#JAMSTEC From OCEAN 海洋と地球のWEBマガジン

2021.08.31

information  

今年も海洋地球研究船「みらい」が北極海での調査に向け出港しました

航海概要

2021年8月31日〜10月22日、海洋地球研究船「みらい」は北極域研究加速プロジェクト(ArCSII; https://www.nipr.ac.jp/arcs2/)の下で19回目の北極海観測航海を実施します。

北極海は「海氷の減少」に代表されるように、地球温暖化・海洋温暖化のシグナルがいち早く現れる海域です。本航海では、その中でも特に劇的な環境変化の最中にある、北極海のゲートウェイ「太平洋側北極海」において、CTD/採水観測、係留系/セディメントトラップの回収・設置、大気観測、乱流観測、漂流ブイ、プランクトンネット、採泥といった調査をします。
これらの調査によって海洋循環や、大気・海洋化学物質循環、海洋酸性化の進行状況、海洋生態系の変化などを明らかにすることを目指した統合的な観測データセットが作られます。20年を超える「みらい」の観測から、太平洋側北極海がどのような変化をみせ、そしてこれからどう変わりゆくのか、様々な研究の基礎となるデータの取得が期待されます。
そしてこれまで蓄積してきた観測データに加え、海氷が減ることで活発になっている北極海の波浪調査や、昨今環境汚染の象徴として注目されている海洋マイクロプラスチックの北極海での分布調査といった世界的にも新しい研究トピックにも取り組みます。さらには、次世代の海洋観測プラットフォームとして期待されている、海氷下の海洋環境まで自動観測する「極域用海中観測ドローン」の運用試験も予定され、盛りだくさんの研究テーマが集う航海です。

観測概要模式図

観測概要模式図

航海航路

航海航路

新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底の上、乗船者の健康管理・研究航海の安全管理に万全を期して航海を行ってまいります。

★航海の様子は、下記WEBページなどで随時発信予定です!
ArCS II 2021年度海洋地球研究船「みらい」北極航海
#みらい北極航海2021

PAGETOP