JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2022年 9月 13日
公立大学法人兵庫県立大学
国立研究開発法人海洋研究開発機構
国立大学法人金澤大学
国立大学法人京都大学

地震発生と地殻深部の流体の関係を解き明かすために、能登半島沖で海底観測を開始

能登半島では2020年12月頃から地震活動が活発化しており、地殻の隆起も観測されています。この地震・地殻変動の要因は、地下深部から上昇してきた流体が地下十数kmに溜まったためだと考えられていますが、地殻深部の流体分布や地震発生との関係をより詳細に把握するためには、これまで実施してきた陸上の調査に加えて海域での調査が必要となります。そこで兵庫県立大学・海洋研究開発機構・金沢大学・京都大学の4研究機関は合同で、2022年9月13日に、能登半島沖に海底観測装置の設置を行い、海底観測を開始いたします(~10月25日)。海底装置を用いて自然の電磁波を測定することで(掘削を行わずに)地震発生域やその深部の流体分布を可視化でき、地震発生と流体の関係が明らかになると期待されます。海底観測は約1ヶ月半にわたり継続され、その後に地下構造解析を実施いたします。研究成果は令和4年度中に報告予定であり、今後の防災・減災の基礎情報として利用される予定です。

詳細は兵庫県立大学のサイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 報道室
お問い合わせフォーム