地球シミュレータ 地球シミュレータ
 
 ES-Repository
 CEIST

21世紀の偉業賞
(21st Century Achievement Awards)

平成15年6月

21st Century Achievement Awards

平成15年6月2日、ワシントンD.C.において「コンピュータワールド表彰プログラム」主催の「21世紀の偉業賞」授賞式が開催されました。地球シミュレータセンターは、環境・エネルギーおよび農業部門において「21世紀の偉業賞」を受賞いたしました。

受賞プレスリリースより抜粋


A dramatically more powerful supercomputer sustains five times the compute rates of the previous record holder, enabling the accurate prediction of natural phenomena such as typhoons and El Nino for the first time.

(地球シミュレータは、これまで世界最速であったスーパーコンピュータを実効性能で5倍も上回り、世界で初めて台風やエルニーニョのような自然現象を正確に予測可能とするであろう。)

「コ ンピュータワールド表彰プログラム」は、1988年に設立された表彰組織で、マイクロソフト社会長のビル・ゲイツ氏、デル・コンピュータ社会長のマイ ケル・デル氏、IBM社会長サミュエル・パルミサーノ氏、インテル社最高経営責任者クレイグ・バレット氏ら100人に及ぶ有力IT企業の経営者により選定 委員会が構成されています。

「21世紀の偉業賞」は、ITを用いて社会的に多大な貢献を行った組織に対して毎年与えられる賞で、10部門から構成されています。本年度は33カ国、400以上の候補の中から12の組織が受賞しました。

21世紀の偉業賞に関するさらに詳しい情報

21st Century Achievement Awards
Photographer: Tom Lippert

21st Century Achievement Awards