JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

20211207
トップページ > JAMSTECについて > 若手人材の育成に関する取り組み > 最前線海洋研究の「実践」を通じた若手人材育成プロジェクト

最前線海洋研究の「実践」を通じた若手人材育成プロジェクト~「深海研究のガチンコファイト」を体感せよ!~ #Episode3

「ガチンコファイト航海」第3弾、開催!

JAMSTECでは、未来の海洋科学を支えるリーダー的人材の育成を目指して、専門高等教育課程前の学生を対象に、最先端の海洋研究現場での経験および教育を提供するプロジェクトを2019年度から行っています。

2021年度の航海は、過去2年度に引き続き、有人潜水調査船「しんかい6500」による潜航調査航海を実施します。研究のプロ、調査船の運航を支えるオペレーションのプロ、そして同世代の仲間・・・そんなアツいメンバー達と共にリアルな研究現場全身全霊で体感しましょう。

始まりから終わりまで(いや終わった後も?)、ありとあらゆるモノ全て「ガチンコ」です。
この企画への参加が、貴方の人生を、未来を変えるナニカになるかもしれません。

開催にあたってBIGBOSSからのご挨拶

2021年から始まった「歓迎!国際連合御一行様」の「持続可能な開発のための海洋科学の10年」では、世界的にこういう研究を推進すべし!みたいな7つのスローガンが掲げられています。その一つに「心揺さぶる魅力的な海(inspiring and engaging ocean)」があります。世界の人々が「心揺さぶる魅力的な海」を体感するために、一現役研究者としてプロフェッショナルの究極の知と技を持ってして、「海の何が分かって何が分かっていないか」の軌跡と最高到達点を提示しつつ、そこから導かれる巨大な未知が解き明かされてゆく将来の興奮・躍動・熱狂感について、「これからはプラスティック研究でも温暖化予測でもない、深海研究です!」という新庄剛志(32)のような名言で心を鷲づかみして奥歯ガタガタいわせてみたい。そうと思っとりますとも。

しかーし。だがしかーし。松尾芭蕉(45)もこう言っとります。

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして、旅を栖とす」
(意訳:「そうだ!京都行こう!」 by JR東海)

自分で書いておいてアレなんですけど、松尾芭蕉とかJR東海はあんまり関係なかったかもしれません。要するに「百聞は一見にしかず」。どんなに魅力的なプレゼンテーション(文、写真、動画)があったとしても、やはり自分自身の全感覚で魅力的な海をリアルに体感すること以上に心揺さぶられることはないでしょう。

ましてやそれが、遊覧船やフェリーで見ることができる「美しい海や空や陸の風景」だけじゃない、そして学校での講義や野外実習といった教育プログラムでは味わうことができないガチの海洋研究調査の船上現場における「人間・組織・社会ドラマ」や「未確認深海鉱物・熱水・生物試料との第三種接近遭遇*」を伴う体験だったとしたら...。さらに、それが有人潜水調査船「しんかい6500」に乗船して自分がリアルの深海に潜航してナニカを感じる体験だったとしたら...。

それが「ガチンコファイト航海」です。

*接近遭遇とは、未確認飛行物体(UFO)やエイリアンとの目撃、接触のこと。第一種接近遭遇は対象を約150メートル以下の至近距離から目撃すること、第二種接近遭遇は対象が周囲に何かしらの影響を与えること、第三種接近遭遇は対象と接触することを指す。第九種まであるらしい。

第1回はJAMSTEC史上初めての試みだったので、実施に至るまでルールやサポートの制度や体制づくりでいろいろ大変でしたが勢いでなんとか推し切りました。第2回は資金難で実施が危ぶまれましたが、多くの方々の寄附という最強のサポートもあってなんとか実施できました。皆様本当に有り難うございました。

ガチンコファイト航海も2回実施して、認知度もその意義もJAMSTEC内外に拡がりつつあるし、第3回は制度的にも資金的にも余裕っしょ!とワタクシは楽観していたのですが、気を抜けばすぐさまいろいろ想定外の難敵キャラが登場してきやがる(笑)。それでもこの告知が出るということは「やるいうたらやるんじゃけぇ」ということですね。

第3回ガチンコファイト航海の後、2022年4月から2023年3月の期間に第4回ガチンコファイト航海の予定はありません。ワタクシもガチンコファイト航海の監督契約最終年ですので引退予定です。現体制のガチンコファイト航海はひとまず今回がラストです。もちろんこれで終わりじゃない(はず)です。それにガチンコファイト航海のためなら、ワタクシは大仁田厚(27)ばりに引退撤回・現役復帰するつもりですので、そう未来を憂うでないンゴ、諸君。

「これからは、プラスティック研究でも温暖化予測でもない、深海研究でもない、ガチンコファイト航海です!」「これからは髪色を変えずに人材育成を変えていきたい」。新庄剛志(49)のような気持ちで第3回ガチンコファイト航海に臨みます。今こそ集え!諸君。

超先鋭研究開発部門 部門長 高井 研

第2回ガチンコファイト航海参加者の声

ご理解・ご支援への御礼

本企画の実施・継続に際しては、延べ175名の個人・法人の皆様からご理解・ご支援をいただきました。ご理解・ご支援をいただいた皆様に、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

募集情報

主旨

JAMSTECの最先端海洋研究プラットフォームを用いた調査航海への参加資格を、専門高等教育課程以前の学生にまで広げることによって、船上研究現場の体験を通じた海洋科学リテラシーの飛躍的な向上、海洋科学技術に関わる次世代の人材育成、および未来の海洋科学技術の研究開発を支えるポテンシャルを持った才能の覚醒を目的とします。

募集人数

最大8名(補欠合格を含む)

調査内容

(1)調査海域:相模湾、伊豆・小笠原海域
(2)調査内容:

  • 相模湾、伊豆・小笠原海域に生息する熱水生物群集の分散機構の理解に向けた基盤技術開発

実施スケジュール

2022年3月3日~3月16日(予定)

日時 内容 使用する船舶など
3/3(木) 自宅等から横須賀市周辺宿泊施設に移動
乗船前研修(仮)
3/4(金) 乗船前研修(仮)
3/5(土) 乗船前研修(仮)
3/6(日) 乗船前研修(仮)
3/7(月) 乗船前研修(仮)
3/8(火) 乗船(JAMSTEC・横須賀) 深海潜水調査船支援母船「よこすか」/
有人潜水調査船「しんかい6500」
3/9(水) 調査航海
(伊豆・小笠原海域)
3/10(木)
3/11(金)
3/12(土)
3/13(日)
3/14(月)
3/15(火)
3/16(水) 下船(JAMSTEC・横須賀)
3/17(木) 解散(仮)

※天候等の理由により日程が変更となる可能性があります。

応募資格

(1)現在大学1~3年生(短大生・高等専門学校4年生以上を含む)であること
(2)2022年3月時点で、日本在住(地域・国籍問わず)であること
(3)日本語での実施に支障がないこと
(4)指定された日程に全日対応できること
(5)海洋系分野への就職・進学に関心を有していること
(6)新型コロナウイルスワクチンの2回接種が完了していること(※注1)
(7)本企画の参加時まで(もしくは過去3年以内)に、消防局・消防本部防災協会などが主催する「普通救命講習Ⅰ」に相当する救命講習を受講し、その修了証を取得していること。(※注2)

※注1 JAMSTECが定める船舶乗船基準に基づきます(PDF)。

※注2
本企画における「しんかい6500」への乗船において必要となります。消防局・消防本部防災協会以外で受講する場合、「普通救命講習Ⅰ」と同等程度かそれ以上の内容を有する有資格者による救命講習を受講し、修了証を取得していることが条件となります。例えば、AHA-BLS(American Heart Association-Basic Life Support)講習などが該当します。なお、自動車教習所で受講する「応急救護」については、本項に記載する受講歴には該当しませんので、ご注意ください。

参加費用

無料(国内旅費・宿泊費等の支給あり)
※なお、選考の結果、採用された場合は「短期アルバイト」として研究調査船等での業務に従事していただくことになります。詳細については採用決定後別途ご案内します。

応募書類・応募方法など

【応募書類】
(1)履歴書1通(様式自由)
(2)アピール文(A4一枚程度・様式自由)
※航海に参加したいと思った動機や自身の将来に向けた構想、あるいは自身のアピールポイントなどを書いて下さい。

【応募方法・手順】
WEBフォーム(Googleフォーム)からの必要情報入力及び応募書類の提出

(1)Googleアカウントの取得
必要事項の記入および応募書類の提出にあたっては、Googleアカウントが必要となりますので、お持ちでない方は以下より新規取得をお願いします。
※大学等で既に使用中のアカウントがある場合は、新規取得の必要はありません。

(2)Googleフォームへの必要情報の入力および応募書類の提出
以下フォームから必要情報の入力および応募書類の提出を御願いします。
また、応募書類の作成および提出にあたっては、以下「留意事項」をご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

〇留意事項
(1)書類はすべてPDFフォーマットに変換し提出してください。
(2)提出の際はPDFのファイル名をそれぞれ以下例のようにしてください。

・履歴書:
海洋太郎_履歴書.pdf
・自己PR文:
海洋太郎_自己PR文.pdf

【応募期限】
2022年1月6日18:00必着。

選考方法

応募書類による選考の上、面接により決定いたします(※1,2)。
※1 面接はzoom等のWEB会議ツールを用いてオンライン形式で行います。
※2 面接は今のところ2022年1月下旬の実施を予定しています。

新型コロナウイルス感染症拡大対策について

(1)本企画はJAMSTECの定めた新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を徹底のうえ、研修および航海等を実施します。

(2)採用決定となった場合、以下の事項にご協力いただくことが必須となりますので、予めご承知おきいただきますよう、よろしくお願い申し上げます(※参考1,2)。詳細については、WEB面接時および採用決定後に別途ご案内いたします。
①本企画参加の約18日前からの乗船前感染症対策の徹底
②同18日前からの検温等の健康記録の実施およびその結果の提出
③同18日前からの日常行動履歴の記録の実施とその結果の提出
③計3回のPCR検査の受検

(3)なお、緊急事態宣言の再発令等、日本国内での新型コロナウイルスの感染拡大が著しいと判断された場合、本企画を中止とする場合があります。

参考1:新型コロナウイルスの拡散に伴うMarE3における船舶乗船基準(改3)
参考2:航海中の新型コロナウイルス感染に対するMarE3 対応方針(改3)

その他注意事項

(1)提出書類等は厳正に管理します。また、お預かりする個人情報は、本企画での潜航並びに採用内定もしくは採用後の人事管理等の目的のためのみに使用し、他の目的では一切使用しません。 (2)応募後に辞退される場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

問い合わせ先

JAMSTEC ガチンコファイト航海2021事務局
メールアドレス:jinzai[at]jamstec.go.jp
※メール送信時は、[at]をアットマークに変えてください。