インド洋ダイポール(IOD)
JAMSTEC
海洋研究開発機構  |   地球環境変動領域  |   短期気候変動応用予測プログラム  |   季節予測  |   インド洋観測  
  English[英語]
トピックス

インド洋ダイポール
インド洋ダイポール(IOD)はインド洋の大気海洋相互作用現象です。 IODは赤道インド洋南東における負の海面水温偏差と西赤道インド洋 における正の海面水温偏差で特徴づけられます。これらの変化によって 通常は東インド洋で活発な対流活動が西方へ移動し、東アフリカでは 豪雨を、インドネシアでは厳しい干ばつと山火事を引き起こします。

のIODの模式図 のIODの模式図
Positive IOD event Negative IOD event
陰影は海面水温偏差を表す(赤色は平年より暖かく、青色は平年よりも 冷たいことを示す)。白色のパッチはインド洋ダイポールモードが発生 しているときに対流活動が強化していることを表し、矢印は海上風向の 偏差を表す。
「インド洋ダイポール」 の名称は山形教授、Saji研究員、そして 地球環境フロンティア研究センター(FRCGC)の 気候変動予測研究プログラムの研究員たちによって考え出され、 海面水温、外向き長波放射、海面高度偏差等のさまざまな大気—海洋に関するパラメータが 東西のダイポール構造をもつことを表現しています。 通常はこの状態を正のIODと呼びます。 負のIODは正のIODとは反対の状態で、正のIODの前もしくは後に発達します。
このウェブサイトは急速に進展しているインド洋ダイポール現象に関連する インド洋の研究活動の最新情報を提供します。


Web page created August 2001 by Anguluri Suryachandra
Last Updated December 2008 by Wataru Sasaki