JAMSTEC > JAMSTEC Researchers Database > Daisuke Matsuoka

JAMSTEC Researchers Database

Last update :2022/04/09

  • Daisuke Matsuoka
Department
Research Institute for Value-Added-Information Generation (VAiG) Center for Earth Information Science and Technology (CEIST) Data Science Research Group Group Leader
Career
Senior Researcher

Profile

Speciality
Artificial Intelligence, Machine learning, Image recognition
E-mail
daisuke[at]jamstec.go.jp
External organizations
Graduate School of Science and Engineering, Kagoshima University
Graduate School of Marine Science and Technology, Tokyo University of Marine Science and Technology
Typhoon Science and Technology Research Center, Yokohama National University
Society
Japan Geoscience Union, The Oceanographic Society of Japan, The Meteorological Society of Japan, The Visualization Society of Japan
HP
https://researchmap.jp/daisuke
Award
2021/08/24 日本シミュレーション学会 令和3年度研究賞
2021/05/06 可視化情報学会 第32期学会賞(映像賞)
2021/04/27 JSST Outstanding Presentation Award 2020
2020/06/11 PEPS The Most Downloaded Paper Award 2020
2019/03/07 第2回ビジュアリゼーションワークショップ 最優秀賞
2018/11/05 NICOGRAPH 2018 優秀論文賞
2018/09/15 第46回可視化情報シンポジウム アートコンテスト 銀賞
2016/12/13 第30回数値流体力学シンポジウム ベストCFDグラフィックス・アワード第1位(静止画部門)
2015/10/14 Outstanding Presentation Award, JSST2015 International Conference on Simulation Technology
2015/07/21 可視化情報学会 第26期学会賞(奨励賞)
2013/07/16 第41回可視化情報シンポジウム アート賞大賞 “現代版ゴッホが描いた地球”
2013/07/15 平成25年度(6月期)理事長加算 受領
2013/03/13 研究開発功績賞
2012/12/19 第26回数値流体力学シンポジウム ベストCFDグラフィックス・アワード優秀賞
2012/11/15 Best Poster Award, International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC12)
2012/09/28 Outstanding Presentation Award, International Conference on Simuation Technology (JSST2012)
2012/09/15 第40回可視化情報シンポジウム ベストプレゼンテーション賞
2012/05/30 第17回計算工学講演会 グラフィクスアワード最優秀賞
2012/04/12 平成23年度科学技術における『美』のパネル展 優秀賞
2011/12/20 第25回数値流体力学シンポジウム ベストCFDグラフィックス・アワード最優秀賞
2011/04/15 第5回科学技術における「美」のパネル展 優秀賞

Research Achievement

Peer reviewed publications (Belonging to JAMSTEC)

  • Daisuke Matsuoka. Can machine learning models trained using atmospheric simulation data be applied to observation data?. Experimental Results, 2022, 3, doi: 10.1017/exp.2022.3
  • Mitsuko Hidaka, Daisuke Matsuoka, Daisuke Sugiyama, Koshiro Murakami, Shin’ichiro Kako. Pixel-level image classification for detecting beach litter using a deep learning approach. MARINE POLLUTION BULLETIN, 2022, 175, doi: 10.1016/j.marpolbul.2022.113371
  • Yuichi Hirokawa, Daisuke Matsuoka, Noriaki Nishikawa, Toshiyuki Asano. A Development of Fluidics Shape Design Using the Genetic Programming. The 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics, 2022
  • 平井 惇也, 宮 正樹, 藤木 徹一, 吉田 聡, 乙坂 重嘉, 帰山 秀樹, 加古 真一郎, 片岡 智哉, 松岡 大祐, 日高 弥子, 杉山 大祐, 小嶌 不二夫. 海洋学の10年展望2021:新たな手法と問題. 海の研究, 2021, 30, 5, p. 227-253, doi: 10.5928/kaiyou.30.5_227
  • Daisuke Matsuoka. Classification of imbalanced cloud image data using deep neural networks: Performance improvement through a data science competition. Progress in Earth and Planetary Science, 2021, 8, doi: 10.1186/s40645-021-00459-y
  • Yuichi Hirokawa, Daisuke Matsuoka, Noriaki Nishikawa, Toshiyuki Asano. An evaluation of fluidics for tsunamis in pedestrian's flood evacuations. Artificial Life and Robotics, 2021, 27, 1, p. 107-114, doi: 10.1007/s10015-021-00717-8
  • Yuichi Hirokawa, Daisuke Matsuoka, Noriaki Nishikawa, Toshiyuki Asano. An evaluation of fluidics for Tsunami in pedestrian's flood evacuation. AROB 26th 2021, 2021, p. 313-318
  • Daisuke Matsuoka, Shingo Watanabe, Kaoru Sato, Sho Kawazoe, Wei Yu, Steve Easterbrook. Application of Deep Learning to Estimate Atmospheric Gravity Wave Parameters in Reanalysis Data Sets. GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2020, 47, 19, doi: 10.1029/2020GL089436
  • Morihiro HARADA, Yasuyuki MARUYA, Toshiharu KOJIMA, Daisuke MATSUOKA, Yujin NAKAGAWA, Shintaro KAWAHARA and Fumiaki ARAKI. FLOOD FREQUENCY ANALYSIS AND IMPACT ASSESSMENT FOR CLIMATE CHANGE IN THE NAGARA RIVER BASIN. Journal of JSCE, 2020, 8, 1, p. 79-86, doi: 10.2208/journalofjsce.8.1_79
  • Yujin Nakagawa, Yosuke Onoue, Shintaro Kawahara, Fumiaki Araki, Koji Koyamada, Daisuke Matsuoka, Yoichi Ishikawa, Mikiko Fujita, Shiori Sugimoto, Yasuko Okada, Sho Kawazoe, Shingo Watanabe, Masayoshi Ishii, Ryo Mizuta, Akihiko Murata, Hioroaki Kawase. Development of a system for efficient content-based retrieval to analyze large volumes of climate data. Progress in Earth and Planetary Science, 2020, 7, p. 1-10, doi: 10.1186/s40645-019-0315-9
  • Yano Midori, Itoh Takayuki, Tanaka Yuusuke, Matsuoka Daisuke, Araki Fumiaki. A comparative visualization tool for ocean data analysis based on mode water regions. JOURNAL OF VISUALIZATION, 2020, 23, p. 313-329, doi: 10.1007/s12650-020-00629-y
  • Daisuke Matsuoka, Shiori Sugimoto, Yujin Nakagawa, Shintaro Kawahara, Fumiaki Araki, Yosuke Onoue, Masaaki Iiyama, Koji Koyamada. Automatic Detection of Stationary Front around Japan using a Deep Convolutional Neural Network. SOLA: Scientific Online Letters on the Atmosphere, 2019, 15, p. 154-159, doi: 10.2151/sola.2019-028
  • Daisuke Matsuoka, Fumiaki Araki, Hideharu Sasaki. Event detection and visualization of ocean eddies simulated by ocean general circulation model. International Journal of Modeling, Simulation, and Scientific Computing, 2019, 10, 3, doi: 10.1142/S1793962319500181
  • Daisuke Matsuoka, Masuo Nakano, Daisuke Sugiyama and Seiichi Uchida. Deep learning approach for detecting tropical cyclones and their precursors in the simulation by a cloud-resolving global nonhydrostatic atmospheric model. Progress in Earth and Planetary Science, 2018, 5, doi: 10.1186/s40645-018-0245-y
  • 矢野 緑, 伊藤 貴之, 田中 裕介, 松岡 大祐, 荒木 文明, Tobias Czauderna, Kingsley Stephens. VR空間におけるモード水領域の形状比較のための視点選択. 芸術科学会論文誌, 2018, 17, 4, p. 105-114
  • Daisuke Matsuoka, Masuo Nakano, Daisuke Sugiyama, Seiichi Uchida. Detecting the Precursor of Tropical Cyclone using Deep Neural Networks. Proceedings of the 7th International Workshop on Climate Informatics : CI2017, 2017, 132, p. 73-76, doi: 10.5065/D6222SH7
  • Daisuke Matsuoka, Kazuyoshi Oouchi. 3-Dimensional Classification and Visualization of Clouds Simulated by Cloud-Resolving Atmospheric General Circulation Model. Communications in Computer and Information Science, 2016, 645, p. 57-67, doi: 10.1007/978-981-10-2669-0_7
  • Hideo Miyachi, Koji Koyama, Daisuke Matsuoka and Isamu Kuroki. Fusion Visualization System as an Open Science Foundation. 19th International Conference on Network-Based Information Systems, 2016
  • Daisuke Matsuoka, Fumiaki Araki, Yumi Inoue and Hideharu Sasaki. A New Approach to Ocean Eddy Detection, Tracking, and Event Visualization -Application to the Northwest Pacific Ocean-. Procedia Computer Science, 2016, 80, p. 1601-1611, doi: 10.1016/j.procs.2016.05.491
  • Daisuke Matsuoka, Fumiaki Araki, Yumi Yamashita. Multiple Scatter Plots based Multi-Dimensional Transfer Function and its Application to Ocean Data Visualization. Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering, 2015, 2, 2, p. 292-308, doi: http://doi.org/10.15748/jasse.2.292
  • Toshitaka Baba, Kazuto Ando, Daisuke Matsuoka, Mamoru Hyodo, Takane Hori, Narumi Takahashi, Ryoko Obayashi, Yoshiyuki Imato, Dai Kitamura, Hitoshi Uehara, Toshihiro Kato, Ryotaro Saka. Large-scale, High-speed Tsunami Prediction for the Great Nankai Trough Earthquake on the K Computer. International Journal of High Performance Computing Applications, 2015, p. 1-14, doi: DOI: 10.1177/1094342015584090
  • T. Baba, K. Ando, D. Matsuoka, M. Hyodo, T. Hori, N. Takahashi, R. Obayashi, Y. Imato, D. Kitamura, H. Uehara, T. Kato and R. Saka. Large-scale, High-speed Tsunami Prediction for the Great Nankai Trough Earthquake on the K Computer. International Journal of High Performance Computing Applications, 2015, 30, 1, p. 71-84
  • TOSHITAKA BABA, NARUMI TAKAHASHI, YOSHIYUKI KANEDA, KAZUTO ANDO, DAISUKE MATSUOKA, TOSHIHIRO KATO. Parallel Implementation of Dispersive Tsunami Wave Modeling with a Nesting Algorithm for the 2011 Tohoku Tsunami. Pure and Applied Geophysics, 2015, doi: DOI 10.1007/s00024-015-1049-2
  • T. Baba, N. Takahashi, Y. Kaneda, K. Ando, D. Matsuoka and T. Kato. Parallel Implementation of Dispersive Tsunami Wave Modeling with a Nesting Algorithm for the 2011 Tohoku Tsunami. Pure Appl. Geophys., 2015, 172, 12, p. 3455-3472, doi: doi:10.1007/s00024-015-1049-2
  • Visualization of Discriminated Vortices and Streams in the Ocean Flow Field. The 16th International Symposium on Flow Visualization (ISFV16), 2014
  • Application of Multi-dimensional Transfer Function to Visualization of Geophysical Fluid Simulation: Case Studies. International Conference on Simulation Technology (JSST2013), 2013
  • Nobuaki Ohno, Hiroaki Ohtani, Daisuke Matsuoka, Ritoku Horiuchi. Visualization of Particle Trajectories in Time-Varying Electromagnetic Fields by CAVE-type Virtual Reality System. Plasma and Fusion Research, 2012, 7, p. 1401001-1-1401001-6
  • Nobuaki Ohno, Hiroaki Ohtani, Daisuke Matsuoka, Ritoku Horiuchi. Visualization of Particle Trajectories in Time-Varying Electromagnetic Fields by CAVE-type Virtual Reality System. Plasma and Fusion Research, 2012, 7, p. 1401001-1-1401001-6
  • Matsuoka Daisuke, Murata Ken T., Yamamoto Kazunori, Fujita Shigeru, Tanaka Takashi. Global Magnetohydrodynamic Simulation and Visualization of Magnetic Flux Rope in the Earth's Matnetotail. IEEE Transactions on Plasma Science, 2011, 39, 11, p. 2716-2717, doi: 10.1109/TPS.2011.21.2162080
  • 松岡 大祐,荒木文明(海洋研究開発機構地球シミュレータセンター). 大規模シミュレーションデータ可視化における研究の動向. JAMSTEC Report of Research and Development, 2011, 13, p. 35-63
  • Saita Satoko, Akio Kadokura, Sato Natsuo, Fujita Shigeru, Takashi Tanaka, Ebihara Yusuke, Murata Ken T., Matsuoka Daisuke, Ueno Genta, Kitamoto Asanobu, Higuchi Tomoyuki. Reconfiguration of the magnetosphere for southward IMF and displacement of conjugate points in a global MHD simulation. Journal of Geophysical Research, 2011, 116, A06213, doi: 10.1029/2010JA016155
  • Yamamoto Kazunori, Kimura Eizen, Murata Ken T., Tatebe Osamu, Matsukoka Daisuke, Hideo Miyachi. Distributed Parallel Processing System based on Grid Datafarm Architecure. Journal of the National Institute of Informations and Communications Technology, Special Issue on Space Weather Forecast, 2011, 56, 1-4, p. 493-505
  • 松岡 大祐,村田 健史 , 藤田 茂 , 田中 高史 , 山本 和憲 , 大野 暢亮. 3D Visualization and Visual Data Mining. Journal of the National Institute of Information and Communications Technology, Special Issue on Space Weather , 2010, Nos.1-4, p. 507-517

Non-peer reviewed publications (Belonging to JAMSTEC)

  • 松岡大祐. AI技術を用いた異常気象の予兆検知―AIコンペティションを通じた台風の検出精度向上―. 土木学会誌, 2021, 106, 2, p. 34-35
  • 廣川 雄一, 松岡 大祐, 西川 憲明, 浅野 俊幸. 遺伝的プログラミングを用いた津波減勢用流体素子の設計に関する一考察. 第34回数値流体力学シンポジウム, 2020
  • 廣川雄一, 松岡大祐, 西川憲明, 浅野俊幸. ダム崩壊問題の実験結果を対象としたCFDの基礎的検討. 第32回数値流体力学シンポジウム, 2018, p. 1-3
  • 松岡 大祐, 杉山 大祐. 畳み込みニューラルネットワークの気象データ解析への応用―熱帯低気圧の検出から雲量推定まで―. 可視化情報学会誌, 2018, 38, 151, p. 144-148
  • Studies of Large-Scale Data Visualization and Visual Data Mining. Annual Report of the Earth Simulator Center, 2014, April 2013 - March 2014, p. 169-173
  • 安藤和人、馬場俊孝、松岡大祐、加藤季広. 「京」コンピュータによる大規模津波シミュレーション. 情報処理 一般社団法人 情報処理学会, 2014, 55, 8, p. 817-822
  • 大内和良、松岡大祐. 温暖化予測に重要な全球の雲を再現する. BLUE EARTH, 2013, 127, p. 8-9
  • 大野 暢亮,松岡 大祐. 全球地球流体シミュレーションの可視化. ながれ [特集]地球科学における流体現象2~地球表層編~, 2011, 30, 5, p. 409-414
  • 大野 暢亮,松岡 大祐. 全球地球流体シミュレーションの可視化. ながれ [特集]地球科学における流体現象2~地球表層編~, 2011, 30, 5, p. 409-414

Book (Belonging to JAMSTEC)

  • 栗原 聡,長門 毅,長谷山 美紀,白井 匡人,山田 廣志,村上 智一,渡邉 裕樹,廣池 敦,中山 良平,大倉 史生,磯兼 孝悠,井手 絢香,松下 康之,八木 康史,柳井 孝介,浜中 雅俊,清田 陽司,花多山 和志,小谷 和彦,村松 慎一,清水 秀幸,中山 敬一,庄野 逸,上條 憲一,西光 雅弘,山田 真善,生見 臣司,長井 隆行,原 豪紀,綱川 明美,坂本 真樹,岡田 浩之,和田 雅昭,松岡 大祐,榊 剛史,福井 健一,橋本 司,小長谷 明彦,江崎 剛史,渡邉 怜子,夏目 やよい,伊藤 眞里,長尾 知生子,川島 和,水口 賢司,二瓶 秋子,山口 光太,森 直樹,福田 清人,脇森 浩志,三宅 陽一郎,宮崎 耕助,中ザワ ヒデキ,草刈 ミカ,田中 翼,金子 修,藤田 朋宏,笠原 堅,加藤 丈和, 目崎 祐史,米光 一也,池上 幸三,清水 亮太,一杉 太郎,石田 真彦,荒井 規允,湯原 大輔,泰岡 顕治,有田 隆也,土方 嘉徳,富岡 洋一,上東 貴志. 人と共生するAI革命 ~活用事例からみる生活・産業・社会の未来展望~. (株)エヌ・ティー・エス, 2019
  • Daisuke Matsuoka, Fumiaki Araki and Yumi Yamashita. Multiple Scatter Plots based Multi-Dimensional Transfer Function for Visualizing Ocean Simulation Data. Communications in Computer and Information Science, 2014, 474, p. 187-200, doi: 10.1007/978-3-662-45289-9_17

Invited oral presentation(Belonging to JAMSTEC)

  • Daisuke Matsuoka. Deep learning for detecting tropical cyclones and stationary fronts. Noble seminar, 2019
  • 松岡 大祐. 台風発生予測および天気図解析へのAIの応用. 第6回気象災害軽減イノベーションフォーラム, 2019
  • 松岡 大祐. 気象データ解析における特徴抽出と可視化. 日本原子力研究開発機構 可視化講演会, 2019
  • 松岡 大祐. ディープラーニングを用いた熱帯低気圧の予兆検出および停滞前線の自動描画. 気象庁談話会, 2019
  • Daisuke Matsuoka. Deep learning approach for detecting precursors of tropical cyclones -toward cyclogenesis prediction-. NOAA EMERGING TECHNOLOGIES WORKSHOP 2019, 2019
  • 松岡 大祐. AIを用いた台風発生の予兆検出とAIコンペティション開催による予測精度の限界への挑戦. 第1回海中海底工学フォーラム・ZERO, 2019
  • 松岡大祐. 機械学習と可視化が拓く気象ビッグデータ解析. 第2回ビジュアリゼーションワークショップ, 2019
  • 松岡大祐. 気象予測とAIの現状と今後の展望. 神奈川予報士会 第94回例会, 2019
  • 松岡大祐. 機械学習と流体力学 ~ディープラーニングによる画像認識から流体力学への応用まで2~. 自動車技術会第6回流体技術部門委員会, 2018
  • 松岡大祐. 気象とAI. 防災科学研究所 第7回気象災害におけるAI活用検討会, 2018
  • Daisuke Sugiyama, Daisuke Matsuoka, Ryo Onishi, Seiji Tsuboi, Masaru Nakano. 海洋地球シミュレーションデータへのディープラーニング適用事例 ~HPCとAIの融合~. GPU Technology Conference Japan 2018, 2018
  • 松岡大祐. 機械学習と流体力学 ~ディープラーニングによる画像認識から流体力学への応用まで~. 自動車技術会第3回流体技術部門委員会, 2018
  • Daisuke Matsuoka, Masuo Nakano, Daisuke Sugiyama and Seiichi Uchida. Deep Learning Approach for Detecting Precursors of Tropical Cyclone Simulated by a Global Nonhydrostatic Atmospheric Model. Japan Geoscience Union Meeting 2018, 2018
  • 松岡大祐. AIを用いた極端気象現象の発生予測. 京都大学学術情報メディアセンターセミナー「気象とAI」, 2018
  • Application of Visual Analytics to Ocean Science: Case Studies. IEEE Pacific Visualization 2014, 2014

oral presentation(Belonging to JAMSTEC)

  • 木戸ゆかり、日高弥子、松岡大祐、桑谷立、金子純二、笠谷貴史、石川洋一、木川栄一. JAMSTECにおける数理海底地形科学研究及び日本財団-GEBCO SEABED2030への貢献について. JpGU2021, 2021, S-CG45, S-CG45, p. C001092-C001092
  • 松岡大祐、Steve Easterbrook. スタイル変換を用いた外挿的機械学習と台風検出への応用. JSST Workshop & NIFS一般共同研究研究会 先進的描画技術を用いた可視化情報の研究会(VR2020), 2020
  • 日高弥子・松岡大祐・桑谷立・金子純二・笠谷貴史・木戸ゆかり・ 石川洋一,木川栄一. 機械学習を用いた海底地形図の超解像. 海と地球のシンポジウム2020, 2020
  • Yujin Nakagawa, Yosuke Onoue, Shintaro Kawahara, Fumiaki Araki, Koji Koyamada, Daisuke Matsuoka, Yoichi Ishikawa, Mikiko Fujita, Shiori Sugimoto, Yasuko Okada, Sho Kawazoe, Shingo Watanabe, Masayoshi Ishii, Ryo Mizuta, Akihiko Murata, Hioroaki Kawase. A Content-Based Database System for Large Volume Climate Data. AGU Fall Meeting 2019, 2019
  • Yujin Nakagawa, Yosuke Onoue, Shintaro Kawahara, Fumiaki Araki, Koji Koyamada, Daisuke Matsuoka, Yoichi Ishikawa, Mikiko Fujita, Shiori Sugimoto, Yasuko Okada, Sho Kawazoe, Shingo Watanabe, Masayoshi Ishii, Ryo Mizuta, Akihiko Murata, Hioroaki Kawase. A Content-Based Database System for Large Volume of Climate Data. VizAfrica Botswana 2019, 2019
  • 大滝寿一, 筆保弘徳, 加藤涼雅, 松岡 大祐, 吉田龍二. 深層学習を用いた回転水槽実験の波数解析. 日本気象学会2019年度秋季大会, 2019
  • 松岡 大祐 , 杉本 志織, 中川 友進, 荒木 文明, 川原 慎太郎, 尾上 洋介, 飯山 将晃, 小山田耕二. 深層畳み込みニューラルネットワークを用いた停滞前線の自動抽出と精度検証. 日本気象学会2019年度秋季大会, 2019
  • 中川 友進, 尾上 洋介, 川原 慎太郎, 荒木 文明, 小山田 耕二, 松岡 大祐, 石川 洋一, 藤田 実季子, 杉本 志織, 岡田 靖子, 川添 祥, 渡辺 真吾, 石井 正好, 水田 亮, 村田 昭彦, 川瀬 宏明. 大規模アンサンブル気候データの効率的な解析に向けたコンテンツベース検索システム. 日本気象学会2019年度秋季大会, 2019
  • Daisuke Matsuoka, Shiori Sugimoto, Yujin Nakagawa, Fumiaki Araki, Shintaro Kawahara,Yosuke Onoue, Masaaki Iiyama, Koji Koyamada. Automatic detection of weather front around Japan using deep convolutional neural network. 日本地球惑星科学連合2019年大会, 2019
  • Daisuke Matsuoka, Masuo Nakano, Daisuke Sugiyama, Seiichi Uchida. Classification with imbalanced cloud data using deep convolutional neural network. 日本地球惑星科学連合2019年大会, 2019
  • 中川友進、川原慎太郎、荒木文明、松岡大祐、石川洋一、藤田実季子、杉本志織、岡田靖子、川添祥、渡辺真吾、石井正好、水田亮、村田昭彦、川瀬宏明. 大規模アンサンブル気候データの効率的な解析に向けたコンテンツベース検索システム. JpGU 2019, 2019
  • Yujin Nakagawa, Shintaro Kawahara, Fumiaki Araki, Daisuke Matsuoka, Yoichi Ishikawa, Mikiko Fujita, Shiori Sugimoto, Yasuko Okada, Sho Kawazoe, Shingo Watanabe, Masayoshi Ishii, Ryo Mizuta, Akihiko Murata, Hioroaki Kawase. A Content-Based Database System for Large Ensemble Future Climate Simulations. AGU Fall Meeting 2018, 2018
  • 松岡大祐. 気象データを用いた画像認識コンペティション開催報告. 先進的可視化デバイスを用いた可視化情報の研究会2018, 2018
  • 矢野 緑里,伊藤 貴之,田中 裕介,松岡 大祐,荒木 文明, Tobias Czauderna and Kingsley Stephenes. VR空間におけるモード水領域の形状比較のための視点選択. NICOGRAPH 2018, 2018
  • 松岡 大祐, 中野 満寿男, 杉山 大祐, 内田 誠一. 畳み込みニューラルネットワークを用いた熱帯低気圧の予兆検出における性能評価. 日本気象学会2018年度秋季大会, 2018
  • 金崎 拓郎, 筆保 弘徳, 加瀬 紘熙, 松岡 大祐, 吉田 龍二. 機械学習を用いた台風検出器の開発と精度検証. 平成30年度京都大学 防災研究所共同研究集会「台風研究会」, 2018
  • 松岡 大祐, 中野 満寿男, 杉山 大祐, 内田 誠一. ディープラーニングを用いた台風の予兆検出. 平成30年度京都大学 防災研究所共同研究集会「台風研究会」, 2018
  • 矢野 緑里,伊藤 貴之,田中 裕介,松岡 大祐,荒木 文明. PCPと等値面を用いたモード水領域の3次元形状比. 第46回可視化情報シンポジウム, 2018
  • 松岡 大祐,杉山 大祐. 気象ビッグデータ解析における人工知能と可視化. 第46回可視化情報シンポジウム, 2018
  • 金崎 拓郎, 筆保 弘徳, 加瀬 紘熙, 松岡 大祐, 吉田 龍二. 機械学習を用いた台風検出器の開発. 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会, 2018, 118, 197, p. 13-18
  • 松岡 大祐, 中野 満寿男, 杉山 大祐, 内田 誠一. ディープラーニングを用いた雲解像大気シミュレーションデータからの熱帯低気圧の予兆検出. 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会, 2018, 118, 197, p. 19-20
  • Daisuke Matsuoka. Scientific Visualization of Climate Simulation Data for Deep Convolutional Neural Network. Japan Geoscience Union Meeting 2018, 2018
  • 中川友進、川原慎太郎、荒木文明、松岡大祐、石川洋一、藤田実季子、杉本志織、岡田靖子、川添祥、渡辺真吾、石井正好、水田亮、村田昭彦、川瀬宏明. SI-CAT気候実験データベースシステムの開発. JpGU 2018, 2018
  • Midori Yano, Takayuki Itoh, Yusuke Tanaka, Daisuke Matsuoka and Fumiaki Araki. A comparative 3D visualization tool for observation of mode water. The 11th IEEE Pacific Visualization Symposium (PacificVis 2018), 2018
  • 中川友進,川原慎太郎,荒木文明,松岡大祐,石川洋一,渡辺真吾. 近未来気候変動予測データベースシステムの開発. 日本気象学会2017年度秋季大会, 2017
  • 松岡 大祐. 雲解像モデルが再現する雲の抽出および分類-熱帯低気圧への応用-. 第30回数値流体力学シンポジウム, 2016
  • Daisuke Matsuoka and Kazuyoshi Oouchi. Classification and Visualization of 3D Cloud simulated by Cloud-Resolving Atmospheric General Circulation Model. 2016 International Simulation Multi-Conference (AsiaSim/SCS AutumnSim 2016), 2016
  • 松岡 大祐, 大内 和良. 雲解像大気モデルが再現する雲の3次元構造分類と可視化. 第75回CG・可視化研究会(CAVE研究会), 2016
  • 松岡大祐. 一般公開イベントにおけるシミュレーションデータ体験型コンテンツ『小ビンはどこへ!?海流シミュレーションで競争ゲーム』の開発. 第74回CG・可視化研究会(CAVE研究会), 2016
  • 松岡 大祐, 荒木 文明, 井上 由美, 佐々木 英治. 海洋大循環モデルが再現する海流と渦の抽出・追跡および可視化. 第44回可視化情報シンポジウム, 2016
  • 松岡 大祐, 荒木 文明, 井上 由美. 海洋シミュレーションデータからの特徴抽出と可視化―渦と海流の可視化―. 第73回CG・可視化研究会(CAVE研究会), 2016
  • Daisuke Matsuoka, Fumiaki Araki, Yumi Inoue and Hideharu Sasaki. A New Approach to Ocean Eddy Detection, Tracking and Event Visualization -Application to the Northwest Pacific Ocean-. International Conference on Computational Science 2016 (ICCS2016), 2016
  • Daisuke Matsuoka, Fumiaki Araki, Yumi Inoue and Hideharu Sasaki. Event Detection and Visualization of Ocean Eddies based on SSH and Velocity Field. European Geosciences Union General Assembly, 2016
  • 複数パラメータを用いたストリーム分割手法の提案. 第28回数値流体力学シンポジウム, 2014
  • 3D Visualization of Characteristic Flows in the Ocean. Workshop on Perspectives in Computational Climate Science and 7th OFES International Workshop, 2014
  • Visualization of Discriminated Vortices and Streams in the Ocean Flow Field. The 16th International Symposium on Flow Visualization (ISFV16), 2014
  • 海洋流れ場の可視化におけるストリームのマルチスケール分割手法. 第19回計算工学講演会, 2014
  • 松岡 大祐, 山下 由美, 荒木 文明, 木田 新一郎. 海洋大循環モデルで再現された流れ場の多変量可視化. 第27回数値流体力学シンポジウム, 2013
  • 海洋流れ場の可視化における渦とストリームの分割手法. 第27回数値流体力学シンポジウム, 2013
  • 松岡 大祐, 荒木 文明, 山下 由美. 高解像度地球流体シミュレーションと多変量可視化. 「新生」第7回金沢コンピュータグラフィックス談話会, 2013
  • Visualization of Ocean Vortices and Streams Separated with Boundaries. 6th OFES International Workshop and 3rd ESC-IPRC Joint Workshop on Computationally-Intensive Modeling of the Climate System, 2013
  • 松岡 大祐, 山下 由美, 荒木 文明. 多次元伝達関数の地球流体シミュレーションの可視化への応用. 可視化情報全国講演会(会津2013), 2013
  • 海洋の渦領域とストリーム領域のトポロジーによる判別およびその可視化. 可視化情報全国講演会(会津2013), 2013
  • Daisuke Matsuoka, Yumi Yamashita and Fumiaki Araki. Application of Multi-dimensional Transfer Function to Visualization of Geophysical Fluid Simulation: Case Studies. International Conference on Simulation Technology (JSST2013), 2013
  • 松岡 大祐, 荒木 文明, 山下 由美, 木田 新一郎, 佐々木 英治, 田口 文明. 海洋モデル/観測データセットのための新しい多変量可視化の提案. 2013年度日本海洋学会秋季大会, 2013
  • 松岡 大祐, 荒木 文明, 木田 新一郎, 佐々木 英治, 田口 文明. クラスタ分析を用いた海流の抽出と可視化. 日本機械学会2013年度年次大会, 2013
  • 松岡 大祐, 荒木 文明. 全球地球流体シミュレーションのための多変量可視化. 第59回CG・可視化研究会(CAVE研究会), 2013
  • 松岡 大祐, 荒木 文明, 木田 新一郎, 佐々木 英治, 田口 文明. クラスタ分析を用いた海流の抽出と可視化. 第41回可視化情報シンポジウム, 2013
  • Daisuke Matsuoka, Fumiaki Araki, Shinichiro Kida, Hideharu Sasaki and Bunmei Taguchi. Feature Extraction and Visualization for Ocean General Circulation Model via Multivariate Analysis. AOGS 10th Annual Meeting, 2013
  • 松岡 大祐, 荒木 文明, 佐々木 英治, 木田 新一郎, 田口 文明. 多次元伝達関数と多変量解析を用いた海洋大循環モデルの可視化. 第25回数値流体力学シンポジウム, 2011
  • 松岡 大祐,村田健史(情報通信研究機構) , 藤田茂(気象大学校) , 田中高史(九州大学). 地球磁気圏Global MHDシミュレーションにおけるビジュアルデータマイニング磁力線トポロジーの3次元可視化解析. 第37回可視化情報シンポジウム Vol. 29 Suppl. No. 1, 2009, p. 77-82

Poster presentation(Belonging to JAMSTEC)

  • Mitsuko Hidaka , Daisuke Matsuoka , Tatsu Kuwatani , Yukari Nakasa Kido , Junji Kaneko , Takafumi Kasaya , Eiichi Kikawa and Yoichi Ishikawa. Deep convolutional neural network approaches for the super-resolution of bathymetric maps. AGU, 2020
  • Mitsuko Hidaka, Daisuke Matsuoka, Tatsu Kuwatani, Yukari Kido, Junji Kaneko, Takafumi Kasaya, Eiichi Kikawa. Super-resolution for seafloor topography using deep convolutional neural networks. JpGU - AGU Joint Meeting 2020: Virtual, 2020
  • Yujin Nakagawa, Yosuke Onoue, Shintaro Kawahara, Fumiaki Araki, Kouji Koyamada, Daisuke Matsuoka, Yoichi Ishikawa, Mikiko Fujita, Shiori Sugimoto, Yasuko Okada, Sho Kawazoe, Shingo Watanabe, Masayoshi Ishii, Ryo Mizuta, Akihiko Murata, Hioroaki Kawase. A Content-Based Retrieval System for Conventional and Machine Learning Methods to Analyze Large Volume Climate Data. Climate Informatics 2019, 2019
  • 金崎 拓郎, 筆保 弘徳, 加瀬 紘熙, 松岡 大祐, 吉田 龍二. 機械学習を用いた台風識別器の開発と精度検証. 日本気象学会2018年度春季大会, 2018
  • Yujin Nakagawa, Shintaro Kawahara, Fumiaki Araki, Daisuke Matsuoka, Yoichi Ishikawa, Mikiko Fujita, Shiori Sugimoto, Yasuko Okada, Sho Kawazoe, Shingo Watanabe, Masayoshi Ishii, Ryo Mizuta, Akihiko Murata, Hioroaki Kawase. Development of a database system for near-future climate change projections under the Japanese National Project SI-CAT. AGU Fall Meeting 2017, 2017
  • 中川 友進、川原 慎太郎、荒木 文明、松岡 大祐、石川 洋一、渡辺 真吾. 近未来気候変動予測データベースシステムの開発. DIASシンポジウム2017, 2017
  • 中川友進、川原慎太郎、荒木文明、松岡大祐、石川洋一、渡辺真吾. 近未来気候変動予測データベースシステムの開発. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017
  • 流速の極大・極小点を利用した海流の境界位置の決定. NICOGRAPH 2013, 2013
  • Visualization for High-Resolution Ocean General Circulation Model via Multi-Dimensional Transfer Funciton and Multivariate Analysis. The International Conference for High PerformanceComputing, Networking, Strage and Analysis, 2012

External fund

KAKENHI (Grants-in- Aid for Scientific Research)

  • 2018-2020 基盤研究(C) 「実地形における避難行動を想定した津波被害軽減用流体素子の開発から検証まで」 機構代表の分担者
  • 2016-2018 挑戦的萌芽研究 「大気・海洋シミュレーションのための超高時間分解能特徴追跡とイベント可視化」 機関代表者
  • 2014-2017 若手研究(A) 「地球流体シミュレーションのための多変量データ可視化手法の開発とその応用」 機関代表者
  • 2012-2013 挑戦的萌芽研究 「多次元伝達関数と多変量解析を用いた高解像度海洋大循環モデルのデータ可視化」 機関代表者

Commissioned Research

  • 2021-2021 戦略的創造研究推進事業 CREST  「機械学習を用いた非地形性重力波のダウンスケーリング」 代表者
  • 2018-2019 未来社会創造事業 探索加速型  「自然と調和する自律制御社会のための気象情報インフラ構築」 参加者
  • 2018-2019 未来社会創造事業 探索加速型  「自然と調和する自律制御社会のための気象情報インフラ構築」 参加者
  • 2017-2021 戦略的創造研究推進事業 さきがけ  「気象ビッグデータからの極端現象発生予測 ~台風のタマゴ発見から豪雨予測まで~」 代表者
  • 2016-2017 JST受託 研究成果最適展開支援プログラムASTEP NexTEP-Bタイプ 「統合可視化システムのオープンサイエンス基盤」 代表者
  • 2015-2019 文部科学省系受託 地球観測技術等調査観測委託事業 気候変動適応技術社会実装プログラム 「気候変動適応技術社会実装プログラム(信頼度の高い近未来予測技術の開発及び超高解像度ダウンスケーリング技術の開発)」 参加者
  • 2013-2021 革新的イノベーション創出プログラム(COI)  「「水」大循環をベースとした持続的な「水・人間環境」の構築」 参加者

Concurrent post

  • 2019/10/01-2021/03/31 国立研究開発法人科学技術振興機構 研究者
  • 2016/09/01-2018/08/31 一般社団法人日本計算工業会 計算工学講演会実行委員
  • 2016/06/01-2017/05/31 一般社団法人可視化情報学会 ビジュアリゼーションカンファレンス&可視化文化フォーラム実行委員会実行委員
  • 2016/06/01-2017/05/31 一般社団法人可視化情報学会 学会誌編集委員幹事
  • 2016/06/01-2017/05/31 一般社団法人可視化情報学会 理事
  • 2015/06/27 埼玉工業大学 2015埼玉工業大学公開講座講師
  • 2015/04/01-2016/03/31 国立大学法人東京工業大学大学院情報理工学研究科 国立大学法人東京工業大学 客員准教授
  • 2014/02/06 防衛省海上幕僚監部防衛部 講師
  • 2013/11/05 周防大島町立東和中学校 講師
  • 2012/07/24-2013/10/31 一般社団法人可視化情報学会 一般社団法人可視化情報学会「第24期(平成24年度)第41回可視化情報シンポジウム実行委員会委員」

Contributions

  • 2020/09-2020/10 令和3年度科研費公募 相談員
  • 2019/04-2020/03 令和2年度科研費公募 相談員
  • 2018/04-2019/04 平成31年度科研費公募 相談員
  • 2017/04-2018/03 平成30年度科研費公募 相談員
  • 2015/04-2016/03 平成28年度科研費公募 相談員
  • 2014/12 “北西太平洋の微小な渦が海洋循環へ与える影響を解明” プレスリリースの画像・動画作成、JAMSTEC Web今週の一枚への画像提供およびJAMSTEC Channel (YouTube)への動画提供
  • 2014/08 一般社団法人機械学会流体工学部門主催 第20回流れのふしぎ展 特別講演 松岡 大祐, “海や空の不思議な流れ”
  • 2014/07-2015/07 可視化情報学会 第43回可視化情報シンポジウム実行委員会 委員(幹事)
  • 2014/07-2015/07 可視化情報学会 企画委員会 委員(幹事)
  • 2014/07-2015/07 可視化情報学会 学会誌編集小委員会 委員(第26期)
  • 2014/06-2015/06 第20回計算工学講演会 実行委員会 委員(グラフィクスアワード副主査)
  • 2014/04-2014/10 Communications in Computer and Information Science 474 (Springer), Program committee
  • 2014/04 “熱帯域におけるマッデン・ジュリアン振動の1ヵ月予測が実現可能であることを実証” プレスリリース画像・動画作成
  • 2013/12-2014/12 可視化情報学会 第20回ビジュアリゼーションカンファレンス実行委員会 委員
  • 2013/09-2013/12 可視化情報学会 第19回ビジュアリゼーションカンファレンス実行委員会 委員
  • 2013/09 JAMSTECオリジナルカレンダー2014への画像提供 “大気と海洋の全球シミュレーション”
  • 2013/07-2014/07 可視化情報学会 第42回可視化情報シンポジウム, オーガナイザー(アートセッション、学生プレゼンテーションセッション)
  • 2013/07-2014/07 可視化情報学会 第42回可視化情報シンポジウム実行委員会 委員
  • 2013/07-2014/07 可視化情報学会 学会誌編集小委員会 委員(第25期)
  • 2013/06 計算工学会 第19回計算工学講演会実行委員会 委員
  • 2013/04-2014/03 科学技術団体連合主催 「科学技術の「美」パネル展」における巡回展示 “スーパーコンピュータで再現した雲と大気の流れ”
  • 2013/01-2014/01 IEEE Pacific Visualization 2014, Reviewer
  • 2012/09-2013/09 International Conference on Simulation Technology (JSST2013), Reviewer
  • 2012/09 JAMSTECオリジナルカレンダー2013への画像提供 “全球雲解像モデルNICAMによって再現された雲と大気下層の流れ”
  • 2012/07-2013/07 可視化情報学会 第41回可視化情報シンポジウム, オーガナイザー(アートセッション、学生プレゼンテーションセッション)
  • 2012/07-2013/07 可視化情報学会 第41回可視化情報シンポジウム実行委員会 委員
  • 2012/01-2013/01 IEEE Pacific Visualization 2013, Reviewer
  • 2011/11 JAMSTECオリジナルカレンダー2012への画像提供 “日本周辺の海の流れ”
  • 2011/04-2012/03 科学技術団体連合 「科学技術の「美」パネル展」における巡回展示 “日本周辺の海の流れ”
  • 2010/04-2011/03 科学技術団体連合 「科学技術の「美」パネル展」における巡回展示 “地球磁気圏の複雑な磁場構造”

Supervising

Research Student

  • 2021/10/01-2021/10/21
  • 2021/09/06-2021/10/08
  • 2021/09/01-2021/09/30
  • 2021/05/17-2022/03/31
  • 2019/04/01-2020/03/31
  • 2018/10/15-2019/03/31
  • 2018/04/01-2019/02/28
  • 2018/04/01-2019/02/28
  • 2018/01/04-2018/03/31
  • 2018/01/04-2018/03/31
  • 2016/09/12-2017/03/31