JAMSTEC > 付加価値情報創生部門(VAiG) > 情報エンジニアリングプログラム(IEP) > トピックス一覧 > 詳細

情報エンジニアリングプログラム(IEP)

トピックス

松岡 大祐 副主任研究員らがPEPS The Most Downloaded Paper Award 2020を受賞

2020年6月22日

松岡 大祐 副主任研究員の主著論文がPEPS The Most Downloaded Paper Award 2020を受賞しました。
この賞は、公益社団法人日本地球惑星科学連合(JpGU)が運営する英文電子ジャーナル「Progress in Earth and Planetary Science」(PEPS)にて2018~2019年に出版された論文の中から、各論文への2019年12月までの総ダウンロード数に基づき選ばれた論文に贈られます。

受賞論文:Deep learning approach for detecting tropical cyclones and their precursors in the simulation by a cloud-resolving global nonhydrostatic atmospheric model.(Published: 19 December 2018)
著者:Daisuke Matsuoka※, Masuo Nakano※, Daisuke Sugiyama※, Seiichi Uchida
https://doi.org/10.1186/s40645-018-0245-y

※主著:松岡 大祐 副主任研究員(付加価値情報創生部門 情報エンジニアリングプログラム)
共著:中野 満寿男研究員(地球環境部門 環境変動予測研究センター:気象学の視点から結果の解釈を行うことで貢献)、杉山 大祐准研究副主任(付加価値情報創生部門 情報エンジニアリングプログラム:機械学習手法の精度向上および高速化に貢献)