JAMSTEC > 地球環境部門 > 海洋生物環境影響研究センター > 海洋プラスチック動態研究グループ

海洋生物環境影響研究センター

海洋プラスチック動態研究グループ

外洋から深海まで及ぶプラスチック汚染の
実態と生態系への影響を調べ、
その解決に活かす。

私たちの日常生活から遠く離れた深海にまで見つかるプラスチックごみ。海洋プラスチック汚染は深刻な地球環境問題の一つです。
世界の国々がその軽減に向けて努力し初めていますが、そのために必要な科学的知見が不足しています。特に大きさが数ミリ以下のマイクロプラスチックが、陸から広い外海へ広がり、さらに深海へ蓄積する過程や、生態系への影響は大半が未知のままです。私たちのグループでは、マイクロプラスチックを含むプラスチックごみの分布を効果的に調べるための技術開発や観測を実施し、またプラスチックに含まれる化学成分が生態系へ与える影響を調べます。それらの研究成果を日本や国際社会に発信することにより、より適切な海洋プラスチック汚染対策の考案作りに貢献します。

関連プロジェクト

マイクロプラスチックに関わる情報取得のための
技術開発