S. de Szoeke, and T. Tozuka. An overview of coupled GCM performance in the tropics.. Indo-Pacific Climate Variability and Predictability, World Scientific Series on Asia-Pacific Weather and Climate, T. Yamagata and S. K. Behera, eds., 2016, 7, 8, p. 213-263, doi: doi:10.1142/9664

外部資金獲得

科研費

  • 2020-2023 基盤研究(C) 「季節予測シグナルとノイズの境界領域の制御プロセスの理解と予測の改善」 機関代表者
  • 2016-2019 若手研究(B) 「2014年夏エルニーニョ予測「はずれ」の謎」 機関代表者

受託

  • 2019-2020 戦略的国際科学技術協力推進事業 ベルモントフォーラム  「Pathways Of Dispersal for Cholera And Solution Tools (PODCAST)」 参加者
  • 2018-2020 その他受託  「2ヶ月後の関東地方平均の地上気温の予測精度向上」 参加者
  • 2014-2018 地球規模課題対応国際科学技術協力事業  「南部アフリカにおける気候予測モデルをもとにした感染症流行の早期警戒システムの構築」 参加者
  • 2014-2016 環境研究総合推進費 問題対応型研究領域 2-1405 最近頻発し始めた新しい自然気候変動現象の予測とその社会応用 「最近頻発し始めた新しい自然気候変動現象の予測とその社会応用」 参加者
  • 2010-2012 政府開発援助(ODA) 「気候変動予測とアフリカ南部における応用」 参加者

兼業兼職

  • 2020/02/21-2020/03/31 一般財団法人バイオインダストリー協会 執筆者
  • 2019/06/05 株式会社ジャパンエフエムネットワーク 番組出演
  • 2019/04/14 公益財団法人日本科学技術振興財団 講師
  • 2019/03/07 東京杉並ロータリークラブ 講師
  • 2018/12/04 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団 講師
  • 2018/05/17 日本衛星ビジネス協会 講演会講師
  • 2018/05/10-2018/10/12 株式会社ジャムハウス 執筆
  • 2016/10/01 日宣テクノ・コムズ株式会社 原稿執筆
  • 2015/10/01 日宣テクノ・コムズ株式会社 原稿執筆
  • 2015/06/18 鎌倉市生涯学習推進委員会 講師
  • 2015/06/18 鎌倉市生涯学習推進委員会 講師
  • 2014/05/09 科学技術振興機構 サイエンスウィンドウ編集部 取材協力
  • 2014/04/04-2014/09/30 日宣テクノ・コムズ株式会社 執筆

共同研究

2018年度

  • 南京情報科学技術大学気候応用研究所(ICAR/NUIST)とアプリケーションラボ(APL/JAMSTEC)との気候変動予測および応用に係る協力合意書(CA)
  • アジア・太平洋域を中心とした地球環境とその変動
  • 南部アフリカにおける気候予測モデルをもとにした感染症流行の早期警戒システムの構築

2017年度

  • 統計的ダウンスケーリング手法を用いたニュージーランドの季節気候予測システムの開発と社会応用
  • アジア・太平洋域を中心とした地球環境とその変動
  • 南部アフリカにおける気候予測モデルをもとにした感染症流行の早期警戒システムの構築

2016年度

  • ハワイ大学国際太平洋研究センター(IPRC)との「アジア・太平洋域を中心とした地球環境とその変動」に関する共同研究
  • 南部アフリカにおける気候予測モデルをもとにした感染症流行の早期警戒システムの構築

2015年度

  • ハワイ大学国際太平洋研究センター(IPRC)との「アジア・太平洋域を中心とした地球環境とその変動」に関する共同研究
  • “異常気象”が広域農作物生産へ及ぼす影響予測の精度評価のための気候-作物生産性モデルの結合に関する実験的研究
  • 南部アフリカにおける気候予測モデルをもとにした感染症流行の早期警戒システムの構築

2014年度

  • “異常気象”が広域農作物生産へ及ぼす影響予測の精度評価のための気候-作物生産性モデルの結合に関する実験的研究
  • 南部アフリカにおける気候予測モデルをもとにした感染症流行の早期警戒システムの構築

2013年度

  • 全球・複数作物を対象とする作物収量変動予測の精度評価とその周辺技術に関する研究

2012年度

  • 全球・複数作物を対象とする作物収量変動予測の精度評価とその周辺技術に関する研究

報道取材

新聞

  • 2020/05/29 東京新聞 「東アフリカ バッタ大量発生 背景にインド洋 海水温異常」
  • 2020/03/18 日本経済新聞 「Disruption 断絶の先に=第12部 未知を追いかけて(3) 動物・宇宙… 第3の目で先読み ウミガメがデータ収集、気象予測向上へ」
  • 2020/03/16 下野新聞 「気候変貌 とちぎ・適応への模索/ダイポールモード現象 豪火災や日本暖冬に影響 山形さん(宇都宮出身)ら20年前発見 温暖化で頻発化危惧」
  • 2020/03/08 読売新聞 「サイエンスReport 海中水温 ウミガメで観測 バイオロギング 気象予測に活用」
  • 2020/02/22 毎日新聞(大阪) 「異常 インド洋、世界災害誘発 海面に温度差「ダイポールモード」 豪森林火災/アフリカで大量バッタ 昨年以降過去最「凶」」
  • 2020/02/19 日本経済新聞 「インド洋変調が豪で火災招く、海水温差で異常気象」
  • 2020/02/06 下野新聞 「ダイポールモード現象 豪火災や日本暖冬に影響」
  • 2020/01/28 毎日新聞 「インド洋海水温 災害誘因 豪で森林火災 アフリカでバッタ禍」
  • 2020/01/13 フジサンケイビジネスアイ 「ウミガメに温度計 水温を高精度予測 東大など」
  • 2020/01/10 共同通信 /Yahoo!ニュース 他各地方紙 「ウミガメで海水温データ集める 東大など、異常気象への備えにも」
  • 2020/01/09 日刊水産経済新聞 「海洋機構と東大 ウミガメで海水温測定 気候予測に活用期待」
  • 2020/01/07 河北新報 「ウミガメ予報士 海水温変化計測 異常気象への備え期待 東大チーム成功」
  • 2020/01/06 熊本日日新聞 「もしもしカメさん 海の変化教えて 温度計着け放流、データ収集 「水温」予測 東大など成功」
  • 2020/01/06 毎日新聞 「海水温予測、ウミガメ手助け 5匹に温度計着けデータ収集 東大など」
  • 2020/01/05 下野新聞 「海水温データ、動物で収集 カメに機器装着 高精度の予測も」
  • 2019/12/30 北海道新聞 朝刊18面 「ウミガメ使い海水温予測 背中に機器 データを取得 東大など 習性を利用、精度高く」
  • 2019/12/29 愛媛新聞 「ウミガメに海水温予測お願い 機器付け放流 高精度で成功 東京大など」
  • 2019/12/29 中部経済新聞 「カメさん、海の様子教えて 水温知り異常気象に備え」
  • 2019/12/29 岐阜新聞 「ウミガメが水温調査員 東大チーム 5匹に機器、データ収集 予測精度向上、異常気象に備え」
  • 2019/12/29 東京新聞 「カメは人類救う? 海水温予測“甲”上 計器着けデータ収集、成果」
  • 2019/12/29 茨城新聞 「カメ使い海水温予測成功 東京大や海洋研究チーム 異常気象に備え」
  • 2019/12/27 時事ドットコム 「ウミガメで海水温測定 気候予測に活用期待―海洋機構と東大」
  • 2019/12/22 日本経済新聞 「海水温の予測精度向上 海洋機構と東大、ウミガメに装置」
  • 2019/12/13 朝日新聞 「海洋観測、ウミガメがお助け 甲羅に装置、データ収集」
  • 2019/02/07 日経産業新聞 「異常気象 数ヵ月前に予測 海洋機構、スパコンで計算」
  • 2018/08/19 産経新聞 「猛暑 海水温異変が原因 「エルニーニョモドキ」 インド洋と太平洋同時発生」
  • 2018/08/06 日本経済新聞 「猛暑、インド洋に起因か 水温異変で西高東低 気流動かし日本に高気圧」
  • 2018/04/16 東京新聞 「あちこちにエルニーニョ 変動の新たな黒幕」
  • 2017/07/22 日本農業新聞 「論説=熱中症急増 異常猛暑 命守る対策を」
  • 2017/07/22 農業新聞 「'熱中症急増 異常猛暑 命守る対策を'(https://www.agrinews.co.jp/p41423.html)」
  • 2017/01/11 日本農業新聞 「論説=転換期の針路 異常気象時代 減災防災の知恵今こそ」
  • 2015/12/28 赤旗新聞 「エルニーニョ特集」
  • 2015/07/10 日本経済新聞 「ニュースな科学=気象庁予測、温暖化ぺースに影響も エルニーニョ強まる傾向」
  • 2014/04/29 毎日新聞 「海洋研究開発機構 海面水温の変動現象 北米西海岸沖でも 気象・農業に影響か」
  • 2014/02/11 Neue Zuercher Zeitung 「Ausfall von Messbojen erschwert Prognosen (Loss of observation buoys hampers climate predictions)」
  • 2013/10/04 文部科学省文部科学記者クラブ

テレビ

  • 2020/03/13 フジテレビ 「豪州山火事(2020/3/20放送)」
  • 2020/02/03 NHK 「西・東日本は最も暖かい1月 平均気温 平年を3度近く上回る」
  • 2020/01/30 NHK クローズアップ現代 「“地中が燃える” 豪森林火災の脅威~異常気象のリスク~」
  • 2020/01/26 テレビ朝日[TVタックル] 「豪州の山火事とダイポールモード」
  • 2020/01/10 テレビ朝日「サンデーステーション」 「豪州山火事とダイポールモード」
  • 2019/12/16 テレビ朝日 報道ステーション 「"「ウミガメが天気予報に一役」 放送時間:21時54分~"」
  • 2019/12/14 NHK BS1 「"「ウミガメで海水温予測のデータ収集」 放送時間:8時50分~"」
  • 2019/12/14 NHK「おはよう日本」 「「ウミガメにセンサー・海水温予測の向上へ」」
  • 2018/07/25 テレビ東京 ゆうがたサテライト 「"5月に歴史的猛暑を予測 インド洋の“ある現象”が関係 放送時間:16時54分~"」
  • 2018/07/20 フジテレビ PRIME news evening 「"記録的猛暑で新たな死者 24年前の「暑さ」と共通点 放送時間:16時50分~"」

雑誌・本

  • 2020/03/04 サイエンスポータル SciencePortal 「ウミガメの観測データが、動物行動学と気候変動の研究で大活躍した」

インターネット

  • 2019/12/28 千葉日報オンライン 「ウミガメで水温知り異常気象備え 「海の様子教えて」、東大など」
  • 2019/12/15 中國新聞網 「想知道海水温度变化?日本团队找来了5只海龟……」
  • 2019/12/15 自由時報, 「海龜背感測器 大幅提升海水溫度長期預測精確度,」
  • 2019/12/15 聯合新聞網 「海龜背感測器 大幅提升海水溫度長期預測精確度」
  • 2019/12/14 NHK WORLD 「Forecasting sea temperatures with help of turtles」
  • 2019/12/14 NHK NEWS WEB 「ウミガメにセンサー 海水温長期予測の精度「劇的向上」」