トップページ > JAMSTECについて > 研究船・施設・設備 > 横須賀本部 施設・設備 > 超音波水槽装置

横須賀本部 施設・設備

超音波水槽装置

概要

  1. 水槽本体および無響装置
    材質:
    鉄筋コンクリート
    水槽寸法:
    長さ9m×幅9m×深さ9m
    無響装置:
    壁面(5面)全体に吸音材(マイヤーゴム)を装備
  2. 送受波器位置検出制御装置
    供試体の計測を行う際に、供試体の位置の制御および検出を自動、または手動で行うことができ、位置情報はデジタル表示されます。
    項目 内容
    走行ユニット スパン  9m
    速度制御 10cm/s(最大)
    位置精度 ±1cm以内
    横行ユニット 横行距離 6m
    横行速度 1cm/s
    位置精度 ±1cm以内
    昇降ユニット 取付荷重 500Kg
    昇降範囲 水面上2m・水面下4.5m
    昇降速度 1cm/s
    位置精度 ±5cm以内
    旋回ユニット 旋回角度 時計方向370°時計反方向370°
    旋回速度 3°/sより0.5°/sまで連続可能
    角度精度 ±0.5°以内
  3. 水中音響送受波器自動校正装置
    水中音響送受波及び水中音響機器の性能を把握するために必要な項目を自動的に測定することができます。
    項目 内容
    計測要目 送受波電圧感度、指向特性、周波数特性
    計測モード パルス波または連続波
    周波数範囲* 約5kHz~250kHz

利用分野

1)
水中音響用送受波器の校正および特性の計測
2)
各種海中機器の水槽試験・各種ソーナー、音響航法装置