JAMSTEC > 国際深海科学掘削計画(IODP) > 計画概要

国際深海科学掘削計画(IODP)

計画概要

国際深海科学掘削計画(IODP)とは

国際深海科学掘削計画(IODP)は、2013年10月から開始された多国間科学研究協力プロジェクトです。IODPでは、日本(地球深部探査船「ちきゅう」)、アメリカ(ジョイデス・レゾリューション号)ヨーロッパ(特定任務掘削船)がそれぞれ提供する掘削船を用いて世界中の海底を掘削して地質試料(掘削コア)の回収・分析や孔内観測装置の設置によるデータ解析などの研究を行うことで、地球や生命の謎の解明に挑戦しています。海底から回収された掘削コアは、世界に3か所ある保管施設(高知、ブレーメンテキサス)に分配・収蔵され、研究や教育への利用のために公開されます。
海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、IODPの掘削研究への科学的貢献はもとより、地球深部探査船「ちきゅう」を提供する他、国内の科学者に対するIODPへの窓口でもあり、国内から参加する科学者への支援も行うなど、日本におけるIODPの総合推進機関としての役割を担っています。

国内関連組織

地球深部探査センター(CDEX)
JAMSTEC内に設置された開発・運用部門の一つで地球深部探査船「ちきゅう」の運行を担う。
高知コアセンター(KCC)
高知大学と海洋研究開発機構が共同で運用し、IODPの掘削航海によってアリューシャン海溝-日本海溝-マリアナ海溝と続く海溝軸より西側の太平洋域とインド洋域から採取されたコアの保管・管理・分配サービスを担う。
海洋掘削科学研究開発センター(ODS)
JAMSTECの戦略研究開発領域に設置された研究部門の一つ。「掘削科学」の創出により海洋・地球・生命システムの統一像の解明を目指す。
日本地球掘削科学コンソーシアム(J-DESC)
大学・研究機関と賛助会員からなる連合体組織で、地球掘削科学に関する研究計画の立案、研究基盤の構築、普及広報等により科学研究の推進を担う。

IODPにおける研究の流れ

IODPでは、世界中の科学者からの科学掘削提案書(プロポーザル)を募集しています。プロポーザルは、IODPの科学評価パネルによって審査されます。このうち高い評価を得た第一級のプロポーザルは、それぞれ科学目標を達成するのにふさわしい掘削船の運用委員会に送られ、実行計画に組み込まれます。
実行計画が決定した後、乗船研究者の募集が行われます。それぞれの掘削船に乗船できる人数には限りがあるため、応募書類に基づき乗船研究者が選考・決定されます。
乗船研究者は掘削航海によって得られた試料やデータを分析し、研究を行います。また、掘削によって得られた試料やデータは、航海終了から1年後に公開され、世界中の科学者・技術者・教育者などが研究や教育などに利用することができるようになります。

IODPに関する国内研究推進制度について

  • IODP乗船に関わる旅費支援
    乗船が決定した方を対象とする旅費支援の制度で、日本地球掘削科学コンソーシアムとの連携のもと実施しています。
  • IODP乗船後研究委託
    IODPにおいて我が国が科学面を主導するための推進事業の一環として、IODP研究航海の研究チーム(所属機関)に対して研究委託を行います。
  • IODP掘削提案フィジビリティ研究委託
    IODPにおいて我が国が科学面を主導するための推進事業の一環として、我が国からの掘削提案を継続的に実行するべく、掘削提案のための事前研究課題について広く募集し、研究委託を行います。