トップページ > JAMSTECについて > 環境配慮への取り組み

環境配慮への取り組み

独立行政法人海洋研究開発機構における環境配慮に係る基本方針

環境基本理念
 独立行政法人海洋研究開発機構(以下「機構」という。)は、海洋や地球に関する先端的、
基盤的研究開発を通じ、「知」の探求及び蓄積に努めるとともに、地球環境の保全と人類の
生活の向上及び生命の安全確保に貢献することを活動の基本理念とします。
 その際、研究開発活動の推進のみならず日々の事業活動においても、環境への配慮を怠る
ことがないよう以下を環境配慮の基本方針といたします。
 特に、機構の研究対象が「海洋-地球」であることから、機構の活動そのものが環境保全
に対し、最大限の配慮をすることを、最優先の行動規範とします。

1. 環境保全に係る国内外の法令等の遵守と環境指針の策定と実践
「国連海洋法条約」「生物多様性条約」等の国際的な法規範を尊重し、「環境基本法」、「循環型社会形成推進基本法」「環境配慮促進法」等の関係法令を遵守するとともに、機構自ら、海洋の調査・観測活動をはじめとする各々の事業活動において、環境、安全、衛生に関する指針を策定し、実践することで、日々環境へ配慮した事業活動の推進に努めます。
2. 地球環境変動研究の推進と情報の公開
機構は、海洋を中心とした一つのシステムとして地球をとらえ、温暖化等の地球環境変動を解明するための研究開発としてさまざまな観測研究、予測研究、及び関連した技術開発等の基盤的研究開発を実施し、これらの成果等を広く国内外に発信し、我が国はもとより、国際的な環境配慮の活動の展開に貢献します。
3. 事業活動における環境負荷の低減
温室効果ガス排出規制、グリーン調達、廃棄物抑制等、事業活動における環境負荷の低減を計画的に実施し、持続可能な社会の構築に貢献します。
4. マネージメントシステムの整備とリスクマネージメントの徹底
環境、安全、衛生のための管理体制を整備、充実させ、環境影響をもたらす不測の事故を予防するための環境リスクマネージメントを徹底します。しかし、万一、事故や災害が発生した場合は、安全と衛生を第一に、環境への影響を最小限にとどめるための迅速かつ的確な対策を講じるとともに、そこで得られた教訓や知見は、「公開の原則」に則り、広く社会へ還元するよう努めます。

JAMSTECにおける環境配慮への取り組み