JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2022年 12月 13日
大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立極地研究所
国立大学法人東京大学大気海洋研究所
国立研究開発法人海洋研究開発機構

南極ドームふじのアイスコア掘削地点を決定
~100万年を超える最古級のアイスコア採取に向け、観測拠点建設に着手~

国立極地研究所の川村賢二准教授、東京大学大気海洋研究所の阿部彩子教授、海洋研究開発機構の齋藤冬樹研究員らで構成される、第3期ドームふじ観測計画推進委員会掘削点選定小委員会は、これまでに蓄積した氷床レーダー探査データやシミュレーション等から、今後新たにアイスコアを掘削する「ドームふじ観測拠点II」の場所を、ドームふじ基地から南南西約5kmの地点(南緯77度21分40秒、東経39度38分38秒)に決定しました。南極地域観測第IX期計画における国際共同を含む3度の現地調査の結果と、新たに開発された氷床流動モデルによる多数の数値実験とを組み合わせ、最古級の氷が安定して存在することが期待される地点を複数の候補から絞り込み、6年あまりの議論を経て最終決定に至ったものです。これを受けて、旅行隊はドームふじ基地を出発して12月8日に同地に到着し、「ドームふじ観測拠点II」の建設作業に着手しました。

詳細は国立極地研究所のサイトをご覧ください。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 報道室
お問い合わせフォーム