JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2022年 10月 21日
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
国立大学法人九州大学
国立大学法人茨城大学
国立大学法人東京工業大学
国立研究開発法人海洋研究開発機構
国立大学法人北海道大学
国立大学法人東北大学
国立大学法人京都大学
国立大学法人広島大学
国立大学法人東京大学

「はやぶさ2」ミッションによる世界初の小惑星からのガスサンプル:
リュウグウからのたまて箱

小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に持ち帰ったサンプルコンテナ内のガス成分の質量分析およびガス採取を行いました。カプセル回収から30時間後に、オーストラリア現地でガス採取・分析装置(GAEA)を用いてコンテナ内のガス成分の抽出・採取・質量分析を行いました。その後、採取したガスを国内外の研究機関に配布し、ガス成分の精密な同位体分析を行いました。その結果、コンテナガスは太陽風と地球大気の混合であることが判明しました。コンテナ内のヘリウム量から計算したところ、リュウグウ試料の表面が剥離した際に遊離した太陽風がコンテナガスとして含まれている可能性が最も高いことがわかりました。近地球軌道小惑星からガス成分を気体のまま地球に持ち帰ったのは、「はやぶさ2」ミッションが世界で初めてです。

詳細は宇宙航空研究開発機構のサイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 報道室
お問い合わせフォーム