イベント

第4回 風と流れのプラットフォーム・シンポジウムを開催しました

  第4回 風と流れのプラットフォーム・シンポジウムを令和元年11月12日に富士ソフトアキバプラザ 5F アキバホールにて開催いたしました。 当日は122名のご参加をいただき、イギリスにおける風洞連携プラットフォーム「National Wind Tunnel Facility」代表のImperial College LondonのJonathan F Morrison 教授より取組みや実施例等をご紹介いただくとともに、発電・ 輸送・環境分野等における風と流れの諸問題に対して最先端の研究開発に取り組まれている先生方のご講演および今後の展望についての議論があり、大変有意義な場となりました。誠に有難うございました。

会場の様子

講演の様子

プログラム

10:30     開場・受付開始

11:00~11:05 挨拶
       浜本 滋 (宇宙航空研究開発機構 航空技術部門)

11:05~12:00 EFD/CFD融合ワークショップ
       ・進行:口石 茂 (宇宙航空研究開発機構 航空技術部門)
       ・テーマ:「乱流研究におけるEFD/CFDの最近の展開」
        1) 乱流の普遍的微細構造 -DNSと先端レーザ計測-
          店橋 護(東京工業大学 工学院)
        2) 乱流モデリングに対するデータ科学の応用
          加藤 博司(宇宙航空研究開発機構 研究開発部門)

12:00~13:00 昼休み 個別相談会

13:00~13:05 開会の挨拶
       坪井 誠司 (海洋研究開発機構 付加価値情報創成部門 地球情報基盤センター)

13:05~13:15 挨拶・事業概要
       (文部科学省 科学技術・学術政策局 研究開発基盤課)

13:15~14:15 ~PFの国際的ネットワーク~
       1) 日本と英国の風洞プラットフォームの比較
         矢島 卓 (宇宙航空研究開発機構 航空技術部門)
       2) 招待講演: National Wind Tunnel Facility(NWTF) introduction and interaction
         between British and Japanese wind tunnel facilities.
         NWTF Director (Prof.)Jonathan F Morrison(Imperial college London)
       3) まとめ
         浜本 滋 (宇宙航空研究開発機構 航空技術部門)

14:15~14:50 2018年度特定利用課題の報告
       「噴石などの不整形物体の空力特性の解明」
        丸山 敬 (京都大学防災研究所)

14:50~15:05 休憩

15:05~16:50 テーマセッション「風と流れのプラットフォームが社会の安全・安心を支える」
       1) 「太陽光発電設備の強風被害の実情と耐風設計上の課題」
         高森 浩治 (一般社団法人構造耐力評価機構)
       2) 「次世代新幹線の開発と試験車両「ALFA-X」」
         浅野 浩二 (東日本旅客鉄道株式会社)
       3) 「都市の熱環境解析とその実践的な活用へ向けて」
         杉山 徹 (海洋研究開発機構)

16:50~16:55 閉会の挨拶
       高橋 桂子 (海洋研究開発機構 付加価値情報創生部門 地球情報基盤センター)


パンフレット

第4回 風と流れのプラットフォーム・シンポジウム パンフレット



その他の開催済みイベント