本文へスキップ
 


最終更新日:2020.11.02  

磯部 紀之Noriyuki ISOBE

研究員

海洋機能利用部門
生物地球化学センター
有機分子研究グループ

連絡先:

〒237-0061 神奈川県横須賀市夏島町2-15
国立研究開発法人 海洋研究開発機構
海洋機能利用部門 生物地球化学センター 有機分子研究グループ

isoben_AT_jamstec.go.jp

外部リンク:

  Google Scholar
  research map


主な研究テーマ

  • 物理化学的アプローチによる多糖の高機能化


学歴

2014年
東京大学大学院 農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 博士課程修了、博士(農学)
2011年
東京大学大学院 農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 修士課程修了、修士(農学)
2009年
東京大学農学部 生物生産科学課程 卒業、学士(農学)

職歴

2020年-現在
海洋研究開発機構 生物地球化学センター 有機分子研究グループ 研究員
2019-2020年
海洋研究開発機構 生物地球化学プログラム JAMSTEC Young Research Fellow
2018-2019年
海洋研究開発機構 生物地球化学研究分野 国際ポストドクトラル研究員
2017-2018年
海洋研究開発機構 海洋生命理工学研究開発センター 新機能開拓研究グループ ポストドクトラル研究員
2017年
大阪大学産業科学研究所 博士研究員
2016年
グルノーブルアルプ大学 博士研究員
2014-2016年
グルノーブルアルプ大学 日本学術振興会海外特別研究員
2014年
東京大学大学院農学生命科学研究科 農学特定研究員
2012-2014年
東京大学大学院農学生命科学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2)

受賞歴

2018年
第69回コロイドおよび界面化学討論会 若手口頭講演賞
2015年
セルロース学会 ポスター賞
2012年
セルロース学会 ポスター賞
2012年
American Chemical Society National meeting, Graduate Student Travel Award

外部資金

     
2019-2020年度
NEDO 先導研究(分担)
2018-2020年度
科学研究補助金 若手研究(代表)
2017年度
Projet PolyNat, Institut Carnot PolyNat
2016年度
Daiwa Foundation Small Grants, Daiwa Anglo-Japanese Foundation      

招待講演等

     
2019年10月
「ナノゲルに支配された天然アラビアガムの乳化メカニズム」, 日本油化学会第66回界面科学部会秋季セミナー, 横須賀
2019年7月
「水圏生態系と糖質資源:海洋生態系におけるセルロースの役割とそれに基づいた材料開発」, 日本応用糖質科学会東日本支部シンポジウム, 東京
2019年4月
「セルロース分子の再生挙動に関する研究」, 産業総合研究所中国センター
2015年8月
"Dissolution of Cellulose with Alkali/Urea system and its application", York University, York, England
2014年10月
"Propriétés des gels de cellulose et leur dynamique de formation", Institut Charles Sadron (ICS), Strasbourg, France
2013年4月
"Structure and surface property of cellulose hydrogel from aqueous LiOH/urea solvent", Oak Ridge National Laboratory (ORNL), Tennessee, USA
2011年7月
"Surface property of cellulose hydrogel, and its surface modification", Centre de Recherches sur les Macromolecules Végétales (CERMAV), Grenoble, France      

バナースペース

国立研究開発法人 海洋研究開発機構
海洋機能利用部門
生物地球化学センター

〒237-0061
神奈川県横須賀市夏島町2番地15

(交通アクセス)

TEL:046-866-3811 (代表)
FAX:046-867-9025