イベント

第5回 風と流れのプラットフォーム・シンポジウム

 風と流れのプラットフォームは、国内有数の風洞試験設備とスーパーコンピュータをセットで供用し、分野を問わず、風と流れに関する様々なユーザニーズに対応した高度利用支援を行い、流体科学に立脚する科学技術イノベーションを強力に促進することを目指しています。
 本シンポジウムでは「風洞実験と流体シミュレーションの連携」をテーマとして令和元年度特定利用課題報告、プラットフォーム事業のこれまでの成果をご紹介いたします。また、「ポストコロナ時代の共用事業の在り方について」をトピックとし、様々な分野における先端的な取り組みをご紹介いたします。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日時

2021年1月26日(火) 13:30~16:45

場所

オンライン開催 (Zoomウェビナー)

参加費

無料

プログラム

13:00     WEBイン受付

13:30~13:35 開会の挨拶
       堀 宗朗 (海洋研究開発機構 付加価値情報創生部門)

13:35~13:45 挨拶
       (文部科学省)

13:45~14:00 風と流れのプラットフォーム代表挨拶、PF紹介
       坪井 誠司 (海洋研究開発機構 付加価値情報創生部門 地球情報基盤センター)

14:00~14:30 「風と流れのプラットフォーム」事業のこれまでの成果 ―特定利用課題を中心として―
       国立研究開発法人海洋研究開発機構

14:30~15:10 2019年度特定利用課題の報告
       「カプセル動安定解析に向けた振動する低細長比円柱の流れ場解析」
        野々村 拓 (東北大学)

15:10~15:20 休憩

15:20~16:40 「ポストコロナ時代の共用事業の在り方について」
       <基調講演>
       ・「新たな時代におけるNMR共用プラットフォームの展開」
         木川 隆則 (理化学研究所)
       ・「航空機運航の効率化に向けたフライトデータを用いた風況ナウキャスティング開発」
         菊地 亮太 (DoerResearch株式会社/宇宙航空研究開発機構 航空技術部門)

16:50~16:55 閉会の挨拶
       坪井 誠司 (海洋研究開発機構 付加価値情報創生部門 地球情報基盤センター)

※プログラムは変更になる可能性があります。

申込方法

シンポジウムは下記の参加申込フォームよりご登録ください(事前登録制)。
オンライン参加方法は事務局よりEメールでご連絡いたします。
参加申込フォーム

申込期限

2021年1月22日(金)

定員

200名

パンフレット

第5回 風と流れのプラットフォーム・シンポジウム パンフレット

お問合せ先

国立研究開発法人海洋研究開発機構 付加価値情報創生部門 地球情報基盤センター
「 風と流れのプラットフォーム」担当
〒236-0001 神奈川県横浜市金沢区昭和町3173-25
TEL: 045-778-5456
e-mail



その他の開催済みイベント