SOUSEI


気候変動によって生じる多様なリスクの管理に必要となる
基盤的情報の創出を目的としたプログラムです。


地球シミュレータ等の世界最高水準のスーパーコンピュータを活用し、今後数年~数十年(近未来)で直面する地球環境変動の予測と診断、温室効果ガス排出シナリオ研究と連携した長期気候変動予測、気候変動の確率的予測技術の開発、精密な影響評価技術の開発等、各テーマが有機的に連携した研究体制で研究開発を進めています。




ニュース・イベント

2016.9.23  d4PDFを活用した将来の降雪に関わる論文が、科学誌「Climatic Change」に掲載されました。
                     「 地球温暖化で豪雪の頻度が高まる ~最新気候シミュレーションによる予測~

2016.9.2    成果発表リストページに2014年度・2015年度の成果発表リストをアップしました。

2016.8.31  テレビ出演のお知らせ テーマA
                     NHK総合 NHKスペシャル 『MEGA CRISIS 巨大危機~脅威と闘う者たち~ 第1集 加速する
                     異常気象との闘い』(9月4日(日)21:00~21:49)
                     木本 昌秀(東京大学大気海洋研究所)

2016.8.31  創生プログラムの「最新版ブローシャー(日・英)」をプロダクトページにアップしました。

2016.8.30  テレビ出演のお知らせ テーマA
                     NHK総合 クローズアップ現代+ 『台風 "異変" 迫る脅威』(8月29日(月)22:00~22:25)
                     木本 昌秀(東京大学大気海洋研究所)

2016.8.26  2016年9月30日(金)に開催される、平成28年度公開シンポジウム「気候変動のリスクを知る~
                   ここまでわかったリスク情報~」 の参加登録用ウェブサイトが公開されました。

2016.6.22  テーマCの杉正人氏(気象研究所)が2016年度日本気象学会 藤原賞を、
                   テーマDの中北英一氏(領域代表、京大防災研究所)が2016年度日本気象学会 岸保賞を、
                   それぞれ受賞されました。

2016.6.22  テーマCが企画・編集をしたJMSJ特別号「アジア・オセアニア域の力学的・統計的ダウンスケーリング研究」が2016年2月11日にJ-STAGEよりリリースされました。和文要旨はこちらです。

2016.6.6  地球温暖化対策に資するアンサンブル気候予測データベース (d4PDF)全データが利用可能になりました。

2016.6.13  取材協力のお知らせ テーマB
                     「松岡修造のどうなるニッポン!?~未来を選択するのはキミだ!~
                     (BS-TBS 2016.6.17(金) 19:00~21:54)
                     河宮 未知生(海洋研究開発機構)

2016.6.7  テーマAの成果が含まれる論文が「Nature Climate Change」に掲載されました。
                      「Realizing the impacts of a 1.5 °C warmer world」

2016.6.6  地球温暖化対策に資するアンサンブル気候予測データベース (d4PDF)全データが利用可能になりました。

2016.4.26  テーマAの研究成果が発表されました。
                      「過去20年間の太平洋貿易風の加速に対する硫酸性エアロゾルの重要な役割」