平成29年度公開シンポジウム「温暖化対策を
気候モデルでどう理解するか」

開催概要

 文部科学省委託事業「統合的気候モデル高度化研究プログラム」は、近年の気候変動研究に対するニーズの高まりに応じるために、我が国の様々な大学、研究機関等の英知を結集した統合的な研究体制をプログラム内に組み込みながら、国内外に資する気候変動に関する科学的課題の解明や高度化された気候変動予測データセットの整備を、気候モデルという全ての気候変動予測研究の基盤を高度化させることからアプローチを始めることを目指して、今年度から新たに開始しました。
 本シンポジウムでは、気候変動予測やハザード予測などの温暖化対策の基盤となる気候モデルについて、プログラム外の視点も交えながらご説明します。

日時 平成30年3月8日(木)13:00〜16:40(開場12:30)
会場 一橋大学 一橋講堂
主催 文部科学省
参加費 無料 事前登録制

 

会場のご案内

〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内

一橋大学 一橋講堂

 

アクセス アクセスマップ

  • 東京メトロ半蔵門 線、 都営三田線、 都営新宿線 神保町駅(A8 ・ A9 出口) 徒歩 4 分
  • 東京メトロ東西線 竹橋駅 (1b 出口)  徒歩 4 分

会場で使用できる無線LAN

会場では以下のサービスがご利用いただけます。(登録状況や利用料については、ご所属機関や各キャリアまで直接ご確認ください)

 

ポスター・チラシ

問い合わせ

統合プログラム公開シンポジウム事務局((株)勁草書房内)
電話 03-3814-7112
email