JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2022年 10月 20日
大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立極地研究所
国立大学法人東京大学 大気海洋研究所
国立研究開発法人海洋研究開発機構
富山県立山カルデラ砂防博物館
国立大学法人北海道国立大学機構 北見工業大学
国立大学法人富山大学
国立大学法人山形大学

過去30年にわたる観測データから南極ドームふじ地域の詳細な基盤地形を解明
〜100万年超のアイスコア掘削に向けて〜

国立極地研究所の津滝俊助教、藤田秀二教授、川村賢二准教授、東京大学大気海洋研究所の阿部彩子教授を中心とする研究グループは、南極氷床内陸部にあるドームふじ地域において、過去30年にわたって観測された氷床レーダデータを解析し、氷床下の大陸地形(基盤地形)を詳細に明らかにしました。ドームふじ地域は、南極観測第X期6か年計画の重点研究観測において、これまでに人類が手にした最古の深層アイスコア(80万年)よりもさらに古い、過去100万年を超える新たな深層アイスコアの掘削が予定されている場所です。

本研究では、高い利得をもつレーダアンテナを用いてアンテナビームの指向性を改善することで、基盤地形の判別の精度を向上させました。さらにドームふじ基地の南方域では、尾根や谷が樹枝状に連なる、複雑な山岳地形の存在を明らかにしました。この成果は、新たなドームふじ深層アイスコアの取得に向けて、その掘削地点の選定にも不可欠な知見をもたらしました。

詳細は国立極地研究所のサイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 報道室
お問い合わせフォーム