JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2021年 3月 18日
国立研究開発法人 海洋研究開発機構

情報セキュリティインシデント(不正アクセス)について

3月16日、当機構職員になりすましてのVPN*1接続による基幹ネットワークシステムへの不正アクセスがあったことが判明しました。

現在、全てのVPN接続を停止しております。また不正アクセスの有無、不正アクセスされた可能性のある情報の範囲・レベル等を確認したところ、現時点で機構役職員等の名前、職員番号、アカウント、メールアドレス、暗号化(ハッシュ化*2)されたパスワード(1,947件)が3月8日に窃取されたことが確認されました。個人情報が窃取された方に対しては別途、連絡をさせていただくとともに、機構外の方の個人情報や、機微情報等が窃取されていないかを継続して確認中です。

なお、警察には今回の件について報告済みです。

当該事案の原因については現在調査中であり、調査が完了次第、適切な再発防止策を講じてまいります。

*1
VPN(Virtual Private Network)とは、インターネット上に作られた仮想の専用線により、特定の者だけが活用できるネットワークのこと。

*2
ハッシュ化とは、復元が非常に困難な形にデータを変換すること。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 広報課(E-mail
お問い合わせフォーム