20220519
トップページ > JAMSTECについて > 新型コロナウイルス感染 拡大防止への対応について

新型コロナウイルス感染 拡大防止への対応について(5月19日更新)

今般、18都府県に発出されているまん延防止等重点措置が全て解除されましたが、当機構では、引続き感染拡大防止対策の徹底の上事業活動を進めてまいります。

皆さまには、ご不便をおかけする場合がありますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

職場内の感染拡大防止等について

新型コロナウイルスの感染防止、感染拡大防止のため以下の通り取り組んでいます。

  • 事業所及び各部署の実状に即して、テレワーク・時差勤務・輪番制・サテライトスペース等の活用により、出勤率の抑制や居室/実験室/会議室内の密集回避に取り組んでおります。
  • フレックスタイム制(コアタイム10:30~16:30)等を活用し、通勤時の感染防止に努めております。

イベント等について

  • オンライン方式を含め、感染症拡大の防止に留意しながら実施しております。

入構等について

  • 見学等について
    原則オンライン対応とし、オンサイトで実施する場合は、感染防止に最大限配慮し実施いたします。
  • 横須賀本部・横浜研究所・東京事務所への入構について
    以下の入構時健康状態確認票に事前にご記入し、守衛所または機構担当者にご提出ください。
     健康状態確認票はこちら(PDF)
     ※横須賀本部・横浜研究所については守衛所に入構時健康状態確認票がございます。
      また、東京事務所については機構担当者にお問い合わせ下さい。
  • マスク着用、手指消毒などの感染防止対策にご協力ください。
  • 直近1週間以内に発熱や味覚・嗅覚障害、全身倦怠感、風邪様症状など感染症の疑いがある方(同居のご家族に感染症の疑いがある方も同様)は当機構施設、研究船舶等への立ち入りをご遠慮いただいております

機構船舶の運航について

  • 2020年8月1日より、感染防止対策を徹底のうえ研究航海を再開しております。

特定共用施設の外部共用について

  • 高圧実験水槽装置、多目的プール施設等、特定共用施設の外部共用については、感染防止対策を徹底のうえ限定的に実施しております。今後ご利用予定の方はこちらをご覧ください。

感染者の発生について

新型コロナウイルス緊急対策本部 事務局