JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2019年 3月 29日
国立大学法人東京海洋大学
国立研究開発法人海洋研究開発機構
株式会社島津製作所

水中無人探査機(ROV)を用いた光無線通信による海底ステーションとの無線LAN接続、および海底ステーションからの大容量データの回収に成功

国立大学法人東京海洋大学(学長 竹内俊郎)学術研究院海洋環境科学部門山中寿朗教授、同海洋電子機械工学部門後藤慎平助教、国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平朝彦)海洋工学センター海洋戦略技術研究開発部基盤技術研究開発グループ澤隆雄主任技術研究員、株式会社島津製作所(社長 上田輝久)航空機器事業部西村直喜らの研究チームは、水中無人探査機(ROV)と海底での長期モニタリングなどに資するスタンドアローン型の海底ステーションに光無線通信装置を搭載し、非接触でデータの送受信を行う実験を実施し、海底ステーション内に搭載されたカメラとのリアルタイムでのデータ通信、および内部のストレージに保存された映像データ(今回は映像ファイル)を船上装置側のPCに転送することに成功しました。
今回の試験において、海底ステーションとのデータリンクに光無線通信装置を使用することで、通信の際に必要となる水中コネクターの接続作業や海底ステーション自体の回収作業が不要となり、大容量データをリアルタイムで取得可能であることを実証しました。

詳細は東京海洋大学のサイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
広報部 報道課長 野口 剛
お問い合わせフォーム