JAMSTEC > JAMSTEC研究者総覧 > 吉田 晶樹

JAMSTEC研究者総覧

更新日:2022/06/15

  • 吉田 晶樹
  • ヨシダ マサキ
所属
海域地震火山部門 火山・地球内部研究センター 固体地球データ科学研究グループ
キャリア
主任研究員

プロフィール

専門
地球物理学
外部参照
https://yoshida-geophys.jp/

研究業績

査読有り(JAMSTECでの成果)

  • Masaki Yoshida, Kazunori Yoshizawa. Continental drift with deep cratonic roots. Annual Review of Earth and Planetary Sciences, 2021, 49, p. 117-139, doi: 10.1146/annurev-earth-091620-113028
  • Masaki Yoshida, Saneatsu Saito, Kazunori Yoshizawa. Dynamics of continental lithosphere extension and passive continental rifting from numerical experiments of visco-elasto-plastic thermo-chemical convection in 2-D Cartesian geometry. TECTONOPHYSICS, 2020, 796, doi: 10.1016/j.tecto.2020.228659
  • Masaki Yoshida, Saneatsu Saito, Kazunori Yoshizawa. Possible tectonic patterns along the eastern margin of Gondwanaland from numerical studies of mantle convection. TECTONOPHYSICS, 2020, 787, doi: 10.1016/j.tecto.2020.228476
  • Masaki Yoshida, M. Santosh. Energetics of the Solid Earth: An integrated perspective. Energy Geoscience, 2020, 1, 1-2, p. 28-35, doi: 10.1016/j.engeos.2020.04.001
  • Masaki Yoshida. Influence of convection regimes of two-layer thermal convection with large viscosity contrast on the thermal and mechanical states at the interface of the two layers: Implications for dynamics in the present-day and past Earth. PHYSICS OF FLUIDS, 2019, 31, 10, doi: 10.1063/1.5119753
  • Ronghua Cui, Jian Fang, Masaki Yoshida, Ming Chen. Modeling long-wavelength geoid anomalies from instantaneous mantle flow: Results from two recent tomography models. PURE AND APPLIED GEOPHYSICS, 2019, 176, 10, p. 4335-4348, doi: 10.1007/s00024-019-02215-2
  • Masaki Yoshida. On mantle drag force for the formation of a next supercontinent as estimated from a numerical simulation model of global mantle convection. TERRA NOVA, 2019, 31, 2, p. 135-149, doi: 10.1111/ter.12380
  • Hikaru iwamori, Hitomi Nakamura, Masaki Yoshida, Nakagawa Takashi, Kenata Ueki, Atsushi Nakao, Tatsuji Nishizawa, Satoru Haraguchi. Trace-element characteristics of east-west mantle geochemical hemispheres. COMPTES RENDUS GEOSCIENCE, 2018, doi: 10.1016/j.crte.2018.09.007
  • Masaki Yoshida. Dynamics of three-layer convection in a two-dimensional spherical domain with a growing innermost layer: Implications for whole solid-earth dynamics. PHYSICS OF FLUIDS, 2018, 30, 9, doi: 10.1063/1.5049703
  • Masaki Yoshida, M. Santosh. Voyage of the Indian subcontinent since Pangea breakup and driving force of supercontinent cycles: Insights on dynamics from numerical modeling. Geoscience Frontiers, 2018, 9, 5, p. 1279-1292, doi: 10.1016/j.gsf.2017.09.001
  • Masaki Yoshida, Hikaru Iwamori, Yozo Hamano, Daisuke Suetsugu. Heat transport and coupling modes in Rayleigh-Benard convection occurring between two layers with largely different viscosities. PHYSICS OF FLUIDS, 2017, 29, 9, doi: 10.1063/1.4989592
  • Masaki Yoshida. Re-evaluation of the regional tectonic stress fields and faulting regimes in central Kyushu, Japan, behind the 2016 Mw 7.0 Kumamoto Earthquake. TECTONOPHYSICS, 2017, 712-713, p. 95-100, doi: 10.1016/j.tecto.2017.05.011
  • Masaki Yoshida. On approximations of the basic equations of terrestrial mantle convection used in published literature. PHYSICS OF THE EARTH AND PLANETARY INTERIORS, 2017, 268, p. 11-17, doi: 10.1016/j.pepi.2017.05.006
  • Masaki Yoshida. Trench dynamics: Effects of dynamically migrating trench on subducting slab morphology and characteristics of subduction zones systems. PHYSICS OF THE EARTH AND PLANETARY INTERIORS, 2017, 268, p. 35-53, doi: 10.1016/j.pepi.2017.05.004
  • Masaki Yoshida and Yozo Hamano. Numerical studies on the dynamics of two-layer Rayleigh-Benard convection with an infinite Prandtl number and large viscosity contrasts. Physics of Fluids, 2016, 28, 11, p. 116601, doi: 10.1063/1.4966685
  • Masaki Yoshida. Formation of a future supercontinent through plate motion-driven flow coupled with mantle downwelling flow. Geology, 2016, 44, 9, p. 755-758, doi: 10.1130/G38025.1
  • 吉田 晶樹. プレート運動と大陸移動の原動力―再考. 地質学雑誌, 2015, 121, 12, p. 429-445, doi: doi:10.5575/geosoc.2015.0031
  • Claudia Adam, Scott D. King, Valerie Vidal, Michel Rabinowicz, Andre Jalobeanu, Masaki Yoshida. Variation of the subsidence parameters, effective thermal conductivity, and mantle dynamics. Earth and Planetary Science Letters, 2015, 426, p. 130-142, doi: 10.1016/j.epsl.2015.06.025
  • Masaki Yoshida, Yozo Hamano. Pangea breakup and northward drift of the Indian subcontinent reproduced by a numerical model of mantle convection. Scientific Reports, 2015, 5, p. 8407, doi: doi:10.1038/srep08407
  • Fumiko Tajima, Masaki Yoshida, Eiji Ohtani. Conjecture with water and rheological control for subducting slab in the mantle transition zone. Geoscience Frontiers, 2015, 6, 1, p. 79-93, doi: 10.1016/j.gsf.2013.12.005
  • Masaki Yoshida. Effects of various lithospheric yield stresses and different mantle-heating modes on the breakup of the Pangea supercontinent. Geophysical Research Letters, 2014, 41, 9, p. 3060-3067, doi: doi:10.1002/2014GL060023
  • Masaki Yoshida. A new conceptual model for whole mantle convection and the origin of hotspot plumes. Journal of Geodynamics, 2014, 78, p. 32-41, doi: doi:10.1016/j.jog.2014.04.004
  • Claudia Adam, Masaki Yoshida, Daisuke Suetsugu, Yoshio Fukao, Cecilia Cadio. Geodynamic modeling of the South Pacific superswell. Physics of the Earth and Planetary Interiors, 2014, 229, p. 24-39, doi: 10.1016/j.pepi.2013.12.014
  • Masaki Yoshida, M. Santosh. Mantle convection modeling of the supercontinent cycle: Introversion, extroversion, or a combination?. Geoscience Frontiers, 2014, 5, 1, p. 77-81, doi: 10.1016/j.gsf.2013.06.002
  • Masaki Yoshida. The role of harzburgite layers in the morphology of subducting plates and the behavior of oceanic crustal layers. Geophysical Research Letters, 2013, 40, 20, p. 5387-5392, doi: 10.1002/2013GL057578
  • Masaki Yoshida. Three-dimensional visualization of numerically simulated, present-day global mantle flow. Journal of Visualization, 2013, 16, 2, p. 163-171, doi: 10.1007/s12650-013-0160-7
  • Masaki Yoshida. Mantle temperature under drifting deformable continents during the supercontinent cycle. Geophysical Research Letters, 2013, 40, 4, p. 681-686, doi: doi:10.1002/grl.50151
  • Claudia Adam, Pedro Madureira, Jorge M. Miranda, Nuno Lourenco, Masaki Yoshida, Delphine Fitzenz. Mantle dynamics and characteristics of the Azores plateau. Earth and Planetary Science Letters, 2013, 362, p. 258-271, doi: 10.1016/j.epsl.2012.11.014
  • Masaki Yoshida. Plume's buoyancy and heat fluxes from the deep mantle estimated by an instantaneous mantle flow simulation based on the S40RTS global seismic tomography model. Physics of the Earth and Planetary Interiors, 2012, 210-211, p. 63-74, doi: 10.1016/j.pepi.2012.08.006
  • Masaki Yoshida, Fumiko Tajima, Satoru Honda, Manabu Morishige. The 3D numerical modeling of subduction dynamics: Plate stagnation and segmentation, and crustal advection in the wet mantle transition zone. Journal of Geophysical Research - Solid Earth, 2012, 117, B4, p. B04104, doi: 10.1029/2011JB008989
  • Masaki Yoshida. Dynamic role of the rheological contrast between cratonic and oceanic lithospheres in the longevity of cratonic lithosphere: A three-dimensional numerical study. Tectonophysics, 2012, 532-535, p. 156-166, doi: 10.1016/j.tecto.2012.01.029
  • Masaki Yoshida, M. Santosh. Future supercontinent assembled in the northern hemisphere. Terra Nova, 2011, 23, 5, p. 333-338, doi: 10.1111/j.1365-3121.2011.01018.x
  • Masaki Yoshida, M. Santosh. Supercontinents, mantle dynamics and plate tectonics: A perspective based on conceptual vs. numerical models. Earth-Science Reviews, 2011, 105, 1-2, p. 1-24
  • Claudia Adam, Masaki Yoshida, Takehi Isse, Daisuke Suetsugu, Yoshio Fukao, Guilhem Barruol. South Pacific hotspot swells dynamically supported by mantle flows. Geophys. Res. Lett., 2010, 37, L08302, doi: 10.1029/2010GL042534
  • Masaki Yoshida. Preliminary three-dimensional model of mantle convection with deformable, mobile continental lithosphere. Earth Planet. Sci. Lett., 2010, 295, 1-2, p. 205-218
  • Manabu Morishige, Satoru Honda, Masaki Yoshida. Possibility of hot anomaly in the sub-slab mantle as an origin of low seismic velocity anomaly under the subducting Pacific plate. Phys. Earth Planet. Inter., 2010, 183, 1-2, p. 353-365
  • Masaki Yoshida. Temporal evolution of the stress state in a supercontinent during mantle reorganization. Geophys. J. Int., 2010, 180, 1, p. 1-22
  • Masaki Yoshida, Tomoeki Nakakuki. Effects on the long-wavelength geoid anomaly of lateral viscosity variations caused by stiff subducting slabs, weak plate margins and lower mantle rheology. Phys. Earth Planet. Inter., 2009, 172, 3-4, p. 278-288
  • Masaki Yoshida. Mantle convection with longest-wavelength thermal heterogeneity in a 3-D spherical model: Degree one or two?. Geophys. Res. Lett., 2008, 35, L23303, doi: 10.1029/2008GL036059
  • Masaki Yoshida. Core-mantle boundary topography estimated from numerical simulations of instantaneous mantle flow. Geochem. Geophys. Geosyst., 2008, 9, Q07002, doi: 10.1029/2008GC002008
  • Masaki Yoshida, Akira Kageyama. Low-degree mantle convection with strongly temperature- and depth-dependent viscosity in a three-dimensional spherical shell. J. Geophys. Res., 2006, 111, B3, doi: 10.1029/2005JB003905
  • Akira Kageyama, Masaki Yoshida. Geodynamo and mantle convection simulations on the Earth Simulator using the Yin-Yang grid. Journal of Physics: Conference Series, 2005, 16, 1, p. 325-338
  • Masaki Yoshida, Masaki Ogawa. Plume heat flow in a numerical model of mantle convection with moving plates. Earth Planet. Sci. Lett., 2005, 239, 3-4, p. 276-285
  • Akira Kageyama, Masaki Yoshida. Geodynamo and mantle convection simulations on the Earth Simulator using the Yin-Yang grid. Journal of Physics, 2005, 16, p. 325-338
  • Akira Kageyama, Masanori Kameyama, Satoru Fujihara, Masaki Yoshida, Mamoru Hyodo, Yoshinori Tsuda. A 15.2 TFlops Simulation of Geodynamo on the Earth Simulator. 2004 ACM/IEEE Supercomputing Conference (SC2004), 2004, doi: 10.1109/SC.2004.1
  • Masaki Yoshida, Masaki Ogawa. The role of hot uprising plumes in the initiation of plate-like regime of three-dimensional mantle convection. Geophys. Res. Lett., 2004, 31, 5, doi: 10.1029/2003GL017376
  • Masaki Yoshida, Akira Kageyama. Application of the Yin-Yang grid to a thermal convection of a Boussinesq fluid with infinite Prandtl number in a three-dimensional spherical shell. Geophys. Res. Lett., 2004, 31, 12, doi: 10.1029/2004GL019970
  • Tetsuzo Seno, Masaki Yoshida. Where and why do large shallow intraslab earthquakes occur?. Phys. Earth Planet. Inter., 2004, 141, 3, p. 183-206
  • Masaki Yoshida. Possible effects of lateral viscosity variations induced by plate-tectonic mechanism on geoid inferred from numerical models of mantle convection. Phys. Earth Planet. Inter., 2004, 147, 1, p. 67-85
  • Masaki Yoshida. Influence of two major phase transitions on mantle convection with moving and subducting plates. Earth Planets Space, 2004, 56, 11, p. 1019-1033
  • Masaki Yoshida, Satoru Honda, Motoyuki Kido, Yasuyuki Iwase. Numerical simulation for the prediction of the plate motions: Effects of lateral viscosity variations in the lithosphere. Earth Planets Space, 2001, 53, 7, p. 709-721
  • Satoru Honda, Masaki Yoshida, Sakie Ootorii, Yasuyuki Iwase. The timescales of plume generation caused by continental aggregation, Earth and Planetary Science Letters. Earth Planet. Sci. Lett., 2000, 176, 1, p. 31-43
  • Masaki Yoshida, Yasuyuki Iwase, Satoru Honda. Generation of plumes under a localized high viscosity lid on 3-D spherical shell convection. Geophys. Res. Lett., 1999, 26, 7, p. 947-950

査読無し(JAMSTECでの成果)

  • 吉田 晶樹. プレートテクトニクス50年のいま. 『パリティ』,丸善出版, 2018, 34, 1, p. 59-61
  • 吉田 晶樹. 大陸とプレートを動かす力とは何か──大陸移動説“完成”から100年目で分かっていること. 科学, 2015, 85, 7, p. 692-704
  • 本多 了, 吉田 晶樹, 岩瀬 康行, 中久喜 伴益. 大陸の熱遮蔽効果によるプルーム発生. 月刊地球, 2001, 23, 7, p. 507-510

図書(JAMSTECでの成果)

  • 吉田 晶樹. 流体力学( 『ジオダイナミクス 原著第3版』, Donald Turcotte, Gerald Schubert著, 木下 正高監訳, 第6章分担訳). 共立出版, 2020
  • 吉田 晶樹. マントル対流、プレートテクトニクス、大陸集合・分裂(『カラー図解 地球科学入門 地球の観察―地質・地形・地球史を読み解く』, 平 朝彦, 海洋研究開発機構 著, 第7章コラム20執筆). 講談社, 2020
  • 吉田晶樹. 超大陸の形成とウィルソンサイクル. 『図説 地球科学の事典』,朝倉書店, 2018, p. 38-39
  • 吉田晶樹. 地球史46億年をさかのぼる. 『Newton別冊 地球と生命 46億年のパノラマ』, 2016
  • 吉田 晶樹. 地球はどうしてできたのか―マントル対流と超大陸の謎. 講談社, 2014

外部資金獲得

科研費

  • 2022-2024 基盤研究(C) 「超大陸サイクルが数億年から数千万年スケールの海水準変動に及ぼす影響の定量的理解」 機関代表者
  • 2020-2023 基盤研究(A) 「プレートテクトニクスを始める力学条件の新展開」 他機関分担者
  • 2018-2020 基盤研究(C) 「数値シミュレーションによるゴンドワナ大陸東縁での大陸分裂のメカニズムの解明」 機関代表者
  • 2014-2016 基盤研究(A) 「マントル組成半球構造のキャラクタリゼーションと成因解明」 機構代表の分担者
  • 2014-2015 挑戦的萌芽研究 「対流するマントルと外核を一つの系として扱う新しい数値シミュレーションモデルの開発」 機関代表者
  • 2011-2013 基盤研究(B) 「数値モデルを用いた超大陸サイクルとマントル対流の熱的・力学的相互作用の解明」 機関代表者

民間助成金

  • 2018-2019 公益財団法人 三菱財団 民間助成金 三菱財団自然科学研究助成  「内核成長に伴うコア最上部の流れの時空間変化に着目した地球磁場逆転の原因解明-全地球数値実験による試み」 代表者

兼業兼職

  • 2021/11/01-2022/10/31 独立行政法人日本学術振興会 2段階書面審査 審査委員
  • 2020/12/01-2021/11/30 独立行政法人日本学術振興会 2段階書面審査 審査委員
  • 2014/12/01-2015/11/30 独立行政法人日本学術振興会 委員
  • 2013/12/01-2014/11/30 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2011/04/01-2012/03/31 東京大学地震研究所 准教授

共同利用

  • 2021/04/01-2022/03/31 東京大学地震研究所 2021-4 東京大学地震研究所共同利用(特定共同研究(A)) 「地球深部の構造とダイナミクス」
  • 2021/04/01-2022/03/31 国立遺伝学研究所 2021-1 国立遺伝学研究所共同研究・研究会(研究会) 「流れと澱みを語る会2021」
  • 2020/04/01-2021/03/31 東京大学地震研究所 2020-4 東京大学地震研究所共同利用(特定共同研究(A)) 「地球深部の構造とダイナミクス」
  • 2020/04/01-2021/03/31 国立遺伝学研究所 2020-1 国立遺伝学研究所共同研究・研究会(研究会) 「流れと澱みを語る会2020」
  • 2019/04/01-2020/03/31 国立遺伝学研究所 2019-4 国立遺伝学研究所共同研究・研究会 「流れと澱みを語る会2019」
  • 2018/04/01-2019/03/31 国立遺伝学研究所 2018-1 国立遺伝学研究所共同研究・研究会 「流れと澱みを語る会2018」
  • 2015/04/01-2016/03/31 東京大学地震研究所 2015-1 東京大学地震研究所共同利用・研究集会 「地震研究所共同利用研究集会:「沈み込み帯」」
  • 2011/04/01-2012/03/31 東京大学地震研究所 2011-1 東京大学地震研究所共同利用・研究集会 「アセノスフェアとマントルダイナミクス」

機構内外貢献

  • 2020/05-2022/05 一般社団法人日本地質学会 全国区代議員
  • 2018/02 国立研究開発法人 科学技術振興機構 平成29年度日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン) 講義
  • 2017/03 横浜研究所 208回公開セミナー「スーパーコンピュータで壮大な地球の動きを再現する!~厚くて熱いマントルの活動とプレート運動との関係~」
  • 2016/05-2022/03 『Geoscience Frontiers』誌 (エルゼビア社) 編集委員
  • 2015/04-2022/03 『Scientific Reports』誌 (ネイチャー出版グループ) 編集委員
  • 2014/12-2015/11 (独)日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員(平成27年度科学研究費助成事業(基盤研究等)の第1段審査委員)
  • 2013/12-2014/11 (独)日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員(平成26年度科学研究費助成事業(基盤研究等)の第1段審査委員)
  • 2013/04-2014/12 Geoscience Frontiers (エルゼビア・ベーフェー) 客員編集委員

研究指導

外来研究員

  • 2020/04/01-2020/11/30
  • 2019/10/01-2020/03/31
  • 2019/04/01-2019/09/30
  • 2018/05/01-2019/03/31

研究生

  • 2020/07/20-2021/03/31
  • 2019/05/07-2020/03/31
  • 2018/12/05-2019/03/31
  • 2017/04/01-2018/03/31
  • 2016/05/24-2017/03/31
  • 2015/10/20-2016/03/31

報道取材

新聞

  • 2018/12/12 建通新聞社 「免震構造協会創立25周年フォーラムの概要について」
  • 2018/12/05 日刊建設工業新聞 「日本の未来をつくる観点から取り組み紹介 免震構造協会創立25周年フォーラム」
  • 2018/09/11 共同通信社 「北海道胆振東部地震について」
  • 2018/04/04 産経新聞 「万象」
  • 2017/11/18 河北新聞夕刊 「話したくなる科学の話7 長い年月かけて大陸移動」
  • 2017/09/20 読売新聞 「サイエンスView「消えた7番目の大陸」」
  • 2017/08/20 東京新聞 「大図解シリーズ 「未知への挑戦 マントル掘削(No.1316)」」
  • 2017/01/16 The Express Tribune 「This is what the Earth will look like in 250 million years」
  • 2017/01/13 iTech Post 「Everything You Need To Know About The Earth's Future Mega Continent: 'Amasia'」
  • 2017/01/13 WELT und N24 「Amasia wird der nachste Superkontinent unserer Erde」
  • 2017/01/13 Daily Mail 「What Earth will look like in 250 million years: Simulations show new MEGACONTINENT called Amasia」
  • 2016/12/22 朝日新聞 「科学欄 「核のごみ 近付く地層処分」」
  • 2016/10/27 産経新聞 「科学技術「美しき瞬間」」
  • 2016/08/25 教育新聞 「超大陸アメイジアが誕生 2億5千万年後までに シミュレートで明らかに JAMSTEC」
  • 2016/08/24 科学新聞 「約2億5000万年後 北半球に超大陸:JAMSTEC マントル対流シミュレーションで予測」
  • 2016/08/17 毎日新聞(大阪版) 「2.5億年後は『超大陸』に 海洋研究開発機構」
  • 2016/08/15 毎日新聞 「2.5億年後の地球 大陸合体 海洋研機構が形成過程解析」
  • 2016/08/08 山陰中央新報 「未来の地球 大陸が集合 2億5千万年後 スパコン解析 海洋機構」
  • 2016/08/04 産経新聞 「未来の地球、大陸が集合 海洋機構がスパコン解析」
  • 2016/08/04 共同通信 「下記プレス発表に関する取材」
  • 2016/01/06 電気新聞 「焦点」
  • 2015/12/01 東奥小中学生新聞 「週刊Juni Juni 科学って面白い プレートの上で分裂、合体」
  • 2015/11/01 徳島新聞 「週刊 阿波っ子タイムズ 社会を開く本」
  • 2015/10/23 読売新聞 「地球の断面」
  • 2015/08/27 毎日新聞 「科学の森:「大陸移動説」提唱から100年 なお謎の多いプレート」
  • 2015/08/23 徳島新聞 「週刊 阿波っ子タイムズ 科学がわかった プレート動き分裂・合体」
  • 2015/08/17 大分合同新聞 「なるほどサイエンス 大陸の移動 長時間かけ分裂、合体」
  • 2015/08/04 共同通信 「科学が分かった! 大陸の移動」
  • 2015/02/24 共同通信 「スーパーコンピューターでパンゲアの分裂から現在までの大陸移動を再現し、その原動力を解明―ヒマラヤ山脈はマントルのコールドプルームが作った!―」
  • 2015/02/09 報道各社 「スーパーコンピューターでパンゲアの分裂から現在までの大陸移動を再現し、その原動力を解明―ヒマラヤ山脈はマントルのコールドプルームが作った!―」
  • 2006/11/24 朝日新聞 「プレートのゆくえ」

テレビ

  • 2021/04/29 NHK BSプレミアム『コズミックフロント』 「“水惑星”地球 大地創造のヒミツに迫れ!」
  • 2021/01/01 NHK総合 「『NHKスペシャル』 「新春!三千万の旅 列島誕生ジオ・ジャパン」」
  • 2020/11/21 NHK BS プレミアム 「『体感!グレートネイチャーSP』, 「アフリカ うごめく大地7000kmをゆく」」
  • 2020/07/18 NHK BS4K 「『NHKスペシャル』 「列島誕生 ジオ・ジャパン2 ドキュメント 列島誕生 ジオ・ジャパン(1)『大海原への旅立ち』」」
  • 2020/01/09 NHK 「『体感!グレートネイチャー』 地球未来図!南海 きらめきの絶景! ~フィリピン~」
  • 2020/01/08 日本テレビ 「『頭脳王』で出題するコロンビア超大陸について」
  • 2018/12/25 NHK-BS 「『グレートネーチャー』 スリランカの大陸移動について」
  • 2018/12/13 日本テレビ 「「最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王」で出題する「ヌーナ大陸」について」
  • 2018/11/30 日本テレビ 「ゴンドワナ大陸とギアナ高地について」
  • 2018/11/12 NHK-BS 「ラオス洞窟探検番組」
  • 2018/11/08 NHK 「「マントル対流・大陸移動シミュレーション」について」
  • 2018/04/07 関西テレビ 「「NMBとまなぶくん」 世界はこうして出来た!かんたん地理講座」
  • 2017/10/11 NHK 「『コズミックフロント☆NEXT』 地球ミステリー(1) 超大陸と大量絶滅」
  • 2017/09/20 テレビ朝日(Abema TV) 「AbemaPrime 人類未踏の領域!日本の船がマントルの直接掘削に挑戦」
  • 2017/07/23 NHK 「NHKスペシャル「列島誕生 ジオ・ジャパン」 第1集「奇跡の島はこうして生まれた」」
  • 2016/02/15 NHK 「『ダーウィンが来た!』」
  • 2016/02/10 NHK 「NHKスペシャル「巨大水中洞窟を潜る絶景 オルダ“水の宇宙”」」
  • 2015/10/29 NHK 「『コズミックフロント』 地球と宇宙の未来」
  • 2015/10/27 NHK 「NHKスペシャル 「ジオ・ジャパン」」
  • 2012/02/07 フジテレビ 「『土曜プレミアム 池上彰スペシャル 世界が変わった日~あの震災から1年~』」

雑誌・本

  • 2020/12/18 一般社団法人日本ソムリエ協会 「機関誌『Sommelier』178号記事「連載(5) ソムリエのための土壌の基本 コート・デュ・ローヌ【前編】」への図の提供及び、原稿の確認」
  • 2020/07/15 ニュートンプレス 「「ニュートン式 超図解 最強に面白い!! 地球46億年」への図の提供および、原稿の確認」
  • 2020/06/03 一般社団法人日本ソムリエ協会 「機関誌『Sommelier』174号記事「連載(2) ソムリエのための土壌の基本 ブルゴーニュ コートドールの成り立ち」への図の提供及び、原稿の確認」
  • 2020/03/05 数研出版 「高等学校用理科教科書『地学基礎』 「インド大陸の衝突とヒマラヤ山脈の形成」」
  • 2020/02/19 株式会社ニュートンプレス 「『Newton』2020年5月号 Topic「失われた大陸の謎」」
  • 2019/07/30 誠文堂新光社 「佐藤 勝彦編, 『宇宙の終わりってどうなるの? 超図解! 宇宙のしくみと最新宇宙論がよくわかる』」
  • 2017/11/02 Scholastic classroom magazines 「Shifting continents」
  • 2017/08/26 宝島社 「NHKスペシャル 列島誕生 ジオ・ジャパン 激動の日本列島 誕生の物語」
  • 2017/07/03 JAMSTEC広報部 「『海と地球の情報誌 Blue Earth』151号 特集「外核・マントル対流と環境変動」」
  • 2017/06/14 New Scientist 「The next supercontinent: Four ways Earth could reshape itself」
  • 2017/01/12 Science News 「Evidence falls into place for once and future supercontinents」
  • 2016/09/01 (株)日経サイエンス 「『日経サイエンス』2016年11月号  NEWS SCAN 国内ウオッチ「2億5000万年後の超大陸」」
  • 2016/08/31 数研出版 「『視覚でとらえるフォトサイエンス 地学図録』」
  • 2015/12/10 啓林館 「『理数啓林』12号 クロスコンセプト特集 理科編 火山の噴火や地震はなぜ起こる? ―災害と子どもたちの生活―」
  • 2015/12/03 ニュートンプレス 「『Newton別冊 地球と生命 46億年のパノラマ』」
  • 2015/06/11 JAMSTEC広報部 「『Blue Earth』139号 ちきゅう10周年記念特集号」
  • 2015/04/07 ニュートンプレス 「『Newton』2015年7月号 Newton Special 地球と生命 46億年をさかのぼる旅」
  • 2015/03/05 岩波書店 「『科学』2015年7月号 大陸とプレートを動かす力とは何か」
  • 2015/03/03 ニュートンプレス 「スパコンで大陸移動の再現に成功」
  • 2014/11/10 朝日新聞出版 「朝日新聞出版分冊百科シリーズ 『地球46億年の旅』48号」
  • 2013/08/14 宝島社 「『眠れなくなる未来の宇宙のはなし(仮題)』」
  • 2011/09/03 New Scientist 「The next Pangaea will have pieces missing」
  • 2010/11/25 JAMSTEC広報部 「『Blue Earth』111号 理科からつながる研究最前線」

インターネット

  • 2021/05/05 The European Geosciences Union (EGU) blogs 「Whole solid-Earth numerical simulation: Toward an understanding of mantle-core interactive dynamics」
  • 2020/09/01 朝日新聞GLOBE+ 「オーストラリア大陸がゴンドワナ大陸から切り離された時期について」
  • 2017/02/14 @niftyニュース 「21世紀版大陸移動説(下):まだまだ謎が…地球内奥に潜む未知なるパワー源」
  • 2017/02/14 THE PAGE 「21世紀版大陸移動説(下):まだまだ謎が…地球内奥に潜む未知なるパワー源」
  • 2015/02/15 ハフィントンポスト 「大陸移動の原動力はマントル対流を実証」
  • 2015/02/13 科学技術振興機構サイエンスポータル 「大陸移動の原動力はマントル対流を実証」
  • 2014/05/08 www.mantleplumes.org (イギリス・ダーラム大学) 「Effects of lithospheric yield stresses and mantle-heating modes on Pangea breakup」
  • 2012/03/29 科学技術振興機構サイエンスポータル 「地球のマントル、地下深くの流れ」

DVD等映像制作

  • 2017/12/11 株式会社新興出版社啓林館 「高校理科指導用「地学 改訂版」教授資料用DVD」

その他

  • 2019/06/06 南紀熊野ジオパークセンター開設準備室 「南紀熊野ジオパークセンター常設展示パネル:テーマ「大地は動いている-プレートテクトニクス-」の展示コーナー「大陸移動のシュミレーション」」