JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > JAMSTECについて > 研究船・施設・設備 > 横須賀本部 施設・設備 > 高圧実験水槽装置

横須賀本部 施設・設備

高圧実験水槽装置

概要

  1. 設備の概要
    この設備は水深約14,000mに相当する圧力までの深海環境を再現し、各種深海機器、各種材料に対する疲労試験、耐圧試験および作動試験等の実験ができます。
    本体水槽内有効寸法    内径:約1.4m×高さ:約3m
    試験体収納カゴ有効寸法  内径:約1.2m×高さ:約2.7m
  2. 加減圧の仕様
    加圧(昇圧)速度 0.4~3MPa/min
    減圧(降圧)速度 0.4~3MPa/min
    保持(保圧)時間 0~
    加圧媒体 真水(水道水)
  3. 映像モニター装置
    実験中の水槽内映像は、圧力100MPaまでは映像モニター装置(水中カメラ)により監視され、加圧試験中の映像画面を外部に出力して、試験中の映像画面を記録することができます。
  4. 計測装置
    実験中の加減圧及び保持データは、計測装置により自動的に記録することができ、試験結果データを出力することもできます。

利用分野

1)
深海用機器の耐圧試験および作動試験
2)
各種材料等の耐圧、疲労試験