トップページ > JAMSTECについて > 研究船・施設・設備 > 研究船・探査機 > 「かいれい」

深海調査研究船「かいれい」

深海調査研究船「かいれい」は、最大潜航深度7000mまで潜航調査することができる無人探査機「かいこう7000II」の支援母船として、海溝域の海底調査を行います。 また、マルチチャンネル反射法探査システムを搭載し、形状が複雑な沈み込み帯の海底下深部の構造調査を行います。他にも深海底表層、断層地形や地質構造を解明するための様々な機能を持ち、深海・海溝域の総合的な調査観測研究を行うことができます。


ミッション

  • 7000m級無人探査機「かいこう7000II」の運用
  • 4000m級深海調査曳航システム「ディープ・トウ」の潜航支援
  • 海底地形調査
  • 地層探査
  • 地球物理探査
  • 海底堆積物の採取
  • 海底下深部の構造探査
  • 海底地震計、係留系等の設置・回収作業


特徴

「マルチチャンネル反射法探査システム」を搭載
エアガンと呼ばれる音源から弾性波を発し、海底下の地層からの反射波をストリーマケーブルで受波します。得られたデータを解析することで、海底下十数kmまでの地殻構造を詳細に把握することが可能です。

エアガン
エアガン

ストリーマケーブル
ストリーマケーブル


主要目

全長 106.0m
16.0m
深さ 7.3m
喫水 4.7m
国際総トン数 4,517トン
航海速力 約16ノット
航続距離 約9,600マイル
定員 60名(乗組員38名/研究者等22名)
主推進機関 ディーゼル機関 2,206kW×2基
主推進方式 可変ピッチプロペラ×2軸

特徴

「かいれい」には、調査指揮・計算機室、ドライラボラトリー、ウェットラボラトリー、リサーチルーム、岩石・堆積物処理室・重力計室、ビデオラボラトリー、パソコンルーム、図書室があり、「かいこう7000」及び母船の観測装置で計測したデータの解析、ならびに採取したサンプルの分析、保管のために使用することができます。
また、これら常設の設備のほか、研究者が必要な機器を持ち込み、設置することができます。

主な経歴

2007年2月 マルチチャンネル反射法探査装置(MCS)高精度化
2007年12月 大深度小型無人探査機「ABISMO」実海域試験において水深9,707mの潜航に成功
2005年4月 「かいこう7000」運用開始
2003年5月 室戸沖南海トラフにて「かいこう」ビークル漂流事故発生(29日)
2001年10月 ハワイ、ホノルル沖「えひめ丸」沈没海域で遺留物回収
2000年8月 インド洋中央海嶺にて熱水活動と熱水噴出孔生物群集を発見
1999年11月 「H-IIロケット8号機」第1次調査にて第1段ロケットの部品を発見
1999年6月 「かいよう」とともに南海トラフにおいて大規模かつ高密度な深部構造探査を実施
1999年5-7月 「かいよう」とともに南海トラフにおいて巨大な海山を発見
1999年1月 ニューギニア島北岸沖精密地球物理調査を実施
1998年5月 シップ・オブ・ザ・イヤー '95準賞を受賞
チャレンジャー海淵にて世界で初めて底棲生物の採取に成功
1997年12月 南西諸島にて「かいこう」で学童疎開船「対馬丸」らしき船体を確認
1997年10月 京浜港晴海埠頭にて特別公開(皇太子妃殿下訪船)
1997年 竣工