トップページ > JAMSTECについて > 研究船・施設・設備 > 横須賀本部 施設・設備 > 中型高圧実験水槽装置

横須賀本部 施設・設備

中型高圧実験水槽装置

概要

  1. 設備の目的
    この設備は水深約14,000mに相当する圧力までの深海環境を再現して各種深海機器、各種材料に 対する疲労試験、耐圧試験および作動試験を実施し信頼性の高い深海用機器、材料の開発を目的とします。
    有効寸法:内径0.6m×高さ1.6m(有効容積:0.49m3
  2. 加圧装置
    項目 内容
    加圧装置 最大使用圧力 147MPa
    昇降圧速度 2.74~27.4MPa/min
    繰返し加圧装置 最大繰返し圧力 113.7Mpa
    繰返し加圧速度 0.02~0.125cpm
    波形 三角波、台形波
    加圧媒体 真水
  3. モニター装置・計測装置
    実験中、中型高圧水槽はモニター装置により監視され、圧力データは計測装置により自動的に記録することができます。

利用分野

1)
深海用機器の耐圧試験および作動試験
2)
各種材料等の耐圧、疲労試験