トップページ > JAMSTECについて > 研究船・施設・設備 > 研究船・探査機 > 「かいよう」

海洋調査船「かいよう」

「かいよう」1985年に建造され、深海飽和潜水実験「ニューシートピア計画」における海中作業実験船として、1990年まで精度のたかい水中作業を支えてきました。現在は海洋調査船として、主に海底下深部構造探査に従事しています。

ミッション

  • 深海調査曳航システム「ディープ・トウ」の潜航支援
  • 海底下深部の構造探査
  • 海底地形調査


特徴

半没水型双胴船
SWATH(スワス)型と呼ばれる半没水型双胴船です。そのため、波の影響を受けにくく、船上作業を安全かつ効率的に行うことができます。さらに作業スペースを十分に確保でき、より多くの観測実験機器を搭載することができます。
自動船位保持装置(DPS Dynamic Positioning System)
波や風、潮流によって船体が移動すると、GPSや音響トランスポンダからの情報をもとに、自動的に自船の位置を定点に保つことができます。0.3~0.5ノットでの曳航が必要な「ディープ・トウ」や海水温度や塩分測定の機器・CTDの展開、水深6,000mの海水あるいは水深各層ごとの海水採取などにDPSは威力を発揮します。
「海底地震計屈折法システム」を搭載
エアガンで人工地震波を起こし、プレート内部の各地層で屈折・反射した波を海底地震計でとらえて地下構造を解析する「海底地震計屈折法システム」を搭載しています。得られたデータを解析することで、海底下数十kmまでの地殻構造を詳細に把握することが可能です。
ニューシートピア計画
1985年に始まった潜水実験です。1988年にはダイバーによる300mの潜水実験に成功し、1990年の最終潜水実験までに潜水技術の開発と、水深300mもの厳しい条件下における海中作業技術・潜水システムを確立し、「環境圧潜水」というジャンルに大きな貢献を果たしました。

主要目

全長 61.5m
28.0m
深さ 10.6m
喫水 6.3m
国際総トン数 3,350トン
航海速力 約13ノット
航続距離 約6,200マイル
定員 60名(乗組員29名、研究者等31名)
主発電機関 ディーゼル機関 1,250kw×4基
主推進機関 誘導電動機 860kw×4基
主推進方式 可変ピッチプロペラ×2軸

特徴

半没水型双胴船であるため、波浪による船体の動揺が格段に小さいため、船上作業を効率よく、安全に実施できるとともに甲板面積が広く、作業スペースを十分にとることができ、より多くの実験観測機器を搭載することができます。 また、船上で得られたデータの分析等に必要な実験室等を4室(第1~第4ラボラトリー)有しています。

主な経歴

2009年6月 深海において水平300kmの長距離音響通信に成功
2008年2月 護衛艦「あたご」と漁船「清徳丸」衝突事故海域調査を実施
2002年2月 「ハイパードルフィン」陸揚(「なつしま」に艤装)
2000年2-4月 「ハイパードルフィン」搭載工事実施
1999年5-7月 「かいれい」とともに南海トラフにおいて巨大な海山を発見
1999年3-5月 MCSシステム搭載工事実施
1997年6月 海上気象通報優良船として気象庁長官から表彰を受ける
1993年8月 北海道南西沖地震の震源域調査を実施
1992年3月 高知県室戸沖にて「滋賀丸」を探索
1990年7月 ニューシートピア計画300m最終潜水実験を実施
1989年3月 ニューシートピア計画フェーズII 200m潜水実験を実施
1987年12月 日仏共同STARMER計画で北フィジー海盆リフト系調査においてディープ・トウにより熱水活動を発見
1985年11月 相模湾にて日航ジャンボ機尾翼調査を実施
1985年10月 海中作業実験ニューシートピア計画実海域試験を実施
1985年  竣工